過去の積み上げは、未来の自分を助ける

スキルアップ・自己改善

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

過去の積み上げは、未来の自分は必ず助けると思っています。

 

今の自分が困るのは、過去の自分がするべきことをやってこなかったからだろうし、今の自分が助かっているのは過去の自分がするべきことをやってきたからだと考えています。

 

ぱぺまぺの座右の銘は、「昨日の自分より1mmでも前に進む」ということなんですけど、 今のぱぺまぺを形作っているのは、過去の自分次第です。

 

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

昨日の自分より成長していればOK

 

昨日の自分より1mmでも前に進む、というのがぱぺまぺのモットーです。

 

他人と自分を比較するのは不毛です。

例えば仕事で上司が、すごいできる社員とぱぺまぺを比較したり、それでこっちの劣等感を煽ってきたとしますよね。

 

いかにお前は仕事ができないかを自覚させられたりして。

ぱぺまぺ的はそれってすごく不毛なことだと思うんですね。

だってその人とぱぺまぺは、

  • 考え方
  • 育ってきた環境
  • 得意なこと
  • 不得意なこと

 

全部何もかも違うわけです。

そもそもは生きてきた背景とかそういうのが全然違うわけですから。

単純に比較するのは違います。

 

ある仕事についてあの人はできるけど自分はできない、というのであればそれは自分にその仕事があっていないというだけのことです。

比較するのは過去の自分で十分。

 

その会社の仕事の評価で、人生全てにおいてあなたはダメな人間というふうに考えるのは違います。

というかそういう風に決めること、いう権利は他人にはありません。

 

同じく比較するのであれば昨日の自分や数年前の自分なんですよね。

過去の自分と比べて全く成長していないというのであればいわれてもしょうがないというのは分かります。

いわれてもしょうがないですが同時に、その仕事はたぶん自分には合わないのかなというのもありますけどね。

 

もちろん不得意だったり才能とかセンスとかそういうのも含まれるかもしれませんが、後天的に身につくものに関しては過去の自分の努力次第かなと思います

ぱぺまぺだって、今でこそプログラミングの勉強をしていますが、10年早くプログラミングに出会いたかったです。

そしてプログラミングをもっと勉強していればよかったなと後悔しています。

それと同様に、投資もまた、あと5年か10年早く出会いたかったです。

 

後悔することもありますが、しかし投資もブログも続けていますしプログラミングの学習も「今は」を続けています。

それは、昨日やおととい、その前の自分やっていたからであり、だから今日のぱぺまぺは助かっているのです。

 

いつもどおりプログラミングや投資やブログもそれなりにがんばって、未来の、明日の自分を助けるわけです。

こういう思考を持っておくと一日一日がんばれるかなと思います。

 

1日1日の積み上げでしかないわけですが、これが5年10年たったあとになってみると、あの時頑張って良かったなと思う日がきっと来ると考えています。

というか、そんなに待たなくても思いますけどね笑

たった1か月でもがんばってやれば、1か月後の自分は今の自分の行動に感謝するはずです。

 

今、現在の自分は困っていたとしてもそこまで後悔する必要はないかなと思います。

それだったら明日の自分を助けるために、今この瞬間からやればいいだけの話です。

 

毎日少しの積み上げでも、人は変われる

 

継続をやっていて思ったのは、未来を変えるにはなかなか時間がかかるものということ。

何も準備していない状況では変えようと思っても変えられないものです。

 

ぱぺまぺは、現状の自分を変えたいなと思って、変えるためにはまず何をしたのかというと、

  • 日々の継続
  • 悩み解決
  • 自己改善

でした。

心配事、悩みを洗い出して改善案を実行

 

例えば、

  • お金の心配あったから貯金を始めた
  • 貯金だけじゃなく節約もした
  • それでも将来不安なので投資も始めた

 

投資をやる前に貯金もやっていたからできたことです。

投資なんか積み上げの例の最たるものです。

10年、20年、30年と続けていけるものです。

 

結果が出るのは少々時間がかかりますがね。

 

仕事や人間関係で悩むなら働く場所を変える

 

今の職場に不満があるからといって勢いでやめるのもちょっとよろしくないです。

かといって不満や不安はあるけどダラダラといるのも嫌です。

 

不満があるから会社を変えればいいのです。

自分にはまだそこまで働く会社を変えてどうこうするほどのスキルがないから…というのがちょっと前のぱぺまぺでした。

 

だから今は足りないスキル部分を勉強しているわけです。

不満や不安があって会社を辞めたいけどスキルが足りない。。。というなら勉強です。

 

収入が低いというなら高いところに転職か副業です。

時間が足りないなら、自分の生活を見直してみて改善できるところがないか分析です。

 

自分の置かれている現状に不満や不安があって、それを口にするのは誰でもできますが、それをそのまま諦めて受け入れる人は多いです。

ぱぺまぺはそれは嫌です。

 

どんな小さな積み上げでも、続けていけばそれなりのものにはなります。

小さいことだからといって続けなかったらそもそも何も始まらないです。

 

成果が出るのは時間がかかるもの

 

これは勉強に限らずなんでもそうなんですけど。

小さな積み上げのデメリットは、成果が出るまで時間がかかることだと思います。

ハードルをできるだけ小さくしてやると非常に続けやすいです。

やらないとそもそも全く積み上げゼロなわけです。

 

例えば、いきなり毎日100回筋トレはできません。

今までやらなかった人が急にそんなことできるわけないです。

 

これを例えば一日10回とか5回もしくは3回でもいいですが、自分が継続しやすいと思う回数をこなせばいいんです。

1日の回数だけ見れば確かに数は少ないです。

 

それを1か月とか2ヶ月、3ヶ月を続けていけば、1ヶ月に1回でも3ヶ月ちょいで100回ですよ。

それが継続の素晴らしいところです。

 

やったって意味がないからということでそもそも始めなかったら、その1回も始めなかったら何ヶ月経っても0のままなんですよね。

これは筋トレで例えましたが、投資にしても勉強にしてもこれは同じ。

何か新しい分野のことを勉強することも同じです。

 

軽い気持ちでとりあえず続けてみる

 

明日から~を頑張ると意気込んでやるのもいいのですが、直近で頑張ってもそんなに劇的には改善はしません。

それを継続してやることが大切です。

 

何か新しいことに挑戦したり始めたいという場合には、まずは自分が継続しやすくするためにできるだけハードルを低くしてやるのがおすすめです。

あと、できるなら継続している内容をブログなりSNSなどで発信してみましょう。

そういう風にしてみると、何かしらの反応がもらえたり、過去の自分を見返して、自分やったな…という気分にもなれたりしますのでこちらも同様にお勧めです。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。