ETF、投資信託値下がり時の対処法

値下がり時の対処 投資信託

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはつみたてNISAによる投資信託投資をメインにしています。

 

投資信託は株式投資やETFと同様に値が上がったり下がったりしますが、評価額が下がったときはどうすればいいでしょうか?

 

下がったらそれは口数を多く買える、ひとつの大安売りだと思って投資すればいいです。

 

ただの気の持ちようですが、これがけっこう重要です。

 

株価上昇・下落に一喜一憂しない

人によっては毎日何回もチャートを眺めていることと思いますが、ぱぺまぺは1日1回ぐらいしかみません。

 

いちいち気にしてられないので。

 

でもどうしても気にしてしまうかもしれません。

ということで、上がり下がり時の考え方ですが、

  • 保有銘柄評価額上昇 → 単純に嬉しい
  • 保有銘柄評価額下落 → 安く買えるチャンス到来

 

こんな考え方ですね。

 

下落したら、安く追加投資するチャンス

投資

評価額めっちゃ下がった、どうしよう・・・。

テンション下がる・・・。

 

こういうふうになった場合は、むしろ安く買えるチャンスと思いましょう。

いちいち深刻になる必要はないわけです。

 

安くたくさん買えると思えばOkです。

ただの気の持ちようですがね。

 

ですが、この考え方で投資の世界から退場するというリスクを回避することができます。

 

市場大暴落時に追加投資できるか

 

市場暴落時に株式投資とETFや投資信託などインデックス投資で、どちらが追加投資しやすいですかね?

 

ぱぺまぺの場合は個別株投資はほとんどやりません。

やってもワンタップバイ米国株と日本株がせいぜいですね・・・。

 

なのでそのような状況が起きた場合は、インデックス投資の法に追加投資します。

 

というのも個別株投資は基本的に難しく、下がった銘柄がいつ戻るかもわからないんですよね。

 

インデックス投資の場合は、いくつもの銘柄がパッケージされてまとめて投資できるのが利点です。

 

株式投資であの銘柄もその銘柄も魅力的で投資したい!

でも資金が足りない・・・。

 

そういうときでもインデックス投資は使えるわけですね。

間接的にですが、あの銘柄もその銘柄も含まれていますからね。

 

仮定の話ですが、このさきリーマンショック級の大暴落が起きたとして、個別株で保有している、

  • ブリティッシュ・アメリカ・タバコ
  • ソフトバンク
  • 東京電力

 

これらの個別株は追加投資するつもりはありません。

むしろ追加投資したいのは、

  • VOO

 

ですかね。

ETFは暴落時に仕込む

 

ETFは基本的に1口あたりの単価が高いです。

VOOの場合は、1口あたり250ドル付近です。

 

250ドルは約27000円です。

27000円だして、ようやく1口買えますね・・・。

 

少額投資家にはそれを何口も買えません。

ETF投資は手数料負けを考慮して投資しなければなりませんし。

 

どうせだったら安くなったら仕込みたい。

 

というわけでETF投資するんだったら下落時に仕込みたいところですね。

 

投資信託の評価額が下がったら、追加投資

追加投資

投資信託も基本的にはETFのときと同様です。

100円から投資できるので、ETFよりも追加投資はしやすいですね。

 

とくに少額投資家だと追加投資の余力はあんまりないですからね・・・。

 

評価額が下がったとしても、その分安く買うことができますので口数の積み増しができます。

安いときに口数の積み増しができれば、投信が反転したときに大きく威力を発揮することができるでしょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。