投資の優先順位を決めておく

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資の優先順位を決めておきます。

 

優先順位を決めておくと、お金が足りないときにもどれに優先するか即座に決めることができます。

 

ただし、どの商品に最初に投資するか、優先順位は人によって違いますので、正解はありません。

 

投資の優先順位を決めて、イレギュラーな出費に対応する

 

ぱぺまぺの場合ですが、

  • 最もお手軽に投資ができる
  • お金が少なくても投資ができる

 

という点において優れている投資信託を最優先に投資します。

 

次点でETFです。

投資の優先順位

  1. 投資信託
  2. ETF

 

ぱぺまぺは、個別株は投資せず、債券もコモディティも投資しないのでこれだけですね。

 

さらに細かくいえば、先進国株式と米国株式など地域ごとに優先順位を決めるならば、米国株式です。

 

ぱぺまぺの中で最もメインとしている投資先が、米国株式だからです。

メインのものに優先的に資金を集めます。

 

欧州を含めた先進国株式は、米国集中投資を懸念して分散投資させるために調整する目的で投資しています。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスで最安先進国投資

2019年11月8日

 

ETFは、安く買えるものもありますが一口あたりの価格が設定されていますので、お金がない時は細かく調整して買うことができません。

例えばぱぺまぺが投資しているETFは、

  • 1655・・・1口2500円ぐらい
  • 1489・・・1口35000円ぐらい
  • VOO・・・1口296ドル(約32000円ぐらい)
  • VGK・・・1口59ドル(約6400円ぐらい)

 

投資信託であれば、最低100円から買うことができますので、細かく調整して買うことができますね。

 

日常のイレギュラーな出費に対応する

 

そもそも投資するときは、毎月の給料から計画的に行うのが最上です。

なので追加投資や急な新規銘柄の買い付けなどはしないようにします。

 

する場合は、前もってちゃんと計画通りに行わないとなりません。

 

計画通りに優先順位を決めておくと万が一イレギュラーな出費があったときに対応できます。

 

 

投資のことだけ考えておくと一見忘れがちですが、日常生活に起きる出費やイレギュラーな出費が響いてきます。

例えば

  • 急な冠婚葬祭
  • 家電が壊れた、車が壊れたなどの修理費や買い替え

 

予想もしていなかった出費が出たりするわけです。

 

そういうときに、今月はお金がないからETFはやめて投資信託だけとりあえず買っておくか・・・とかそういう風に決めることができます。

 

さらに投資信託は100円から買うことができますので、細かく投資資金額を変更することができます。

3万のところきついから今月は半分だけにしておくか、とかそんな感じですね。

 

人によっては個別株やETFが最優先という人もいるでしょう。

自分の投資資金や計画に沿って、優先順位を決めておきましょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました




応援クリックよろしくお願いします。