しなくていい投資はやらなくていい

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

しなくていい投資はやらなくてOKです。

仕事や日常ではやらなくていいことは やらないことを決めるのはいいこととされています。

投資においても資金が少なければ、やらなくていい投資はやらなくてたいいです

やらない投資を決めておく

当たり前のように、リスクの観点から集中投資よりも分散投資です。

ですが、資金が少ない投資家があらゆる資産クラスに分散投資するのは、それこそ ETFや投資信託でも使わない限りムリです。

  • 株式
  • 債券
  • コモディティ
  • リート

の中で最も長期的にリターンが良いとされるのは株式です。

なので、株式以外の資産クラスはとりあえず置いておいて、株式に資金を投入しましょう。

ぱぺまぺはソーシャルレンディングやってみたり、純金投資に興味あったりしたんですが、結局辞めたりやってなかったりです。

これらの投資は、資金が多くなってからやろうかと。

他の資産クラスへの投資も同様です。

資金が少ないのにそれを分散するのはどうなんだ

投資は、優良な銘柄にいかにいかに多くの資金を投入できるかにかかっています。

ただでさえ少ないぱぺまぺのような一般貧乏投資家は、あちこちの資産クラスに分散投資してしまうと、一つあたりの 投資効率が悪くなります。

ならば過度に分散投資をするのではなくて、せめて商品自体はが分散投資されるものに投資する。

つまり、ETFや投資信託のことですね。

しかも株式の商品に資金を集中的に投資するのが最適だと思います。

少なくとも投資初期段階、資産形成段階においては、投資はなるべく早く始めた方がいいです。

市場は右肩上がりの原則で伸びていく前提に従えば、ですが。

つまり、最も長期で成績が良いとされる株式になるべく早く資金を投入したほうが効率的です。

なので、やる投資は簡単。

  • 株式クラスのETFや投資信託など

です。

まあ株式といっても

  • 日本株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 米国株式

など多々ありますが、ぱぺまぺの中でおすすめなのは先進国株式と米国株式の二つです。

米国株式は世界市場の半分から6割を占め、そこに集中的に投資しつつ、先進国株式にも分散投資しておく、という感じです。

米国は絶対外せません。

日本株式は、まあぶっちゃけぱぺまぺのは中では今ぐらいがピークで、あとはもう下り坂なのかな、と勝手に思ってます。

新興国株式に投資はお好みで。

ただ、ぱぺまぺは新興国に投資する資金あるなら米国か先進国株式に投資しちゃいますが。

しなくていい投資は、個人の自由です

どこの商品にいくら投資しようがその人の自由なので別にいいんですけど。

ただ投資資金が少ないのにあまりにも色んな銘柄を買いすぎている人も結構多いかなという印象です。

買って自分のものにしたくなる欲があるのはわかりますけどね笑

あと個別株はあんまりおすすめしないかなと。

資産形成初期段階では、というのはつまり投資をやったことがない、なにがなんだかわからん状態からやり始めるわけですから、やっぱりいろいろ買っちゃうんですよねたぶん。

で、マイナスになったとき耐えられなくて売り、撤退と…

もしそういうふうにしているなら、最初のうちはいっぱい買って、だんだんと数を減らしていくのもいいかもしれません。

売却した資金を、また違う保有銘柄に投資する。

運用資金には限りがありますから、やらない投資を決めておけば、投資資金を集中的に運用することができます。

参考までに、ぱぺまぺがやらない投資は、

  • 個別株式投資
  • FX
  • 新興国投資
  • 債券投資
  • コモディティ投資
  • ソーシャルレンディング

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。