少額投資家の少額投資の投資術

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは少額投資家です。

 

投資の世界のおいては、投資元本の多さが重要です。

しかし、そうはいってもぱぺまぺは年収200万程度しかない投資家です。

ぱぺまぺみたいな少額しか資金を用意できなくとも、今では100円から投資できるようになったのはいいですよね。

 

そんな少額投資家がとれる投資戦略は、配当金再投資戦略を取るならば、

  • コア(核)となる銘柄を決めて、それに配当金・分配金を全て捧げる
  • 最初は小さく始める

 

コア(核)となる銘柄を決めて、配当金再投資する

 

下は過去のツイートからです。

 

 

複数の銘柄に投資して配当金再投資戦略となると、少額投資では、投資効率が悪くてなかなか育たないんですよね。

そういう場合はある程度銘柄を絞ってそれに配当金・分配金をつぎ込んだ方がいいです。

今のところぱぺまぺの保有銘柄のうち、ドルを吐き出すのは、

  • VOO・・・米国の大型株500銘柄連動ETF、S&P500ETF。
  • VGK・・・欧州株式特化ETF。
  • BTI・・・ブリティッシュ・アメリカン・タバコ。英国株式、大手タバコ企業。

 

の3銘柄です。

 

ドル建てのコアとなる銘柄は、

  • VOO

 

です。

S&P500を盲信するわけではありませんが、鉄板銘柄の1つです。

円建てでも、コアとなる銘柄を決めて配当再投資。

 

円建てでも決めておきます。

ぱぺまぺが保有しているもので、円建てで分配金・配当金を吐き出すのは、

  • 1655・・・東証上場版S&P500ETF。1口、2400円程度で買える。
  • 1489・・・日本株式高配当銘柄50抽出したETF。いずれ売却予定

 

国内モノETFは、米国株、米国ETFと違って、年に2回しか配当だしません。

しかし、ぱぺまぺは円建てのほうは1655をメインにしているので、ある程度口数をもっていれば配当だけで1口賄うことができます。

1655分配金

1655公式より

 

 

1655を100口程度もっていれば、1600~1900円ぐらいになります。

少額でもできる配当再投資

 

ドル建てに関しては、VOOとBTI、もしくはVGKどれにも配当金再投資を実施するとなると、ちょっと厳しいです。

もしもインカムゲインの投資戦略をとっているのなら両方実施した方がいいんですが、ぱぺまぺはインカムよりもキャピタル狙いで投資しています。

というのも、ぱぺまぺはもともと収入があまり多くないので、投資資金もそれほど多く捻出できません。

そして、さらに将来的にも多くなるような見込みがあまりないので、それならば少ない投資資金でもできる投資戦略を取るしかなくなります。

 

少ない投資資金で高配当株に投資しても、もらえる分配金・配当金は雀の涙程度です。

全く意味がないわけではないですが、あんまりそれに重視してもしょうがないのかなという感じです。

それならばなるべく、配当よりも資産形成、つまりキャピタルメインの投資をしていくのがよろしいかと。

これが、VOOを核とする理由です。

 

1655は、いまはまだ登場したばかりなので1口価格安いですが、20~30年後にはもっと成長してるのではないかと。

1655株価

 

設定来からみれば、着実に積み上げています。

こんな感じで、ドル建てでも円建てでもコアとなる銘柄を決めてそちらに配当の全てを捧げる。

ぱぺまぺのような少額投資をせざる得ない投資家や、これから投資を始めようかと考えている人は、そういう投資戦略を取るのも一考の余地があるかと。

 

少額投資は、お試し投資の範囲内

 

残念ながら、どうしても資金をそれなりに投じないと大きなリターンを得ることができません。

ぱぺまぺはよく100円から投資信託買えます、といっています。

それは嘘ではなくて、本当に100円から投資信託の買うことはできます。

ただそれはあくまでも100円で投資信託を買える、というだけであって、100円で資産形成ができるわけではありません。

 

ちなみに、少額すぎる投資はまったく意味がないというわけではありません。

投資やったことがなくて、どんな感じか知りたいな、というときにやると有効な投資手法です。

  • 最初は、小さく始める

 

最初は100円とか500円、1000円など小さい金額ではじめて、だんだんと金額を大きくしていきます。

ぱぺまぺも最初の投資は5000円とか1万円から始めました。

 

少額すぎると、リターンが小さい

投資

 

仮に100万円を5%の利回りで運用していた場合ざっくりと年間で5万円増えることになります。

1000万だったら 50万円です。

ただこれが少額すぎる投資になると、1万円で500円、1000円で50円、100円で5円です。

こんな感じで、金額が少なすぎると大きなリターンを取れません。

 

やはり最初は小さく始めたとしてもある段階では金額を増やしていかざるを得ません。

少額投資はあくまでも、お試しでやる程度にとどめておきます。

投資信託ってどんな感じなんだろう?と疑問に思ったら100円とか1000円で試しに買ってみる、と。

他の商品はどうかな?とか比較する感じで投資してみたり、自分が投資したものがプラスになったりマイナスになったりするのを眺めたりして、だいたいこんな感じなんだ、ということがわかると思います。

 

それでしばらくやって慣れてきたら金額を増やすのです。

それでやってみて自分に合いそうもないな、と思ったらやめればいいのです。

その後も続けられればOKです。

 

少額資金なら、銘柄は絞るべき

 


 

銘柄は絞る、といっても個別株に投資しろというわけではありません。

先ほどもいったように、投資信託を買うのがおすすめです。

いくら資金がないといっても、100円から買えるわけですからそれぐらいなら用意できるはずです。

とはいえ、100円程度積立投資しても資産形成の観点からいえばほとんど意味がないです。

 

自分的に、これぐらいの金額だったら出せる、という金額で最初は始めるとよいです。

投資の感じをつかめたら、だんだんと金額を増やしていけばいいだけなので。

 

投資信託ならば、少額で分散投資可能です。

投資

ETFは投資信託よりも経費的に安いです。

しかし、

  • 積立投資設定ができる
  • なるべく少額から投資を始められる
  • ETFは、1口価格が商品ごとに決まっている

という点から考えれば、細かく金額を設定できる投資信託が、最初はやりやすいです。

 

ちなみにETFも投資信託も分散投資可能です。

商品によりますが、

  • 先進国特化
  • 新興国特化
  • 全世界株式
  • 複数資産クラスバランス

 

などいろいろあります。

 

投資信託は、最低でも2本投資する。

投資

投資信託1本でも十分分散投資はできます。

例えば、ぱぺまぺが持っているeMAXIS Slim先進国株式投信は、

 

こんな感じで投資信託1本で先進国株式に分散投資できます。

最も、先進国株式といいつつ米国にだいぶ偏っていますがね。

 

ただし、投資信託は複数もつべきです。

複数の投資信託を保有する理由

 

というのも、日本の投資信託は長期投資を謳いつつもその寿命が短かったりします。

平均すると7年弱ぐらいです。

ぱぺまぺが保有している銘柄が7年以上続くと思って投資していますが、1本では不安です。

いちおう、20~30年後に売却する予定なので7年程度で商品のほうが先に終わってしまっては困ります。

 

というわけで投資信託は1本ではなく複数持つべきです。

最低でも2本です。

 

ただし、内容は被らないようにしましょう。

2本買うなら、例えば

  • 先進国株式系投信
  • 新興国株式系投信

 

と違う地域や国に投資して分散投資していきましょう。

 

ぱぺまぺを例にいうと、

  • 米国株式投信
  • 先進国株式投信
  • 中小型株式投信

 

とこんな感じで複数もってます。

かりにこのなかのどれから7年で終わってしまっても3本のうちの1本ですからだいじょうぶです。

3本すべてが数年でおわるような代物ではないと信じたいですね。

 

少額投資でもやらないよりマシ

 

ただ貯金するよりも、投資して何十年も先に向けての資金を準備していた方が生き残れそうです。

結果は数十年後にならないとわかりませんが、感覚的には、多分ふつうに貯金するよりも投資したほうがお金たまるかなーと。

というのも、ゆるやかにインフレに向かっているので、ただ預金口座にお金を預けていたらじり貧なんですよね。

預金口座に入っている100万円は、30年後には100万円の価値がなくなっている可能性があります。

 

長期投資で資産形成する

投資は自分の中だけで

少額投資を30年続けるというわけではありません。

この先長いですが、失った時間は取り戻せないので、なるべくなら少額投資の期間は短い方がいいですね。

投資用資金の多さだけでなく時間も重要ですから。

 

こちらは楽天証券のシュミレーションですが、

 

シミュレーション

 

少額投資3000円とかだと、⬆ぐらいのもんです。

30年で60万程度しか増えませんね。

3%はかなり現実的な数字かなと思います。

 

あと途中のいろいろは省きますね。

しょせんシミュレーションなので・・・。

 

 

 

ちなみにぱぺまぺが当初やっていた1万円投資だと⬆のような感じです。

運用益は、200万ぐらいですね。

これぐらいになれば、投資をやったかいがあるというものです。

 

つみたてNISAでは3万円弱積立しています。

3万円で30年やると、

 

 

660万円ぐらいの運用益です。

3万円でこれぐらいですから、もっと投資金額を増やしていけば、さらに運用益が見込まれます。

シュミレーション上ですが・・・。

実際にはこんなにうまくはいかないでしょう。

ですが、だいたいの目安にはなりますね。

 

少額投資は、やらないよりマシですがいつまでもそれでは資産形成ができませんし、遅くなります。

できることなら金額を増やしていきましょう。

ただし、あくまでも自分にムリのない範囲で、ですね。

 

ムリしてまで投資をやっていたら、それこそ本末転倒だからです。

だからやりかたとしては、

 

  1. 少額投資でお試しする
  2. 投資になれたら、ムリのない範囲で増額して投資してみる
  3. しばらくつづける。
  4. キツそうだったら金額を減らすor平気ならそのまま継続

 

ぜったいに投資をやれ!とすすめるわけではないんですが、やらないよりはマシです。

それこそ少額でも、です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。