投資をしたことがない知人が投資をやるかも。

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺが投資をやっていることを知っている数少ない知人なんですけど、どうやら彼もそろそろ投資をやるかもしれません。

彼については当ブログで過去に登場しています。

投資をしたことない人に投資をすすめた話

2018年11月7日

 

機会とやる気が出てきたのなら、投資をやるべきです。

収入がアップするから、投資をやってみたい

知人は、かつてのぱぺまぺと同じように投資に関する知識はほぼゼロです。

オマケに、おそらく投資に関してはまだギャンブルと思ってもいるし節があるし、借金になったら・・・とかも考えているようです。

 

まあ、投資に興味あるけど、ちょっとこわい、みたいなところでしょうね。

 

そんな彼ですが、そろそろ投資をやるかも、、、みたいな話になっています。

 

ぱぺまぺが話しているのを聞いて、ちょっとずつですがやってみようかなという気持ちにはなっているようです。

 

知人には奥さんと生まれたばかりの子供もいます。

やはりというか、奥さんのほうも投資のことには全く知らない 状況なんですね。

 

奥さんのほうには、投資とはいわないで上がった収入分は貯金しておく、みたいな感じでいっています。

 

ただ奥さんに黙って投資をやる、というのがなかなか厳しいかもしれません。

 

収入がちょっとアップするので、そのアップした分を投資に回したいらしいです。

 

はじめてやるなら投資信託です

だからぱぺまぺは、本当に投資をやるなら個別株ではなく、インデックス投資、しかも100円からできる投資信託をお勧めしました。

1万円ぐらいなら出せる、ということなので。

 

 

インデックス投資は、ちょっとやったからといってすぐに儲かるものではありません。

ぶっちゃけ、10年とか20年スパンで考えないと、、、。

 

なので、ちょっとお金が足りないからといって投資のほうを解約・売却してそのぶんの資金に、というのは短期的にはおすすめしません。

 

プラスにはなるかもしれませんが、ほぼほぼ少額でしょう。

劇的な 金額の変化は見られないと思います。

 

何か大きな買い物をするとか、いざという時のための資金に~という目的で投資をやるには、ちょっと「向き」ではないですね。

 

いざその必要な時に使いたいタイミング、と投資信託の評価額が利益になっているかどうかが分かりません。

 

投資はあくまでも資産形成のためにやる、と考えたほうがいいかもです。

例えば仕事を辞めた後に年金と併用して、年金以外の収入を得るために取り崩していく感じ。

 

まああくまでもぱぺまぺの考えなので、そもそも投資する目的は人それぞれです。

ぱぺまぺは、将来年金と貯金だけではやっていけないと考えているので、年金と貯金以外の資産を今からつくっているだけです。

 

投資資金がいまのところ急激に増えたりしないので、資産形成は時間がかかります。

あと20~30年ぐらいぱぺまぺには途中で死なない限り時間がありますので笑

 

知人はぱぺまぺよりも年上なので、始めるなら早いほうがいいですね。

投資に興味あります的なところまでいきましたが、実際に証券口座ひらくまでにどのくらい時間かかるか、、、。

 

時間は、個人によって差はあれど、限られていますからね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。