異業種・未経験者が実践したプログラミング学習法

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、現在フリーランスを目指してプログラミングの勉強をしています。

プログラミングは、学生時代にC言語にちょこっと触れた程度で、しかも挫折した経験があります。

挫折してからほぼまったくプログラミングに触れてきませんでした。

そんな、プログラミングにまったく触れていなかった人でも勉強する方法はいくつかありますが、どの勉強法でも共通していえることは、

 

  • 実際に手を動かしてコードを書く
  • エラーが出たらググって解決

 

最低限、この2つを守ればいいかなと。

 

ぱぺまぺは、過去にテックアカデミーというオンライン型のプログラミングスクールを利用したことがあります。

そのときの感想記事が↓です。

テックアカデミーのレビューとおすすめ

 

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

 

コードは、まずは写経でもいいから手を動かす

 

コードを読んで、写経でもいいから実際に書いてみることです。

ちゃんと動けばOKです。

 

いきなりコード書いて勉強しろといわれても、なにからやればいいかわかりませんよね。

そこで大いに役立つのが、ドットインストールやprogateです。

 

YouTubeでも探せば、いくらでも教材は出てくるのですが、最初のとっかかりはprogateやドットインストールを使ってやるのが学習を進めていく上で効率がいいかと思います。

 

フロントエンドとかバックエンドとか、それぞれに適した言語があるんですが、まったくの初心者ではそもそも違いもよく分からないものです。

いろんな言語があって何から勉強すればわからん!

だからこそ、まずはドットインストールやprogateが有用です。

 

初心者向けプログラミング学習サービスを利用する

progate

 

ドットインストールにしろ、progateにしろ、とりあえず HTMLやCSS から始めると良いでしょう。

ちなみにこの2つはプログラミング言語ではないんですけどマークアップ言語というものです。

HTMLとCSSの学習を終えたら、そこから発展して例えば、JavaScript とか勉強していけばいいです。

 

ドットインストールにしろprogateにしろ、勉強法は単純です。

 

  • 動画や教材を観ながらコードを書く
  • わからなくなったら、前に戻ってコードを確認、復習。

これだけです。

プログラミングに限らず、他の教科の勉強と同じですね。

 

技術書でプログラミング学習する

 

動画やwebサービスではなくて、技術書、参考書を読みながら読み進めていくのもいいですね。

技術書に書いてあるコードを読んで、そのとおりにコードを書いて動かしてみる。

基本的にはprogateのほうと同じく手を動かすのは共通です。

わからなくなったら、前のページに戻ってコードを確認すればOKです。

 

ただ、たまに教材のほうのコードが間違っていたりするので、個人的にはProgateやドットインストールもしくは YouTube などの動画の方がやりやすいです。

 

チュートリアルが終わったら、アウトプットする

プログラミングの勉強してみます

 

progateやドットインストールを何周もしてもいいですけど、基本的には何周もする必要がなくて、インプットした知識を何らかの形でアウトプットしたらいいかなと。

ここでいうアウトプットとは、簡単なWebサービスやWebアプリ、もしくはポートフォリオやWebサイトなんかを作ってみるということですね。

 

いきなり初心者が簡単なWebサービスやWebアプリ、もしくはポートフォリオやオリジナルのWebサイトを作れ、なんていわれてもおそらくつくることはできません。

なので、webサイトの模写からやるのがおすすめです。

 

Progate + ローカル環境並行勉強法

 

 

元ネタはちょっとわからないのですが、ネットで見かけたProgateとローカル環境同時並行勉強法がよさそうな感じです。

通常であればProgateだけなんですけど、ネットで見かけたのがそれに加えてローカル環境を構築して同時に勉強する、という方法をとると学習効率があがります。

 

progateで学んだことを、いざもう一度なにもみずにできるか、というと結構そうでもなかったりします。

progateだけで勉強していると、わりとそういう風になってしまいがちです。

わかったような感じになって、サクサクと先に進んでしまう。

そこでぱぺまぺがおすすめするのが、progateを使いつつも少しずつ記憶に定着させる方法です。

ローカル環境を構築して、そちらでも自分でコードを打ってやることです。

 

progateの場合、空欄みたいな感じで、そこに入力してくださいよ、と準備されているんですが空欄を埋めるだけでは不十分です。

progateでやった内容を、ローカル環境の中でも同じことをするのです。

ローカル環境は、要するにVSCodeなどエディターを使ってコーディングすることです。

コードを打つ回数が多くなるし、模写的な感じできるし、結構記憶に定着すると思うんですよね。

 

プログラミングは、暗記しない

htmlとcss

 

 

  1. progateで1講義やる
  2. progateでやった内容を、ローカル環境でもやる。
  3. できたら、次の講義にすすむ

 

これを繰り返す感じです。

とにかくプログラミング初心者は、ぱぺまぺも含めてですがprogateをやっていると、なんとなくわかった気になって先に進んでしまいます。

いざなにもみずにコードを書けるかとというと、あれ、どうだったっけ?となってしまうわけです。

そこで記憶に定着させるためにこの手法を使うわけです。

 

基本的にはこういう感じのコードで、こういう感じの動作がするんだなー、くらいの感じでいいです。

例えばなにかの機能を実装しようと思った時に、あの実装するのに書くコードって何だったっけ?となったら調べれば大体のものは出てきますから。

別に完全に記憶しなくたっていいわけです。

 

苦手なプログラミング言語をアウトプット重視で克服

 

勉強しているうちに、苦手なプログラミング言語がでてくると思います。

例えば、ぱぺまだったらJavaScriptです。。。

 

そのプログラミング言語をどうにか克服したいなあと考えた時にどうすればいいか、考えました。

前提条件として

  • プログラミング初心者
  • オリジナルの制作物を作るほどのスキルはまだ身につけていない

 

こんな状況で苦手なプログラミング言語とか、どうしようって感じですが・・・。

方法としましてはアウトプット重視の勉強です。

 

 

通常やっている勉強は、インプットの勉強です。

例えば、テキストみながらコードを打って動作確認して前に進む、みたいな。

アウトプット重視の勉強は、インプットして勉強したコードを使って、例えばカンタンなWeb サービスを作るとかアプリを作るとか、もしくは模写したwebサイトに動きをつけてみるとか、動きのある制作物を作ることです。

オリジナルサービスを作れない初心者なのに、そんなもん作れるかよって感じですけど、、、

ネットで探すと、〇〇言語で〇〇を作ってみよう!みたいな内容のものがあるのでそれを積極的に活用します。

 

例えばドットインストールでは、ストップウォッチを作ってみようとかクイズを作ってみようとか、そういう感じのどちらかというとアウトプット重視の内容のものがあります。

それをひたすらやりまくる、という感じですね。

勉強していると、その勉強した内容は果たして実際のところどういう風に使うのかが分からなくなってくるもんです。

 

ぱぺまぺはそうだったんですけど、

  1. このコードはこう書くとこういう風になって、こういう機能になる。
  2. まあそれは分かりました。
  3. じゃあそれを実際に使ってどういう風にすればいい?

 

とかそんな感じで分からないんですよね・・・。

雰囲気は分かってるんだけど、機能も分かってるんだけど、いざコードを書こうと思うと手が動かない、分からない。

だからそのための練習として、アウトプット重視の勉強をひたすらやるのが最適ではないかと。

インプットと変わらないかもしれませんが、〇〇を作ってみる系の動画なりテキストなりそれ中心に進めていくのがいいんじゃないかと思います。

 

Progate(プロゲート)以外のプログラミング勉強法

 

例えば、

  • プログラミングスクールに通ってみる
  • ドットインストールやってみる
  • Udemyを利用してみる
  • YouTubeで勉強してみる
  • テキスト教材買ってやってみる
  • メンターを雇って勉強してみる
  • Webサイト模写、アプリ模写などやってみる

 

などなど、いろいろ勉強の仕方はあります。

Progateは、サクサク勉強できるぶん勉強が進んでいる感じがしますが、実際アウトプットとなるとなかなか手が動かなかったりもしますね。

もしくは教材的にもっと踏み込んだものが欲しいとか、それだとProgateだとちょっと物足りないですね。

 

Progateを否定しているわけじゃなくて、Progateはプログラミングをやったことがない超絶初心者が最初に取り掛かるべき教材としては非常に有用です。

その後の発展として違う教材を取り組むべきとぱぺまぺは考えています。

Progateで基礎の基礎をやったら、上で紹介したような勉強法をやってみるのがいいと思います

 

メンター付きで習うならのプログラミングスクール、MENTA

 

ぱぺまぺだったらテックアカデミーを利用しました。

メンター付きでやるならMENTAというサービスを使ってメンターさんを雇ってコツコツやる。

課題も出されますのでアウトプット学習には最適です。

特にオリジナル課題だと、ネットで検索しても課題そのものズバリの答えは出ません。

 

課題をクリアするためのヒントみたいなものをネットで多数ありますので、それらを組み合わせて自分なりに考えてコードを書いてみるとかそういうこともできます。

これこそアウトプット学習です。

 

動画教材で勉強するならUdemyやYouTube、ドットインストール

 

Udemyは教材を買う形になりますが、たまにセールをやっているのでそのときを狙って買ってやってみるとお得です。

YouTubeだと無料でできますが、教材を探す時間を考えるとどちらがいいかな?という感じですね。

ぱぺまぺは教材を探す時間も惜しいので、商品化された、パッケージ化されているものを買って時短で勉強です。

 

コード暗記するよりググり力が大事

プログラミング向いてないなと思うとかそんなのは1mmもなくて、とりあえず分かんなかったら目の前にあるパソコン使って調べます。

例えば、「○○(調べたい単語) エラー 意味」とかそんな感じで調べます。

とりあえずコードを暗記しようとは思わずに、まずコード書いてこのコードでこういう動作があるんだなぁくらいの認識で進めておきます。

何かメモ帳とか別のものにメモしといてもいいんですけどね。

コード内にコメントを残しておくとか 。

メモしたのがあればそれを見直してみたり、なければ自分でググって調べる、という感じですね。

そんな感じで、

  1. コードを覚える
  2. コード忘れる
  3. コード調べる
  4. それを繰り返す

 

一見ムダなことしているようにみえますけど、そのうち記憶に定着します。

何回も何回も繰り返し繰り返し勉強するんですね。

 

エラーがでたら自己解決、というのも、自分で調べて解決するという自己解決能力を鍛えるという意味においても重要なのです。

どんなカタチであれ、自分でコードを書くことが重要なのです。

もし勉強が続かないという人でも、とりあえずまずは数行でもいいからコードを書くという行為をしましょう。

続けていけば、コードを書くのが習慣になります。

 

元々プログラミング、IT関係とかそういうところでで働いていたわけでもなく、全くの異業種出身なんですよね、ぱぺまぺは。

頭がいいわけでもなくハイスペックでもないんです。

本当に0からやるしかないんですよね。

現役や元経験者に、なんだそんな事もわからんのか、みたいな感じで思われるかもしれませんが、

そんな人達だって最初は初心者だったわけだし。

 

今、未経験者であっても頑張って経験者になればいいわけですからね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。