投資を継続するためのマインド紹介します。

投資マインド 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは社畜しながら投資とブログを継続しています。

超絶ざっくりですが、⬇のような感じです。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→1日1記事更新、半年で100記事達成

・低年収✕投資家✕ブロガー

 

ぱぺまぺは投資信託をメインとして投資を始めました。

なんだかんだいって1年以上継続しています。

 

毎月の給料から証券口座への入金ぐらいで、あとはほぼほったらかしです。

 

この1年以上継続の投資の間に、投資や世界市場ではいろいろイベントがありましたが、特段気にすることなくやってます。

 

そんなぱぺまぺの、投資を継続するためのマインドを紹介します。

 

結論的には、投資を日常の一部として考えます。

日常の一部、空気の一部です。

朝起きて、ご飯をたべて、社畜しに仕事にいく。

そのルーチンといっしょです。

 

むしろルーチンの一部ですね。

ぱぺまぺが投資に関してやっていることといえば、

  • 毎月の給料から、積立投資分の資金を証券口座&ネットバンクに移動。
  • 1日1回、ポートフォリオ成績を確認する
  • ワンタップバイは、数日にわけで1000円ずつ投資
  • ETFは、指値注文しておいて放置

 

これだけです。

あらたに銘柄を増やす予定もないので、このままです。

 

そのうちプラスに転じたら売却する予定の銘柄がいくつかありますが、今すぐどうなるものでもないので、気長に待ってます。

 

 

ポートフォリオ成績は、確認するだけ。

今日はマイナスだったのか、プラスだったのか。

 

まるで今日のテレビは何をやるのかな、と新聞でテレビ欄を確認するがごとくです。

 

どうせ今日はプラスでも明日はマイナスになってる(逆もある)ので、基本的に気にせず放置です。

 

株価暴落のニュースは、「よくあること」だと思うこと

投資信託にしろETFにしろ、ぱぺまぺが保有している銘柄は商品それ自体が分散投資になっています。

 

分散投資していれば、どこかの企業はなにかしらの問題で株価が下がったりします。

それは一投資家であるこちらでは干渉することはできません。

 

どうすることもできないんですよね。

 

だったら気にするだけ時間のムダです。

ぱぺまぺも人間なんで、たしかに保有銘柄が超下落していたら精神的動揺が隠せないですが。

 

しかし、例えばぱぺまぺが保有しているブリティッシュアメリカンタバコなんか含み損の状態がずっと続いていますが、もう今ではまったく気にしなくなってしまいました。

タバコ1

英国株式タバコセクター、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

2019年1月9日

 

最初はしょうがないです。

だって一応は、儲かると思って投資しているわけですから。

とはいえ、株価が下落しすぎて超高配当銘柄になっているのは皮肉な話です。

 

人間慣れてしまえばどうとでもなる、ということはわかりました。

最初は気にしてしまうかもしれませんが、いずれは株価が戻ると思って保有していれば、多少の下落でも気にならなくなりますよ。

 

まあなるべくなら経済のニュースは見ない方が精神的にいいのかもしれませんね。

貯金をしているのと同じ感覚で投資します

マインド

 

 

ぱぺまぺは、貯金が好きなのでそれと同じ感覚で投資していますね。

そのあたりの話を、⬇の記事で紹介しています。

インデックス投資は、貯金のように好きにやる

2019年1月7日

 

投資と貯金は別物ですが、資産形成のツールとしては大変重要です。

日本人は、ギャンブル好きでもありますが、同時に貯金も大好きです。

 

なので貯金が好きな人はそれと同じ感覚で投資もやってみたら?という感じですね。

ただし、当たり前ですが、

  • 投資は、自己責任
  • 投資は、元本が保証されません
  • 投資は、大きく増やせるが、逆もしかり。

 

という点は必ず頭にいれておいてください。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。