自分のための投資をやる

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資をやっていてたまに思うのが、投資をやっている人間が周りにだれもいない、という現実です。

ギャンブル、タバコ、この前パチンコでいくら勝った、負けた・・・そういう話は聞きますが。

投資やってる人間マジでだれもいなすぎて、そういう話をしたくてもできない、みたいな。

ですがそもそもとして、だれも投資をやっている人間がいないからといって、気にする必要はまったくありません。

 

なぜなら、投資は資産形成が目的なのでだれかと勝負するとか他人と比較する趣旨のものではないからです。

 

投資をやる目的は人それぞれで、 理由のひとつとして、将来の自分の資産形成のためやっている人もいると思います。

趣味で楽しんでいる人もいるかもしれませんが、ぱぺまぺは将来の自分のため、未来の自分を助けるために投資をやっています。

家族のためなど、そういうのは気にしてもいいんですが、ぱぺまぺはそういうのは特にないし・・・。

結婚してないんで。(相手もいないし笑)

というわけで、特段綺麗ごとをいうつもりもなくて、今のところ極力自分のためです。

 

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

投資は、突き詰めると自分のためにやる

 

ぱぺまぺの場合ですが、将来貯金と年金だけではマジで食っていけないと思っているので投資をやっています。
お国だけに依存しているのも少々不安すぎるので・・・。

ぱぺまぺの周りはギャンブル、パチンコ、タバコをやる人間ばかりで投資をやっている人間がいないんですよね。

隠してる可能性もありますが、肌感覚としては99%いないです。

最も出る話題といえば、パチンコでいくら勝買ったとか負けたとか、そういう話ばかりです。

 

正直、他人のギャンブルの勝敗なんかどうでも良かったりします。

他人がいくら勝とうが負けようが、それはぱぺまぺのお金ではないからです。

気にするだけ時間のムダというか。

これは、他人と投資成績を比較しても意味がないのと似ています。

他人のほうが投資成績がよかろうが、他人がギャンブルでいくら勝とうか、1円もぱぺまぺには関係ない話です。

結局のところは、投資は自分のためにやっているので、1円も自分のところに関係ない話ならば、リターンもないので時間のムダ、というやつです。

 

投資VSギャンブルで味わう微妙な優越感と敗北感

投資の優越感

微妙な話になりますけど、ギャンブルやっている人たちに対しては少々の優越感を持っていたりします。

もちろん思ったことは口にしたりしないです。

ぱぺまぺの周りは投資やっている人間が幸いにもいないので、他人と投資成績を比較してうんぬんかんぬんというのはありません。

もしもいたとして、比較してしまったらどちらが勝った、負けたで優越感とか敗北感を味わうことでしょう。

 

そうはいいつつ、投資を知らず、ギャンブルやっている人に対して内心では微妙に優越感を味わっていたりします

めんどうな人間と思うでしょうが、ぱぺまぺも人間なんで。

でも本当はそういうのがめんどうくさいですね。

自分の中でだけで完結するのがいいですね。

 

仮にギャンブルやっている人に投資の話をしたとして、

  • 買っている銘柄は?
  • いくら投資しているの?
  • 投資のやりかたは?
  • 配当金いくらはいるの?
  • 負けて借金したらどうするの?

 

パッと思いつくだけでこんな質問されそうです。

質問に答えるのもいいんですが、自分で調べてください、としか言えません。

ぱぺまぺだって最初は分からなかったけど、自分なりに調べて今日までやってきたので・・・。

そして投資をススメたとしても、ほぼ100%ススメられたほうはやらないでしょう。

そういうもんです。

なので、自分以外で投資をやっている人間がいない、少ないとかは気にしなくていいですね。

 

投資は、自分だけの中の話で終わらせます。

 

投資家少ないなら、あえて優越感にひたれる

 

投資家やっている人間が少ないとかいないのは気にしなくていいです。

投資は自分のためにやる。

そう思えば、自分の中でだけで完結できます。

 

ただ、せめて自分を慰めるならば、投資をやっている人間が少ないのをいいことに、少数派に自分がいることに優越感に浸りましょう。

少なくともギャンブルやっている大多数の人よりは将来、資産形成の点では上にいけますよ

 

投資で、「未来の自分」を助けてやろう

 

ぱぺまぺは投資歴が1年とか2年とか雑魚レベルでまだ浅いです。

5年、10年やってるベテランではありません。

 

そんなぱぺまぺですが、

  • 将来年金がちゃんともらえるかもわからない
  • 給料もなかなかなかなか上がらない
  • 収入が少ない

 

そんな状況で、投資をやらずに貯金や節約だけで、、、とやっていたら多分将来持たないなあと。

将来の自分、未来のぱぺまぺが困らないぐらいにはお金を増やしておきたいわけですね。

 

この状況下でお金を増やすにはどうすれば、というと、もしもできるなら副業もやり、給料と副業の収入を投資に回すことですね。

 

投資するものはなんでもいいんですが、

  • 株式
  • 債券
  • REIT
  • コモディティ

 

この中で最もリターンが良いとされているのは株式です。

なので株式に資金を注力するのがまず第一歩です。

 

ここからさらに株式は、

  • 米国株式
  • 先進国株式
  • 日本株式
  • 新興国株式

 

など複数あります。

米国株式と先進国株式のとりあえずこの2つのどちらかに投資しておけば間違いではありません。

先進国株式にしても米国株式にしても、

  • ETF
  • 投資信託
  • 個別株

 

など選択肢があります。

あとは人の好みや考え方、投資戦略によるとしかいえません。

 

気軽にやるなら投資信託

 

ぱぺまぺは収入が少ないので投資に割り当てられる資金もあんまりありません。

そんなぱぺまぺのような人でも気軽に投資できるのが投資信託です。

つみたてNISAなどを利用して資産形成していけばいいのです。

資金的に余裕があるならばETFも買ったりはしています。

 

ですが、毎月ETFを買っているわけではなくて、ある程度資金を貯めてからです。

今は手数料が変わったので米国株式を買うのも買いやすくはなりましたがね。

ただ分散投資の観点から、ETFや投資信託など商品それ自体が分散しているものに投資したほうがいいかなと。

 

将来の自分のために投資を続けていくには長期的なスパンで投資し続けていくことが重要です。

投資の世界から撤退しないことも重要です。

 

投資の世界から撤退しないためには、なるべく多少暴落しても動じない精神力も必要かもですが、、、。

ETFや投資信託であればどこかの銘柄の倒産とかがあっても別に大丈夫かなという感じです。

最も運営会社自体が倒産してしまえば話は別ですが。

 

もしぱぺまぺが定年間際の人であれば、今から今の収入状況であった場合、少々将来的に積んでいたかもしれません。

幸いにもまだ30代なので、一般的な定年まで30年ぐらい時間があります。

 

30年ぐらい時間があれば、投資で資産を形成するには十分な時間です。

 

ちなみにぱぺまぺ的にはもう5年ぐらい早く投資を始めたかったですが、悔やんでもしょうがありません。

ぱぺまぺは5年後とか10年後に、あの時に投資を始めていればよかったな~と後悔したくないのでやろうと思ったときに投資をやりはじめました。

投資で全てにおいて未来の自分を変えられるわけではありませんが、少しでも未来の自分を助けられればそれでOKです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。