投資の基本:分散投資

投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは投資初心者ですが、一応は、分散投資を心がけています。

分散投資は、投資の基本中の基本だと考えています。

 

集中投資はある特定の銘柄にだけ投資するような投資法ですが、それの逆が分散投資。

 

ぱぺまぺは、国際分散投資派です。

分散投資が投資の王道だと思っています。

米国株式が魅力的ですが、最近はそこに集中的に投資している人も結構目立ちます。

実際、国際分散投資しているぱぺまぺも米国株をメインにした投資といいますか、分散投資でも米国がかなり含まれています。

 

それでも、ぱぺまぺが他人に投資をすすめるなら、国際分散投資です。

ただし、米国に主軸をおいた分散投資ですが。

 

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

 

分散投資が、投資の基本形にして王道です。

 

分散投資は、特定の銘柄ではなく幅広い地域や国、銘柄に投資する投資法です。

分散投資をする意義はいくつかあげられます。

  • 大きく儲けることはできないが、負けにくい
  • リスクを回避し、他でカバーする
  • 先を読んで投資する、というのは多くの人はできないという事実

 

分散投資は、勝ちにくいが負けにくい。

 

投資をするとなると、特に投資をやったことがない人は投資で一発大もうけ!というのを期待してやります。

そして、投資に失敗すると、借金を負う!みたいなイメージ。

間違いではないんですが、そもそも目的をはき違えてるわけです。

投資で大もうけ、なんて考えはギャンブルですよね。

ギャンブルといっしょ。

 

ぱぺまぺは、ギャンブルと投資は別というスタンスですが、⬆の考えはギャンブルといっしょです。

 

ぱぺまぺの考える投資は、資産形成をするためのツール、みたいなものですかね。

この先、貯金や年金だけではくっていけないとマジで思っています。

 

だから投資をやっているわけですけど、ぱぺまぺはド素人。

個別株の分析なんてできません。

どの銘柄が勝つとか負けるとかよくわからない。

 

だから、分散投資を心がけているのです。

どこが勝つとか負けるがわからないから、平均をとりにいくみたいな感じです。

 

ある特定の地域、国の成績が不良であろうと、他が良ければある程度はカバーできます。

特定の地域にのみ投資している場合だと、(例えば特定の個別株のみ)そこがダメになったときのダメージが計り知れません。

いずれ戻ると解っていても、精神的に耐えられそうもないです。

 

余所でカバーしてもらうことで、安心に投資しているみたいなもんです。

とはいえ、分散しすぎてもリターンが落ちることもありますが。

分散投資しよーぜといっている割には、ぱぺまぺ自身のポートフォリオはだいぶ米国に偏ってます。

 

国としてみれば偏っていますが、その大半が、S&P500に投資する商品ばかりです。

米国の大型株式500銘柄で構成されるS&P500。

米国の企業自体が、世界中のあらゆるところで事業を展開しているので、コレ一本である意味で分散投資できています。

 

国際分散投資≒6割米国入ってます

 

なんやかんやいって、今のところ米国株式に投資することが最適解のひとつです。

基本的に右肩上がりで、ときには大きく下がるときもありますが、そのときは世界中下がります。

分散投資の意味ないですが笑

 

分散投資って何だったの?といいたいぐらいの影響力なんですが、それでも米国株式をあくまでメインにし、分散投資を心がけるようにしたほうがいいです。

  • 米国株式の経済的成長がいつまで続くかわからない
  • 単一国投資はリスク分散の意味ではよろしくない

 

集中的に一つの国に資金を投入するのは実はあんまりよろしくありません.

だから分散投資していきましょうということなんですけどね。

 

分散しておけばいい、というわけでもない

 

最近は考えが変わってきていて、国際分散投資といいつつも地域的な分散の偏りはしています。

分散投資のデメリットとして、リターンのよろしくない・成績の良くない地域や国にまで投資してしまうということが挙げられます。

 

せっかく米国株式がいい成績を出しているのに、成績が悪い地域・国のせいでせっかくのリターンがマイナス方向に振れてしまう。

学校で例えれば、いくら成績優秀な生徒がテストで高成績を取ったとしても、それ以外の生徒の成績がパッとしないと全体的な平均点は下がってしまいます。

それと似たようなものです。

 

もちろん、投資している地域全てが好成績を残してくれたらいいんですがそうとは限りません。

とはいえ、 こちら側で投資しない地域を選定することで、リターンの良くない地域を排除することも可能です。

ぱぺまぺは、

  • 新興国株式
  • 日本株式

 

の2つはメインでは投資しないことにしてます。

 

先進国株式のように米国も含めた感じで分散投資を勧めます。

米国株式が優れているから単一国投資したくなる気持ちは重々わかりますがね。

 

資金が少ないのに分散投資しすぎた

 

ぱぺまぺは国際分散投資推奨派ですが、 なんでもかんでも分散しとけばいいというわけではないです。

特に、資金が少ない投資家ならば、銘柄をあまり分散しても効率が悪いです。

 

分散投資は、例えば株式クラスだけでなくて債券やリートなど資産クラスを持ったり、個別株でいえば 一つのセクターだけじゃなくて複数のセクターを同時に持ったり。

投資信託だったら先進国株式投信の他に、新興国や日本などの投信をもったり、という感じですね。

 

国際分散投資のデメリットは、リターンのよくない地域にまで投資をしてしまうということです。

時期やタイミングによってどこがいいのかわからないからとりあえず分散投資しておく、という感じのスタンスで最近までは投資していたのですけど。

分散投資をしまくっても意味がなかったなーという感覚なんですね。

下がる時は全部下がります。

 

 

急に分散投資をやめることもできないし、同じ分散投資をするんだったらVTなどの世界株式系ETFやそれ関係の世界株式投信とか持ってたって同じだったんですよね。

せっかくリターンが良い成績を出しても悪い所があったらそいつらが足を引っ張ってしまうと。

それが分散投資しすぎる時の注意です。

 

限定的な分散投資「先進国株式+米国株式」で。

 

米国株式と先進国株式に投資しておくのが、とりあえず最適じゃないかなと考えています。

米国株式に投資しない、というのはほぼほぼありえないです。

世界の半分から6割を通じているアメリカ様ですから、アメリカに投資しないというのはあり得ないんですね。

 

新興国株式にも期待して安定したところに投資したいですが、、、

先進国よりも政情不安定な国もそこそこ多い印象です。

目の前にある程度安定した収益が出せる国々があるのならそちらに資金を傾けるべきと考えています。

ぱぺまぺは資金が多い投資家とはいえませんから、なるべくなら限られた資金を効率的に運用したい。

 

新興国の未知の成長よりも、ひとまずは安定して収益が出せる先進国株式の方が良いのではないかと。

ちなみに日本株式は、先進国ではあるのですがあまり将来に期待をしていません。

今ぐらいがピークじゃないかなと考えていて、多分またさらに下がっていくのではと・・・。

円建てで生活している以上過度に日本株式に資金を投じるのもよろしくないかなというのもありますね。

 

なんでもかんでも分散投資をするのも少々考えもので、地域的・限定的な分散投資は必要なのではないかと考えています。

 

特定の地域・国にだけ分散投資する

 

ちなみに、資金が潤沢にあるならばともかく、資金が少ないのであれば、あえて分散投資をあちこちする必要もないです。

どうせするなら、限定、つまり特定の地域や国にだけ分散投資していけばいいんじゃないかと。

 

年間3%の利回りを持つ商品に、100万円投資して得られる利益は3万円というこの投資の世界。

どれだけ多くの資金を良い商品に投資できるか、というのがこの世界ですね。

それなのに分散投資の名のもとに、色々な投資商品に手を出しすぎて金が足りなくなる。

元々投資資金が少ないのに分散投資させすぎたらどう考えたって資金が足りなくなるに決まってますよね。

 

いくら分散投資といっても資金が少ないのなら、なるべく分散投資先を絞って投資した方がいいんじゃないかと考えています。

ちょっと前のぱぺまぺだったら分散投資といえばやっぱり色んな所に分散投資しておきたいので、

  • 日本株式
  • 新興国株式
  • 先進国株式
  • 米国株式
  • リート
  • 日本債券

なんて感じであちこち投資していました。

 

今となっては

  • 先進国株式
  • 米国株式

 

の2つだけに絞っています。

 

こういうのを最初のうちに色々やっておかないと、後からやっぱり今までのは間違っていた、なんて 20年も投資してから気づいたのでは遅いですしね。

最初のうちは考え方、やり方、自分的に間違っていたと思うなら修正した方がいいです。

 

先進国株式と米国株式にだけ限定投資

 

結局暴落するなら現金が最強で、上のもので削ったのも、

  • 日本株式・・・今がピークぐらいで、後は下がっていくのでは?
  • 新興国株式・・・政情不安経済不安。
  • 日本債券・・・リターンが元々低すぎる
  • コモディティ・・・配当金、分配金なし。手数料も高い。
  • リート・・・長期的にみれば、株式のほうがリターンが上

 

消去法で残った先進国株式と米国株式だけでいいのかなとも考えているわけです。

むろん先進国株式や米国株式にリスクはないのかといわれればありますが、上記比べればまだ、という感じです。

どうせ投資するんだったらいいところに投資しなるべく資金を投入した方がいいじゃないですか。

ちなみに米国株式と先進国株式でポートフォリオを組むと、ほぼほぼ米国なんですよね。

なぜなら先進国株式の6割ぐらいが米国で構成されているからです。

 

米国が多いよ、ということであれば欧州株式型の投信やETFに投資してバランスをとるのもいいかもしれません。

ぱぺまぺは資金が少ないし、なるべく今後も効率的に投資資金を運用していきたいと考えています。

上記の米国株式と先進国株式に分散投資して、これが正しいかどうかの答えがわかるのはに30年後、ということにしておきますか。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。