個別株投資で、アレもコレも手をつけない

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、ワンタップバイ米国株と日本株を最近辞めました。

ワンタップバイ、完全撤退しました。

2019年7月14日

 

個別株でぱぺまぺが保有しているのは、

  • ソフトバンク
  • 東京電力
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

の3つだけです。

 

さて、ぱぺまぺは投資資金が少ない投資家だと思っています。

 

投資資金が少ないので、個別株投資は諦めました。

アレもコレも、と魅力的な銘柄は米国にたくさんあるんですけど、そのどれもこれも買えません。

 

大手ネット証券会社の手数料が下がったとはいえ、こちらの投資資金が上がったわけではないので・・・。

SBI、マネックス、楽天証券の米国株最低取引手数料撤廃

2019年7月18日

 

ぱぺまぺは、個別株投資からインデックス投資へと乗り換えました。

まあ、もともと個別株投資はほとんどやっていなかったんですけどね。

 

投資資金に余裕がなければ、個別株投資よりもインデックス投資に転向したほうがよろしいかと。

 

ETFやインデックス投資で個別株投資したつもりになる

 

個別株投資というと、だいたいやりやすいのが、

  • 日本株
  • 米国株

 

のどちらかだと思います。

日本株はともかくとして、米国株は魅力的な銘柄があれもこれもたくさんあります。

 

上述したように、どれもこれもは買えません。

どれもこれも買う必要はないんですけど、ただ欲しい銘柄を買い続けると、ポートフォリオがわけのわからん状態になります。

 

たとえば投資信託ですら、

楽天証券のポートフォリオ

 

こんな感じで20銘柄以上保有しているとわけわからん状態になります。

楽天証券でかつて保有してたポートフォリオなんですが、こちらはもうすでに辞めています。

 

分散投資しすぎると、こういうことが起きるわけですね。

どれもこれも個別株買って分散投資したいところなんですが、それだと1銘柄あたりにおける資金効率が悪くなるので分散投資しすぎるのも考えものです。

 

そして個別株による分散投資しすぎるのもちょっと資金的にムリです。

それならば、ETFなり投資信託なりに投資した方がぱぺまぺ的にはいいと考えています。

 

日本株投資と米国株投資

米国株

日本株は大体100株も持たないと優待が得られないし、もともと資金が少ないと時間がちょっとかかります。

ついでにいうと、日本株式の成績は米国よりも劣るので、どうしてもメインで投資したくなくなる・・・。

 

米国は魅力的な企業ばかりなんですがそんな銘柄が多すぎて資金的にに足りないし、複数の銘柄を1株、2株とか保有していてもなあという感じです。

 

それだったらある程度銘柄を絞って投資し続けていくのがいいんでしょうけど、それだったら個別株間接的に投資できるETFやインデックス投資がいいのかな、と。

 

個別株投資を広げすぎると、平穏でなくなる?

配当金と副収入

 

個別株だとマイナスになった時の精神的なゆらぎが、結構くるものがあるんですよねこれが。

逆にETFの場合になると全然違うんですけど。

 

(あくまでもぱぺまぺ個人の感じ方です)

 

ETFの場合はマイナスになるとなんとなく追加投資してやるぞ!という気にはなるんですが、個別株投資になるとちょっと追加投資どうしようかな?って悩んでしまいます。

 

手数料が下がったぶん米国株投資はやりやすくなりましたが、どうせだったら米国株まとめて投資しちゃおうかなと。

個別株買うよりもETFの方が精神的に安心なんで。

 

ちなみに個別株投資はインデックス投資に勝てるとは限りません。

別に勝負しているつもりはないんですけど、どうせだったら勝率があるほうがいい。

 

とりあえず含み損のままずっと保有し続けているブリティッシュ・アメリカン・タバコのような二の舞は避けたい。

個別株投資の追加投資のしづらさは、なんとなく投資初心者には厳しいのかもしれない、と思っています。

 

この投資のしづらさを解消するには、個別株ではなくETFのほうがいいかもしれません。

 

というわけで、個別株投資であれもこれも手をつけたくない理由は、そんな感じです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。