配当金・分配金減配しても平気

投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、もともと配当金・分配金目的で投資をやっていたわけではないので、仮に減配・無配になったとしても大したダメージではありません。

20~30年後に売却したとき、儲かっていればそれでOKと考えています。

 

配当を目的としない投資をすると、たとえ無配・減配になったとしてもたいしたダメージではありません。

投資をする上で、投資をする目的の一つに配当金が欲しいから、というのはあると思います。

ぱぺまぺのように投資資金が少ない場合は、そもそも高配当株式投資はおまけとしてやるべきで、基本的には投資信託やETFなどに幅広く分散投資していくのがよろしいのではと考えます。

 

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

配当金・分配金を目的としない投資戦略

 

なるべく高配当株式に投資して配当金を得てそれをそのまま再投資する、いわゆる高配当株式投資戦略があります。

基本的に、投資初心者は高配当個別株に手を出すべきではありません。

個別株に関しては手数料の値下がりがあり、前よりはとても買いやすい状況にはなりました。

米国株式の調子がいいときはともかくとしても、リーマンショックやらコロナショックやらなどそういった下落局面においても通常通り投資できるかという問題があります。

 

高配当株式投資をするということは、少なからず配当金生活に憧れて投資することと思います。

パぺまぺの場合は、分配金・配当金がなかろうが、もらえたらラッキー程度に思っているぐらいなので、なくてもいいか。。。という感じでした。

 

高配当株式投資だったり、配当金を目的とした投資だったりすると、配当金・分配金が無配、減配なったときに非常に困るわけです。

特に、日本の株式商品は、米国のものと比べると減配・無配になることも多いですから。

だからどちらかというと米国株式投資をすすめたりするんですけど、米国の個別株式投資は、初心者にはちょっと敷居が高すぎる。

 

ということで、ぱぺまぺは投資信託をメインとした投資をいつもおすすめしているわけです。

ぱぺまぺが今やっている投資は主に配当金を目的とした投資戦略ではありません。

インデックス投資ばかりで、いわゆる高配当株式投資戦略をとっているわけではありません。

 

なのでそういう戦略をとっている以上、 配当金の額が上がろうが下がろうが特に気にすることはありません。

投資信託だったら、分配金が出ないのもありますし、ちょっとやそっとで成績がすぐには出ないです。

20~30年先の話になるのでじっくり取り組むのにはいいんじゃないかと。

 

どんな相場状況でも継続的に買い続けられる銘柄に投資しよう

含み損辛い

暴落しても投資したい銘柄こそ投資する

 

今となってはどんな大企業であってもいきなり倒産する可能性もあります。

 

配当金狙いで投資しているのに減配する可能性もあるし、無配当に転落する可能性も十分にありえます。

それでもその株に投資できるか、と。

 

元々高配当株式投資している投資家であればそんなこと気にせず投資を続けるのでしょうが、投資初心者にはそれがちょっと厳しいかなという感じです。

ほんとのところいうと投資初心者でなくても厳しいんですけどね。

 

ぱぺまぺは投資の王道は分散投資と思っており、潤沢な投資資金があるならば高配当個別株をやってもいいと思います。

ですが、今から投資に興味を持って投資を始めてみようと思ったぐらいであれば、まずは投資信託やETFなど幅広く投資できる商品に投資したほうが正解です。

 

ETFは高配当個別株ほど高い回りを持っているわけでもなく、投信に至っては配当が出ないものもありますしね。

商品それ自体は分散投資しているのと同じようなものなので、どこかの企業が倒産しても安心です。

そのためには商品自体の資産額も重要になってきます。

投資信託は100円から買うことができるため、かなり投資に対するハードルを心理的にも金銭的にも下げられると考えます。

 

市場平均に投資するわけですから、大きく勝つことはできませんが負けることもそこそこないです。

つまり無難に投資することができます。

 

インデックス投資で無難にいくのが最適です。

 

投資信託配当金を目的としていない投資を元からしているので、たとえ減配・無配になったとしても大したダメージではありません。

どんな大企業であっても、景気が悪くなると配当金がなくなってしまったり、少なくなってしまったりすることはよくあることです。

 

なので、これから投資をする人はその点をよく踏まえて投資を始めるようにしましょう。

おすすめなのはETFも買って投資信託も買う、のはいいかなと思います。

 

個別株よりはETFのほうが自分的にはお勧めです。

ETFでも分配金はもらえますので、投資をやってる気分が味わえます。

でも基本的には投資信託一本でも十分かなとは考えています。

配当金分配金が元々出ないから、期待のしようもありません。

 

配当金再投資戦略の問題点

 

インデックス投資が優れているとか、配当高配当株式投資戦略の方がいいとかそういうどちらの投資法がいいとかいうつもりはありません。

 

ここであえて配当金再投資戦略の問題点を挙げるなら、

 

  • 資産形成初期段階では配当金の額が微々たるもの
  • 20年~30年スパンで高配当株式投資を継続できるか
  • 実際の配当金生活を実現するのは厳しい
  • 企業側の無配当、減配リスク

 

などが考えられます。

ぱぺまぺは配当金生活を目指しているわけではないので、もちろんできたら嬉しいですが、配当金生活を目指しているわけではないのでそもそも高配当株式には投資していません。

配当金生活を実現するためには、5000万ぐらいの資金が必要らしいです。。

 

個別株投資リスクは、個人にはどうにもならないこともある

 

どんなに優良で優秀な銘柄であっても、30年後はどうなっているか分かりません。

だから今と同じように配当利回りを維持した状態ができるどうかというのがありますね。

  • スキャンダル
  • 株式市場の暴落
  • 事業の業績の大幅悪化

 

などいろいろありますが、それは我々個人投資家にはどうすることもできない要因です。

そのリスクは、こちらがいくら注意したって避けようがないです。

 

高配当株式投資はひたすら続けていけばもらえる配当金も大きくなっていくのは分かりますが、果たして30年続けられるかどうか 。

こちらは自分自身の問題です。

 

例えば、結婚だったり子供が生まれたり 家を買ったり車を買ったりまあ色々あると思いますが、そういったライフイベントをを通り越してもその投資を続けられるか。

また、自分自身が変わらずその銘柄に投資し続けられるかというのもあります。

 

企業側のリスクはコントロールできませんが、こちらはある程度自分でコントロールすることは可能です。

こういったライブイベントはつきものですから、その時にいつもと変わらない お金のやりくりできるかな、と。

ライフイベントを優先するあまり投資の方はいつしか辞めてしまうというパターンも十分考えられます 。

 

投資方法云々よりも継続しやすさを重視するべき

 

つまり普通の人は投資をやるんだったら高配当株式投資ではなく、インデックス投資のほうが継続しやすいのではないかと考えています

どちらの方が成績がいいとかはわかりませんが継続のしやすさという観点からいえばそちらのほうが無難のような気がします。

インデックス投資は、銘柄を選定する必要もなく、そもそも配当利回りが少ないです。

リスクが無くなる訳ではないが、ある程度希釈化されます。

 

まるでインデックス投資子至上主義のようにいってますがね。

高配当株式投資も両方やっていたんですけどどっちが続いたかといえばインデックス投資の方なんですね

この辺は人によって考え方や好みが違いますので一概にこれが正解というのはないんですけど。

上で挙げた理由によって、継続しやすかったりするわけですね

 

途中で投資を辞めてしまうたくないし 30年はひたすら投資をやっていくわけですからどうせやるなら継続のしやすさを狙った方がいいです

ぱぺまぺの場合はインデックス投資だったのでこちらを選びました。

ただ、投資ばかりに目を向けすぎず自身のライフイベントもこなしていくべきです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。