投資でマイ・ルールを定めた方が安定する

投資の優越感 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは社畜会社員ですが、同時に投資家です。

ぱぺまぺについてはおおざっぱにですが⬇を参照してください。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→2018年7月から1日1記事更新、コツコツやって200記事達成

・低年収な社畜✕投資家✕ブロガー

 

投資でマイ・ルール的なものを定めた方が、安定します。

というのも、特にこれらを定めないと上昇時、下落時に大きく精神が動揺してのちのち資金不足になるかも知れないのに投資してしまうものだからです。

 

資金的余力がある人はいいでしょうが、ぱぺまぺのように投資資金がない投資家はまさに貴重な種銭です。

 

なので貴重な資金をうまく使うためには、投資ルールを定めた方がいいです。

単純な投資ルールのほうが続きやすいです。

ぱぺまぺの投資ルールですが参考までに⬇のようなものです。

  • つみたてNISA・・・満額投資
  • ETF・・・手数料負けしない程度に資金を貯めてから投資する
  • 個別株(ワンタップバイなど)・・・評価損が大きい銘柄、均等投資で資金が少ない銘柄に投資する

 

これだけです。

これだけといいつつ3項目書いてますが、一番ルールっぽいのが3番目ですね。

 

つみたてNISAは年間で投資できる枠が決まっているので、満額投資したほうがお得です。

 

海外個別株、ETFはNISA口座出ない限り手数料負けを考慮しなければなりませんので、まとまった資金で投資すべきです。

 

1112ドル以上で投資するのがよろしいかと。

 

あんまり複雑な投資ルールにすると分析とかめんどうなので、ぱぺまぺはやりません。

投資は長期でやるものなんで、複雑にするとかえって挫折しそうです。

 

評価損、投資額が少ない銘柄に投資するルール

小難しいことはおいといて、単純に下落した銘柄を買った方が株数が多く買えるからですね。

 

安く買って高く売る、という基本原則にのって安くなっているときに買うだけです。

ワンタップバイ201904米国

 

⬆のは2019年4月時点のぱぺまぺのワンタップバイの投資成績です。

毎月の投資額(5000円)を決めているので、その限られた資金で上の成績をみながら次回投資する銘柄を考えるわけですね。

実際は投資する前の日に成績をみて、そのときの評価額で決めるわけです。

 

⬆の図だとIBMとコカ・コーラ、エクソンモービルあたりに投資することになりますね。

ただ、コカ・コーラの投資金額をみると他の銘柄よりも多いんですね。

ワンタップバイ201904

ワンタップバイではこのようにわかりやすく円グラフで確認することができます。

評価損益だけでみるとコカ・コーラにも投資したくなりますが、構成比率ではトップになっています。

 

 

ぱぺまぺは均等投資を目指しているので、コカ・コーラ、ファイザー、マクドナルド以外の銘柄に投資する、と決めるわけです。

投資資金は5000円と決めているので、4銘柄に均等投資しつつ、1銘柄だけ金額を多く投資する、というふうになるわけですね。

 

どれに投資するのか、悩むのも投資の楽しみです

ルールを定める

 

個別銘柄の分析が好きな人は独自の分析法で投資銘柄を決めたりしますが、ぱぺまぺはめんどうなのでやりません。

ワンタップバイは保有銘柄数も絞って投資資金も少なくしているので、ルールを定めることによってスムーズにどの銘柄に投資するのか決めることができます。

 

ですが、どの銘柄に投資するのか、あれこれ悩んで買うのも一興です。

あれこれ悩んで選んだ銘柄が上昇したら嬉しいですからね。

 

ただ下がるかも知れない。

だから悩むんですけどね。

 

それが投資の醍醐味なんですがね。

 

ぱぺまぺはその投資の醍醐味を味わいたいから、少額でもいいからワンタップバイで個別株投資をしているようなものです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。