確定拠出年金iDeCo(イデコ)を投資見送りする理由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはiDeCoをやっていません。

いくつか理由はあるのですが、結論的には以下の理由でやりません。

  • 凍結中の特別法人税が復活するかもしれない
  • 60歳まで資金が固定化されてしまう
  • そもそも国民年金払っていない期間がある

節税効果は大いにあるんでしょうが、上記の理由でやりません。

 

iDeCoは、資金固定化と特別税が怖いので見送り

iDeCoをやらないのは、先ほどいったとおり、⬇のとおりです。

  • 凍結中の特別法人税が復活するかもしれない
  • 60歳まで資金が固定化されてしまう
  • そもそも国民年金払っていない期間がある

ぱぺまぺ的には、いざというとき金融商品を取り崩したり、保有商品を売却して別の商品に資金を投入したり、とか不自由なくやりたいんですよ。

iDeCoはそのへんちょっと不自由かな、と。

そしてやっぱり、現在凍結中の特別法人税が復活するのが怖いからです。

特別法人税・・・企業年金(厚生年金基金、確定給付年金、確定拠出年金)の積立金に対して年率1.173%を課税する税金

今は凍結されているかもしれませんが、ぱぺまぺが60歳になるまでに凍結が解除されるかもしれません。

iDeCoを途中で辞めくなっても資金が引き出せないというのはちょっと・・・。

しかも掛け金ゼロで放置したとしても1.173%ずつ毎年税金引かれるわけです。

つまるところ、もしも特別法人税適用されたら、1.173%以上の投資成績を維持していかないとマイナスになるわけです。

3%の投資成績を残したとしても、実際は1.173%分そこから除かれるわけで・・・。

なんとなくですが、ある程度iDeCoが世間的に広まってきたら特別法人税復活させるのかなあ、と感じています。

だからぱぺまぺはiDeCoを心置きなく参加できないんですね。

まあ、そもそもぱぺまぺは国民年金一部払っていない期間があるので、やるにしてもそれを払い終わってからになるでしょうが・・・。

iDeCoは節税効果はあるんでしょうが、手放しで喜んで投資できないのも事実なんですよね。

ですがideCoは用意に資金を引き出せないことから、ある意味では貯金に向いています。

強引に貯金するには、ideCoは最適。

ぱぺまぺはやりませんが、貯金体質じゃない人でもiDeCoをやれば貯金できるようになります。

厳密にいえば投資商品なので、貯金ではないんですけど。

とはいえ、60歳まで引き出しできないわけですから、お金が貯められない人でもiDeCoで自然とお金を貯めることはできます。

しかも投資商品なので運用もできます。

だいたい長期運用しておけば+にはなるのかと。

そういう意味においては、iDeCoは有用なツールだと思います。

iDeCoへの加入・未加入どちらがいい?

ぱぺまぺは通常NISA、つみたてNISAどちらも使ったことがりますが、iDecoはありません。

iDecoに加入をすすめるブログがけっこうあります。

優れた制度なのかもしれませんが、どうもぱぺまぺは手放しで加入できないんですよね。

iDecoへの加入条件として、年金をきちんと払っていること、というのがあります。

ぱぺまぺには免除手続き済みの年金があり、ぱぺまぺがiDecoを始めるためには、払っていない年金をすべて払い終わらないとだめです。

このiDecoをやるまえにまずは足元の基礎年金部分を固めてから、という発想は分からなくはないです。

でもぱぺまぺはiDecoのメリットを知っててもなお、加入するべきか悩んでしまうんですよ。

iDeCo(確定拠出年金)のメリットは節税

この制度のメリットは、

  • 住民税と所得税が軽減できる
  • 生活保護、離婚時 自己破産さえも差し押さや分割の対象にならない
  • 運用収益がすべて非課税になる

っていう感じですね。

SBI証券から引用しましたが、見ての通り税金がお安くなるし、運用益に税金かかりませんよ~っていう内容です。

証券会社によって取り扱える商品が違い、どの証券会社でiDecoをやるのか事前によく調べないとなりませんが。

SBI証券では、

  • 元本変動型 83本
  • 元本確保型 4本

がラインナップされています。

例えば、先進国に投資できる投資信託だと、

  • ニッセイ外国株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • iFreeNYダウインデックス

などなど、鉄板な銘柄がそろっています。

シミュレーションすることもできて、

ぱぺまぺの場合、

一月約2.3万円掛けることができます。

さらに、節税シュミレーションをすると、

利回りは低めで3%でシュミレーションしましたが、それでも27年間で、約80万円の非課税運用益を得ることができます。

非常に魅力的です。

デメリットを知らなかったら、真っ先に加入しているでしょうね。

(そもそも年金払い終わっていないが)

iDeCoのデメリットは、特別税の存在

  • 年金未払いだと加入できない
  • iDeCoの主な商品が証券会社によって違う
  • 乗り換え手続きが面倒
  • 凍結中の特別税の問題

証券会社によって商品がまちまちなので、選択に迷うというところでしょうか。

まあ、鉄板な商品を選んでおけばそれほど迷うことはないと思いますが。

最初のほうでもいいましたが、一番ぱぺまぺが加入に迷うのは、特別税の存在です。

凍結中、というのがくせ者で、廃止、ではないんです。

凍結ということは、いずれ復活するのでは?という疑問が生じてしまいます。

運用益の有無にかかわらず年率1.173%課税するというのがいただけない。

その年の運用益がマイナスだったとしても、さらにそこから1.173%課税されるという・・・。

つまり、iDecoを運用するに当たっては、最低でも特別税以上の運用益を得ていないと、マイナスになってしまうんです。

これがあるせいで、ぱぺまぺは加入する気が失せてしまうんですよ。

まあ、もともと投資資金が少ないというのと年金払いが終わっていないからアレですが・・・。

年金払いが終わっていたとしても、投資資金があったとしても、やっぱり加入は迷ってしまいます。

特別税が完全永久廃止とかになれば、加入しますが!

もしもiDecoに加入したらどれを買う?

この2つかなと。

有名どころで、鉄板商品。

iDeCoでは、日本株式や債券、新興国などには投資しないことにします。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。