「投資はじめ」と「資産クラス」をまとめました

資産クラス 投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは国際分散型ポートフォリオを組んで投資をしています。

投資歴的にはまだ日は浅いです。

 

複数の資産クラスにわけて投資していますが、すべての資産クラスに投資しているわけではありません。

ぱぺまぺ自身がそうでしたが、投資初心者はこの資産クラス自体がわからなかったりします。

 

なので、そのあたりを超ざっくりですが解説した記事をまとめてみました。

 

株式とインデックス投信とは

 

株式

株ってなに? 入門

2018年11月5日

 

よくわからないものにはお金を出したくないものです。

なので、まずは株式とはなんぞやという話をこの記事で説明しています。

  • 株式を保有することで得られる4つの特典

 

もあわせて説明しています。

 

 

インデックスファンド2

インデックス投信ってなに?・入門

2018年11月6日

 

いきなり投資初心者が株式投資を始めるのは敷居が高いです。

なのでインデックス投信から始めるのがよいです。

この記事では、インデックス投信とはなにか、という疑問を解決する内容になっています。

 

  • まずは100円から投資できる

 

 

ネットバンクを開設する。

 

ネットバンク活用

便利なネットバンクを活用しよう

2019年2月22日

 

ネットバンクとは、

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行・・・など

 

をはじめとする、ネットでやりとりが完結する金融サービスです。

ここでは、ネットバンクを活用して資産運用をしましょうという記事を紹介しています。

 

ネットバンクと資産運用は相性がいいので組み合わせて使うのはおすすめです。

 

証券口座を開設する。

 

ネット証券で著名なものを開設すれば間違いないです。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

 

上の3つのどれか、もしくは複数開設しても問題ないです。

ぱぺまぺが使っているのは、SBI証券と楽天証券です。

 

楽天証券では、楽天スーパーポイントを使ってインデックスファンドにも投資できるので、楽天サービスをよく使う人にはおすすめです。

 

 

ワンタップバイ入門

ワンタップバイ・入門

2018年10月27日

 

ワンタップバイの登場によって、日本株の端株やミニ株を買うように、1株未満で米国株を買えるようになりました。

 

投資できる銘柄が限られているとはいえ、1000円から米国の優良企業が買えるので、練習にもなります。

 

 

 

各資産クラスの特徴について

ここでは、代表的なアセットクラス(資産クラス)の特徴について話していきます。

資産クラスとは、↓のようなものを指しています。

 

  • 日本株式
  • 日本債券
  • 先進国株式
  • 先進国債券
  • 新興国株式
  • 新興国債券
  • 日本REIT
  • 海外REIT

 

先進国株式ではあるものの、先進国の中でも重要な位置づけである米国もあわせれば、

  • 米国株式

も含めてもいいでしょう。

 

そして、↑の資産クラスとは少し性質の違う、コモディティクラスも含めます。

  • コモディティ

 

国内株式・日本株式クラスの特徴とは

 

日本株式アセット

アセットの特徴・日本株式編

2019年2月16日

 

最も身近に感じられるであろう、日本株式。

TOPIXや日経平均株価なんかはなんとなく聞いたことがあるのでは?

 

最も投資しやすい資産クラスでもあります。

  • 海外株式より投資しやすい
  • ハードルが低い
  • 配当金が円でもらえる
  • 日本語の資料が無数にある

 

 

国内債券・日本債券クラスの特徴とは

 

日本債券

アセットの特徴・日本債券編

2019年3月1日

 

債券にはいくつか種類があります。

債券は株式に比べてリターンがよろしくありません。

 

保守的に資産運用するなら債券で!

 

先進国株式クラスの特徴とは

 

先進国株式 特徴

アセットの特徴・先進国株式編

2019年4月2日

 

国際分散投資の基本形です。

分散投資するなら低コストな先進国株式系投信1本で足ります。

 

米国は構成国の半分ぐらいを占めていますが、欧州にも投資したいならここの資産クラスです。

 

低コストな欧州メインの投信がほぼない、というのが現状なのでこちらの資産クラスで間接的に欧州に投資するといいです。

 

 

先進国債券クラスの特徴とは

 

先進国債券特徴

アセットの特徴・先進国債券編

2019年3月22日

 

債券は株式よりも値動きが少なく、リターンが少ないという点が挙げられます。

しかしそれが先進国債券だと以下のような特徴があります。

  • 先進国債券は、国内債券よりも値動きが激しい
  • 年率リターンでは国内債券よりも優れる

 

 

新興国株式クラスの特徴とは

 

アセットの特徴 新興国株式編

2019年3月19日

 

新興国の特徴といえば、

  • 経済発展途上国
  • 将来の成長に伸びしろあり?
  • 政情不安定な国も含まれる

 

新興国は、そこそこにリスクはありますがこれから発展していく未来に賭けるなら投資するとよいでしょう。

 

ただし、新興国の政治上の理由や経済状況に大きく左右されるリスクもありますので、そのリスクとリターンが見合うかどうか、です。

 

新興国債券クラスの特徴とは

 

新興国債券

アセットの特徴・新興国債券編

2019年3月20日

 

新興国債券の特徴としましては、

  • 金利・利回りが高い
  • 経済成長可能性が見込める

 

日本国債に比べてかなりの高利回りなのが魅力です。

ただし、新興国株式と同様のリスクを抱えています。

 

国内・日本REIT(リート)クラスの特徴とは

 

アセットの特徴日本リート

アセットの特徴・国内REIT編(日本リート)

2019年3月28日

 

REITは不動産投資です。

実物不動産よりもREITを利用したほうが不動産投資しやすいです。

数千円だせば1口買える銘柄もありますから、多額の資金を要することなく不動産に投資することができます。

 

ただし、株式投資と比べてリターンはよくないです。

ですが、株式や債券とは違う分散投資先のひとつになるでしょう。

 

 

海外RIET(リート)クラスの特徴とは

 

アセットの特徴・海外REIT

アセットの特徴・海外リート編

2019年3月31日

 

海外REITは、

  • 米国
  • 欧州
  • シンガポール
  • 香港
  • オーストラリア
  • その他新興国

これらが対象になります。

 

国内ではほとんど聞かないような海外不動産銘柄に投資できます。

 

米国株式クラスの特徴とは

 

配当2

アセットの特徴・米国株式編

2019年4月5日

 

米国企業は多くの日本人でも知っている企業が多くあります。

S&P500や、NYダウ指数なんかは有名です。

 

米国に投資しておけばとりあえず鉄板!みたいな風潮がありますが、まあ実際それぐらいの影響力はいまだ健在ですね。

 

分散投資をするなら、米国を核にしてその他地域に投資するのがいいですね。

 

 

コモディティクラスの特徴とは

 

コモディティ投資とは

2019年3月13日

 

コモディティとは商品のことです。

超ざっくりいうと、

  • エネルギー
  • 貴金属
  • 農作物
  • 畜産

 

などがあげられます。

インフレ対策としてひとつの投資先になりますが、投資するにはコストが高いというのが難点です。

 

また、分配金・配当金がでません。

なので値上げ利益狙いの投資になります。

 

 

投資はまずは少額からはじめましょう

 

というわけで各資産クラスについて超ざっくりですがまとめてみました。

投資を始めるにあたっては、まずは慣れるという意味においても少額からインデックス投信を買うのが定石です。

 

投資初心者

投資初心者は、インデックスファンドからどう?

2019年3月2日

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。