だれでもできる、昇給なくても、収入をあげる方法

節約 保険&節約

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは基本的に社畜しながら投資をやっております。

 

 

なんとか手当とかついたりしてごまかされてますが、基本給はずっとあがっていません。

昇給なしですね。

給料はなかなか上げられず、ですが手当はカンタンに外せるらしいですね。

非常に残念ですが。

 

そんな昇給をほとんど望めないぱぺまぺですが、今回は、それでも収入をアップする方法についてのお話です

副業、副収入なしで、ですよ。

結論:節約は、昇給と同じ効果が得られます。

結論的には、節約することです。

え、そんなこと?と思う人もいるでしょうが、実は節約をすることはある意味で収入がアップしたのと同じ効果が得られるのです。

 

小難しいことでもなんでもなくて、例えば、

  • 5万円の固定出費を、1万円節約する → 1万円余計に手元に資金が残る。
  • 雑費の一部を5000円節約する → 5000円余計に手元に残る。

 

定期収入が同じ金額ならば、固定費や雑費なども同じだけで支出している人もいるでしょう。

入りが同じで、出も同じ。

 

だからお金がなかなか貯まらないのです。

ついでいうと、実際は出のほうが多かったりもしますね。

 

給料が上がらない、ボーナスなどのブーストがなければ入りは同じです。

ですが、税金は上がるし、人間の欲望は無限大なので、出は増えていく一方です。

 

副業をするなどの時間がとれなければ、今すぐできる解決策は節約することです。

出費を抑えると、収入が増える錯覚

固定費の削減に関する記事は過去にも書いています。

固定費 見直し

固定費を見直す方法

2019年3月10日

 

⬆の記事は、固定費の削減は超大事ですよ、ということを伝えています。

 

出費を抑えれば、当たり前ですがそれだけ手元に資金が残りますよね!

給料はアップしていないけど、節約したぶんだけ資金が手元に残る。

 

ただこれだけなんですけどね。

錯覚みたいなもんですね。

 

入りが同じなら出を抑えればいいのです。

 

一番効果的なのが、やはり固定費の削減です。

  • 家賃が高ければ、安いところに引っ越す
  • 携帯電話料金が高いなら、格安SIMなどを導入する
  • 高額なプランの生命保険に加入しているなら、プラン見直しか不要な保険を解約する
  • あまり利用していない月額サービスは解約してしまう

 

もうこれだけでいいのです。

これだけやれば、年間にすればちょっとした金額が手元に残りますよ。

ちなみにぱぺまぺは、家賃の項目以外は全て実施しています。

 

残ったお金の使い道は?

節約2

 

このあたりは本当に人によりけりです。

 

ぱぺまぺだったら投資することを推奨しますが、ぱぺまぺの周りで投資をやっている人がほとんどいない(というかいない笑)現実を考えると、

  • 自己投資に使う
  • 趣味に使う
  • 借金などの返済にあてる
  • 貯金する
  • 生活の質をあげるのに使う
  • 生活費、教育費などにあてる

 

このあたりになるでしょうか。

節約したお金が増えた分、いつもよりもほんの少しだけできることが増えるのは良いですよね。

 

ちなみになぜ節約したお金を投資資金にあてることをすすめているかというと、そのお金が将来何倍にもなってかえってくる可能性を秘めているからです。

 

毎月1万円節約してその分を積立投資にあてる。

節約したお金だけ積立したって、年間12万円です。

 

ただ貯金したのでは12万円しか貯まりませんが、投資に使えば、もっと増える!かもしれない。(減る可能性も同時に秘めていますが・・・)

 

ただ節約するだけじゃなくて、いっしょにお金の使い道も考えてみることをおすすめします。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。