上げ相場でも下落相場でも積立投資

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

今日も今日とて変わらずいってることはいつもと一緒で、相場に関係なく積立投資です。

長期投資限定でなくてもいいけど、基本的に投資は長い目で見ないと結果が分からないので必然的に長期投資になります。

 

株が調子良すぎて株価が高すぎて買えないというのも関係なく、暴落下落相場で 投資するのが怖いというのも関係なく、 いつもどおり積立投資です。

 

相場に踊らされずに投資してればOKです。

 

相場に関係なく、自分の私情を挟むことなく淡々とできるのが積立投資のいいところです。

 

長期投資なので、当然、なんとかショックやなんちゃら危機などはこれから先何回も起こり得ます。

その状況のたびに投資を辞めていてはキリがない、という話を前にもしたんですけど。

 

そういうのは投資をやっている以上は離れられないし、何回も起こるのならば今回のコロナショックだって乗り切らなくちゃならないはずなんですよね。

今の力で、というか普通に淡々といつも通りやってればいいだけなんですけどね。

 

こういうののために投資から撤退する人は多分、自分の中で投資に対するリスクの管理ができていなかったのではなかろうかと。

  • いくらまでだったら下落してもないだいじょうぶ
  • ポートフォリオのうちこのくらいまでなら耐えられる

 

という認識が甘かったのではないかと。

 

リスク資産と無リスク資産の割合のかも ちゃんと管理できなかったのかなという感じですね。

現金持っててもあんまり意味がないよという威勢のいいこと言っている人もいますが、やっぱりこういう状態になった時も現金は大事だといことです。

 

やっぱり供えは大事だったと。

 

自分が死ぬまで暴落相場が回復しないということはないと考えていますので、長くて数年程度でまた、コロナショック以前よりも大きく株価が伸びることをぱぺまぺは期待しています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。