もっていた投資のマイナスイメージは捨てた

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺの投資歴は1年とか2年とか、その程度のものなんですが、それ以前にもっていた、投資をやる前のイメージは、今はだいぶ変わっています。

 

投資をやらずに想像していただけのものと、実際に自分で投資をやるのとではやっぱり違いますね。

投資をやる前に持っていたマイナスイメージは、基本的に捨てました。

 

投資のマイナスイメージはとっくに捨てた

ぱぺまぺがかつてもっていた、投資に対するマイナスイメージの第一が、投資はギャンブル、というものでした。

 

ぱぺまぺは、投資はギャンブルとは違うというスタンスです。

 

ギャンブルは基本的にマイナスサムゲーム・ゼロサムゲームだと思っています。

ギャンブルに参加した瞬間、負けるみたいな感じですね。

 

運が良ければ勝てるかもしれませんが、運に左右されるというのがいただけません。

 

投資の方は、プラスサムゲームです。

市場が右肩上がりで成長し続ける、という前提に立てば投資に参加すれば、だれでも資産を築くとのことができます。

 

最もそれでもある程度の知識が必要ですが、それだってギャンブルのように運に左右されるわけではありません。

 

投資で負けたら借金か

投資で負けたら借金するとか思っていました。

 

投資している銘柄が、倒産したりとかしたら紙くずにはなりますがね。

基本的に借金はしないです。

 

なぜなら、失うのは自分が投資したお金だけだからです。

よそから借りたお金で投資をした、というならまだしも、自分のお金で投資しているのなら、仮に失っても自分が出したぶんのお金だけですよ。

 

これが例えば、レバレッジをかけた投資であれば 自分の資金以上のものは失う可能性も十分あり得ますが、通常の投資であれば失うのは自分が出したお金だけです。

 

投資に対するイメージが、少なくともぱぺまぺ自身はだいぶいい方向に変わりました。

そして依然として、ぱぺまぺの周囲では投資に対するイメージがかつてぱぺまぺが持っていたものをみんな持っているんですね。

 

そしてそういう人たちに限って、投資をやっていません。

 

まあ別に投資のマイナスイメージを捨てろ、と強制するつもりはありません。

むしろ、そのままマイナスイメージを持ったまま、ギャンブルでもなんでもしてでもかまいません。

 

運が良ければ、ギャンブルで資産を築くことができるかもしれません。

 

ただ、ぱぺまぺはそのあいだに、着々と資産形成していくだけなので。。。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。