貯金しながら投資をする術は効率的

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

収入を得ながら貯金しつつ投資、というやり方が効率的です。

投資用の資金も貯めながら貯金もして、ついでに投資もしているというやり方です。

 

貯金の全くしないで投資に資金をを全て費やしているという人はなかなかの猛者だと思いますが。

 

貯金しならが投資、投資しながら貯金

 

資金を貯めてから投資を始めても良いのですが、投資はなるべく早く始めた方が有利です。

〇〇円貯まってから投資をやる!では遅いかもしれないです。

 

なるべく早くやるなら貯金もしながら投資もやるのが最適です。

  • 貯金しながら投資
  • 投資しながら貯金

 

いくら貯金して、いくら投資するか、という金額の配分は個人に任せますが。

自分にムリのない範囲、継続できそうな範囲の額でおさめてやるべきです。

 

「貯金しながら投資」は、投資に対する心理的ハードルを下げる

 

投資を全くやったことがない人が投資に対して恐れを抱いているのは、手元にある資金がなくなるかもしれないという恐怖があるからですね。

理由はそれだけではないでしょうが、損をしたくないというのが心理的ハードルをだいぶ上げているような感じです。

 

「貯金しながら投資」という方法の良いところは、働きながら貯金もして投資もできるということです。

会社員しながら投資をやっている人は、だいたいこのスタイルだと思うんですよね。

 

この方法は、メリット・デメリット両方あります。

 

貯金しながら投資のメリット

  • 余裕資金を貯めることができる
  • 投資と貯金の両立ができる
  • 投資以外の資金が確保できる

 

投資以外でも資金が確保できることが良いです。

投資に失敗しても、予備の資金が手元に残ることになりますからね。

 

貯金しながら投資のデメリット

  • 貯金と投資に2つに資金が分散されるので効率が悪くなる
  • 継続両立するのはカンタンではない

 

デメリットとしてはこんなところです。

とはいえ、収入が少なくて投資に回せる資金も少ないという人は、割とけっこう普通なのでその辺は別に気にする必要は全くないです。

 

最初のうちは投資資金の方を少なく、貯金の方を多めにする感じでやっていき、慣れてきたら徐々に投資の額を増やし貯金の額を減らしていくという感じですすめていけばいいです。

 

〇貯金しながら投資の一例

  1. 収入が入ったら、投資や貯金に回せる額を把握する
  2. 貯金9割、投資1割の配分で継続
  3. 慣れてきた&余裕がでてきたら、貯金8割、投資2割の配分で継続
  4. 慣れてきた&余裕がでてきたら、貯金7割、投資3割の配分で継続
  5. 以下、少しずつ配分を変えていく

 

ぱぺまぺもこのスタイルでやりました。

どれくらい継続したらいいとか、具体的な金額の配分は個人によって違うので正解はありません。

ポイントは、自分でやっててムリのない金額です。

 

だれかのマネしてムリをした計画をすると両方破綻してしまうので・・・。

そこだけは注意ですね。

 

安定してきたら、あとは淡々と継続しておけばOKです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました




応援クリックよろしくお願いします。