少額投資家なら、投資銘柄は絞るべき

投資 投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、少額投資家です。

 

投資の世界のおいては、投資元本の多さが重要です。

しかし、そうはいってもぱぺまぺは年収200万程度しかない投資家です。

 

ぱぺまぺみたいな少額しか資金を用意できなくとも、今では100円から投資できるようになったのはいいですよね。

 

100円からできるといっても、あれもこれも投資していては効率が悪いです。

結論的には、銘柄を絞って投資するべきです。

 

少額資金なら、銘柄は絞るべき

 



銘柄は絞る、といっても個別株に投資しろというわけではありません。

先ほどもいったように、投資信託を買うのがおすすめです。

 

いくら資金がないといっても、100円から買えるわけですからそれぐらいなら用意できるはずです。

 

とはいえ、100円程度積立投資しても資産形成の観点からいえばほとんど意味がないです。

 

自分的に、これぐらいの金額だったら出せる、という金額で最初は始めるとよいです。

投資の感じをつかめたら、だんだんと金額を増やしていけばいいだけなので。

 

投資信託ならば、少額で分散投資可能です。

投資

ETFは投資信託よりも経費的に安いです。

しかし、

  • 積立投資設定ができる
  • なるべく少額から投資を始められる

 

という点から考えれば投資信託が最初はやりやすいです。

 

ちなみにETFも投資信託も分散投資可能です。

商品によりますが、

  • 先進国特化
  • 新興国特化
  • 全世界株式
  • 複数資産クラスバランス

 

などいろいろあります。

ぱぺまぺみたいな資金があまり用意できない投資家であっても日本の自宅にいながらあらゆる地域・国に投資できるわけですね。

 

よって、どの銘柄を買うべきかは投資信託がいいです。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

 

このあたりのメジャーなネット証券の口座を開いておけばだいじょうぶです。

 

投資信託は、最低でも2本投資する。

投資

投資信託1本でも十分分散投資はできます。

例えば、ぱぺまぺが持っているeMAXIS Slim先進国株式は、

 

こんな感じで投資信託1本で先進国株式に分散投資できます。

最も、先進国株式といいつつ米国にだいぶ偏っていますがね。

 

ただし、投資信託は複数もつべきです。

複数の投資信託を保有する理由

2018年12月7日

 

というのも、日本の投資信託は長期投資を謳いつつもその寿命が短かったりします。

平均すると7年弱ぐらいです。

 

ぱぺまぺが保有している銘柄が7年以上続くと思って投資していますが、1本では不安です。

いちおう、20~30年後に売却する予定なので7年程度で商品のほうが先に終わってしまっては困ります。

 

というわけで投資信託は1本ではなく複数持つべきです。

最低でも2本ですね。

 

ただし、内容は被らないようにしましょう。

2本買うなら、例えば

  • 先進国株式系投信
  • 新興国株式系投信

 

と違う地域や国に投資して分散投資していきましょう。

 

ぱぺまぺを例にいうと、

  • 米国株式投信
  • 先進国株式投信
  • 新興国株式投信
  • 日本株式投信
  • 中小型株式投信

 

とこんな感じで複数もってます。

すべてつみたてNISAです。

 

かりにこのなかのどれから7年で終わってしまっても5本のうちの1本ですからだいじょうぶです。

5本すべてが数年でおわるような代物ではないと信じたいですね。

 

投資信託の寿命が短いなら投資する意味がないのか、というとそんなわけでもなくて。

ただ漠然と貯金「だけ」しているよりは将来よっぽど金が残るような気がします。

浪費と貯金

少額投資でもやらないよりマシである

2019年7月24日

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。