いまいち高配当個別株式投資に乗り切れない理由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは高配当個別株投資は今現在はやっていません。

つみたてNISAによる投資信託、もしくは特定口座の投資信託、 ETF投資がほぼほぼメインですね。

 

理由は単純。

30年継続してその銘柄に、どんな理由があっても投資をし続けられる自信がないからです。

 

高配当個別株投資がいまいち乗り切れない理由

 

結局のところは、上記の理由に最終的に行き着くのですが、それに付随する理由としましては、

  • ETFや投資信託に投資しているのが非常に楽

ということです。

 

高配当個別株式投資に乗り換えるのが億劫と言うかめんどくさい笑

あとはETFも投資信託も投資しているので高配当個別株に資金を回すことができないです。

 

いかなる理由があってもその個別株を30年続けて投資し続ける自信がないです。

このいかなる理由があっても、ということはぱぺまぺが投資を辞める予定の30年の間に、

  • 企業の倒産
  • スキャンダルがあって株価がめちゃくちゃ暴落
  • 高配当だった銘柄が無配当に転落

とかそういうパターンが十分に考えられるからです。

 

配当を期待して投資していたのに何かの理由があって無配当になっても継続して投資できる自信がありません。

 

要は自分が継続できる投資かどうかが重要

 

給料の中から僅かばかりの投資資金を捻出しても毎月毎月投資しているわけですから、やっぱりなるべくなら損をしたくないと思います。

 

なのでやっぱりどうしても個別株に関しては余計にそう思ってしまうんですね。

 

ETFや投資信託などはその辺はあまり考えることがありません。

 

インデックス投資は、大きく勝てる可能性がないぶん負ける可能性も少ないと考えています。

それゆえに投資や経済の知識がなくても投資ができる便利な商品ともいえます。

そして初心者向きともいえます。

 

高配当個別株投資は、インデックスに勝てる可能性があるぶん負ける可能性もあります。

必ずしも勝てるとは限らないんですよね。

 

まあ、ぱぺまぺは勝負する必要はそもそもないと思っていますがね。

それだったら最初から投資しない方がいい、という感じになってしまうんですね。

ぶっちゃけいえばぱぺまぺのようにほとんど毎月20万円以下の給料をもらって少ない給料をなんとかやりくりしてやっているくらいの人であれば、インデックス投資で十分だと考えます。

もう高配当個別株投資は、もはや趣味の領域といってもいいと思います。

 

資産形成をするだけだったら、S&P500のような代表的なインデックス投資に投資し続けるだけでも十分なんですよね。

それ以上のことをやろうとするのはもはや趣味の領域と言っても過言ではないと思っています。

米国株投資界隈ではやっぱり個別株投資は人気だし、ぱぺまぺもたまには高配当個別株投資やってみたいなというのはあるんですよね。

ただ、継続できなきゃ意味がないです。

前にやっていた時の銘柄は、大半売却してしまいました。

今残っているのは未だにマイナスになっているブリティッシュ・アメリカン・タバコぐらいなものです。

もしぱぺまぺが高配当個別株投資を本気でやりたいと思っているならば、今マイナスで安い値段で買えるブリティッシュ・アメリカン・タバコを買っているはずですが、それをしていません。

ETFがマイナスになれば買いたいとは思いますが、ブリティッシュ・アメリカン・タバコを買いたいとはなかなか思えないです。

その辺がやっぱりインデックス投資と高配当個別株に関する関してのぱぺまぺの立ち位置というか、スタンスが違うわけですね。

個別株投資をやりたいと思っているならばブリティッシュ・アメリカン・タバコに投資しているはずですが、それをやっていないということは、ぱぺまぺは個別株投資はあまり好きではないという結論なんですね。

値段が安くなりすぎて逆に投資するのが怖いという現象を受けてしまっているわけです。

まあこの辺は 投資をやっている人だったらだれでも経験することなんですけどね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。