投資はギャンブルなのか

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、ギャンブルの類いはいっさいやりません。

ぱぺまぺは自分がギャンブルのセンスだとか運だとかそういうものが、いっさいないと思っているので、やらないほうがいいのです。

 

ギャンブルにお金を出すなら、投資信託やETFにお金を出した方がいい、と考えています。

投資は投資、ギャンブルはギャンブルなんですが、人によっては投資はギャンブル!と思う人がいるみたいです。

 

ぱぺまぺは、投資とギャンブルは別物である、と考えます。

 

投資はギャンブルか

 

ぱぺまぺはギャンブルと投資は別ものである、と考えます。

自分のお金をどこかに預けて、お金を増やしたり減らしたり、という点は共通していますが。

 

ギャンブルは、一発当てれば、大もうけ出来る可能性がありますね。

その反面、負ければゼロです。

 

ギャンブルは運要素がたいぶ絡んでいるし、研究していても運要素で負ける場合もあります。

あとは胴元が勝つようにできている、というのがいただけませんね。。。

 

短時間で金持ちになる可能性は、ギャンブルのほうが分があるかもですね。

勝てれば、の話ですが。

 

一方で投資は、そこまで投資のことを研究しなくとも、

  • 分散積立投資
  • 先進国株式or米国株式
  • 配当再投資

 

これらを淡々と実践すれば自然と資産を増やすことができます。

一時的にマイナスになったり、資産が半分になるときがあるかもしれませんが、そこは慌てず。

 

狼狽売りとかしなければだいじょうぶです。

基本的に右肩上がり(という前提)なので待っていれば半分に減った資産は回復します。

 

むしろ、マイナスになった時期に追加投資すれば、回復したときにさらに大きく資産を伸ばすことができます。

その点、ギャンブルに比べると金持ちになるには時間がかかりますが。

 

ギャンブルは「命がけ」?

 

ぱぺまぺの知り合いで、競馬好きな人がいるんですが、その人いわく、「競馬は投資」らしいですね。

さらまたパチンコ好きな人がいるんですが、その人いわく「ギャンブルは命がけ」らしいです。

 

奥さんからのお小遣いをやりくりして、ギャンブルして、増えた分を自分のお小遣いにする、という感じらしいですね。

 

負けたらお小遣いが減るから遊べない、とか。

まあある意味「命がけ」なのかもしれませんね笑

 

ギャンブルが命がけ、という考えはなんとなくわかります。

負ければお金はゼロになってしまいますからね。

 

いちどだけぱぺまぺはパチンコやったことありますが、、、

パチンコの玉1つ1つが飲まれてしまうのをみると、お金を削られるという感覚に襲われてダメですね。。。

ぱぺまぺ的には心臓に悪いので二度とやりません。

 

アレに給料のほとんどをつぎ込む人も世の中にはいるわけですから、恐ろしい世界です。

 

命がけ、というとかっこいいのかもしれませんが、わざわざそんな危険なリスクを自らやる必要はないかな、と。

 

命をかけなくとも、淡々と投資をすればお金を増やすことは十分可能性です。

今日明日遊ぶお金がほしい、ということであればギャンブル推しですが。

 

ぱぺまぺとしては、ギャンブルをやるお金をそっくりそのまま投資信託なりETFなり買った方が長期的にみて非常にお得なんですけどね。

ただ、ギャンブルする人はどちらかというと短期的な目線なので、むしろ長期投資とか向いていないのかもしれません。

 

少なくともぱぺまぺの知り合いでギャンブルする人は、投資のやり方、証券口座の開き方とかまったくもっていっさい知らないので、現状維持のままこれから先数十年やり続けるんだろうなあと。

 

ぱぺまぺは投資とギャンブルは別であると考えているし、ギャンブルはこの先もやる予定はありません。

ギャンブルにつぎ込むお金がもったいないので。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。