失敗した投資は、活きる

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、投資信託をメインに行うインデックス投資家です。

リーマンショック後に投資をはじめているので、経済大暴落などを自身で経験していません。

少額投資や、分散投資を心がけていますが、そんなぱぺまぺでも過去にこれは失敗した、という投資経験はあります。

 

ただ幸いといいますか、よくある投資失敗談で何十万、何百万、何千万溶かしたとかそういうレベルには全く到達していないレベルの小さな失敗です。

大きな失敗を武勇伝のように語りたくはないんですが、失敗は失敗だし、堅実に投資をやってきた成果ともいえます。

大きな失敗であれ小さいものであれ、経験を学んで次回以降に活かしましょう。

 

*いくつかの記事を統合・追記しました。

投資失敗の経験は、悪くない

 

肝心のぱぺまぺの投資失敗の経験ですが、思い出せるものだと⬇のものです。

  • 仮想通貨投資撤退
  • IPO投資で高値買い
  • 投資やり始めに、高コストな投信を買っていた
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコを高値買い

 

残念ながら何百万スッたとかそういうのはないです。

良かった良かった。

 

ぱぺまぺの投資失敗経験はこれぐらいですね。

投資に失敗してもやり直しができます、って軽々しくはいえません。

なぜなら、大きな投資失敗からの復活を経験していないからです。

 

とはいえ、⬆の失敗(厳密には完全に失敗といえないものもある)でもなにかしら自身の身にはなっています。

 

仮想通貨に投資して撤退した経験

 

仮想通貨

当ブログでも何回か話したことあるんですけど、そのあたりの話は⬇からどうぞ。

仮想通貨

仮想通貨を買っていた

 

ざっくりいえば、仮想通貨熱がピークに達していたころに仮想通貨に参戦しました。

 

高値づかみしてしまったんですね。

投資していたのは、3つだけ。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ネム

 

仮想通貨流出事件とかいろいろ不祥事が立て続けに起こって一気に暴落!

その後今現在に至るまで、ぱぺまぺがつかんでしまった価格まで上昇することはありませんでした。

 

今後数年後にまた上昇するかもしれませんが、株式投資のように保証するものがないので・・・。

というわけで、やっぱりよくわからないものに投資するのはよくない、という教訓でした。

 

ぶっちゃけ保有していた3銘柄も、いまだにその性質はよく分かってないんですよ笑

 

IPO投資で高値買いした

 

ソフトバンクのIPO上場に当選して、売却するつもりがそのまま保有してしまったという経緯。

詳細は⬇の記事からみれます。

ソフトバンクIPOに参加した結果

 

はからずもソフトバンク株ホルダーになってしまいました。

携帯電話の契約会社auなのに・・・。

幸いにも、買ったときよりも値上がりしたタイミングがあったので、無事プラスで売却することができました。

 

投資やり始めに高コストな投信を買っていた

 

投資信託とか株式投資とかなにそれ?

みたいなマジの投資初期に買っていた、高コストな投資信託。

だいたい0.5%とか・・・。

毎月分配型に手を出さなかったのは、せめてもの救いですかね。

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコを高値買い

タバコ

 

タバコセクターが軒並み暴落するニュースが過去にありましたが、その直前ぐらいに買っていました。

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコに関しては以下の記事からどうぞ。

タバコ1

英国株式タバコセクター、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

 

今も含み損です、残念ながら。。。

こちらは投資失敗といえるかは正直微妙です。

配当利回りがなんと7.50%(2020年10月時点)という高配当銘柄になっちゃってます。

そんなに保有してなかったのがさらに残念・・・。

 

 

投資信託は時間かかるし、大きく儲けられない

 

インデックス投資、いわゆる市場平均に投資する感じなので、大きく勝つことはできませんが大きく負けることもありません。

だから勉強のために最初に投資するにしても投資信託が一番無難だと思うんですよね。

いきなり個別株なんかやるから、失敗したらやっぱり投資は恐い、なんていうイメージが出てしまう。

だから最初は個別株はやらないほうがいいです。

 

インデックス投資なら、ポートフォリオを確認するほどでもありません。

ある程度放置可能で、自動的に積立投資ができる設定も出来ますし。

毎日、毎週、毎月、毎曜日の積立投資指定も可能。

 

だれでも始められるのが、投資信託

 

ぱぺまぺは経済的知識なんてありません。

そういう普通の人でもできるのは投信だと思っています。

つみたてNISAみたいな非課税投資制度があることですから、これを利用して投資をしないというのはちょっと本当にもったいないなという感じなんですね。

投資をやるやらないの最終決断は本人にありますから、ぱぺまぺは強制もしないし強く推奨したりもしません。

 

自分がこれだ!、と思って投資した銘柄でも、やっぱり後から振り返ってみたら「失敗だったな・・・」、と思うときありませんかね?

 

  • これなら長期投資出来る
  • これなら継続投資でもOK

 

と思って投資した銘柄でも諸事情によって、それが急に変わることもあります。

人間の評価なんてそんなもの。

 

投資に失敗したら、「放置」と「売却」

 

そのときに失敗したな、と思ったとしても、時間が経って様子を見てみると「売らなくて良かった・・・」、となるパターンも考えられます。

長期投資するつもりで買った銘柄が、実は下落相場・暴落相場にめちゃくちゃ弱くて追加投資する気が1mmもおきない、とか、周りの評判だけでついつい買ってしまった銘柄とかもぱぺまぺ的に失敗のケースです。

失敗したなと思う銘柄は、失敗したと思ってすぐに売却するのではなくて、しばらく放置して様子を見るのがまずは最適かなと思います。

 

何があるかわからないので、追加投資はせずにしばらく放置してみる。

気力がある人ならば積み増しをしてもいいかもです。

しばらく放置してみて、もしかしたら自分の気が変わるかもしれない、銘柄がめちゃくちゃ株価が上がるかもしれない、追加投資したいと思うかもしれませんしね。

 

投資失敗した銘柄の取り扱い方

 

投資して失敗した銘柄ばかりになってしまうと、ポートフォリオがそれに埋め尽くされてしまいます。

そういうときは、ある程度売却してしまうと良いでしょう。

 

ぱぺまぺは、その銘柄がちょっとでもプラスになったら売却してしまいます。

変に欲をかかずに、売却です。

売却して得た資金は、自分の中で長期投資に値する銘柄に投資していきます。

個別株にしろETFにしろ投資信託にしろ、失敗したなと思っても、それはしょうがないことです。

最初からうまくはいきませんからね。

 

試しに投資してみて、ダメだなと思ったら売却すればいいし、もしくは様子を見るとかして、うまくいきそうであればそのまま継続して投資していけばいいだけのカンタンな話です。

一度買った銘柄を投資し続けなければならないというわけでもないし、売却してはいけないというわけでもありませんからね。

下記のことを実践してみて、それから取り扱いを決めてからでも遅くはありません。

  • しばらく放置して様子を見る
  • プラスに転じたら売却する

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。