最安コストで投信を乗り換える

コストで投信乗り換え 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、社畜の日常を過ごしながらブログと投資をやってます。

 

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→1日1記事更新、半年で100記事達成

・低年収✕投資家✕ブロガー

 

本来長期投資が目的なのに他社がコスト最安更新すると、そっちに目移りしちゃう
本当はアカンのかもしれんが。


最近低コスト化が激しいインデックスファンド。

 

あちらのインデックスファンドがコストを下げれば、こちらのインデックスファンドも同水準までコストを下げるという、低コスト戦争が激しいです。

かつて低コストインデックスファンドの王者だったニッセイシリーズも、今や他の低コストなインデックス・ファンドを出す他社に押されています。

 

インデックスファンドは同じベンチマークならコストが安いほうを選ぶのが最適だとぱぺまぺは考えます。

 

ですが、長期保有を誓ったはずのインデックスファンドに対して、新規で設定された同ベンチマークでしかもコストがさらに安いものが現れたどうでしょうか?

 

より安いものに乗り換えたほうがいいのか、そしてどの投信に投資すればいいのか、というお話です。

結論:eMAXIS Slimシリーズが現時点では最適です。

ぱぺまぺ自身、つみたてNISA、もしくはそれ以前では通常NISAにおいても主力としてeMAXIS Slimシリーズで投資していました。

 

 

eMAXIS Slimシリーズのモットーを信用するなら、保有していて安心なシリーズかな
他社に対抗値下げしてくれるし


eMAXIS Slimシリーズは、業界最低水準を目指しつつけるファンドをモットーとしています。

現に他社の投信がコストを下げれば、当シリーズもコストを下げました。

現状では、eMAXIS Slimシリーズが投資する商品として最適かと。

fund of the year 2018

 

※投信ブロガーが選ぶFund of The Year 2018にも選ばれました。

 

コストが安い投信の乗り換えについて

ぱぺまぺは、米国重視の国際分散型のポートフォリオを組んでいます。

その米国重視の部分は、主にS&P500指数連動のインデックスファンドに投資しています。

 

今でこそ、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に投資していますが、それが登場する以前は

iFree S&P500 インデックスファンドに投資していました。

S&P500

S&P500にほったらかし投資ならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)!

2019年1月19日

 

iFree S&P500 インデックスファンドは、S&P500に投資できる低コストな投信としては初めての商品でした。

ぱぺまぺ自身、やっとS&P500に投信で投資できる!とテンションあがったわけです。

S&P500・・・米国大型株500銘柄の株価指数。

 

それまでは、

  • 1655・・・東証上場版米国ETF。国内から投資できるS&P500ETF。
  • VOO・・・バンガードの旗艦ETFの一つ。S&P500に投資できる本元。

 

そこで、eMAXIS Slimシリーズで、米国株式重視の投信が出てきてしまったわけです。

それが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。

 

これがiFree版のものよりも低コストだったので、ぱぺまぺはあっさりと乗り換えてしまったんですね。

 

iFree S&P500 インデックスファンドに今まで積み立てた資金を全て売却し、それを全部

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)につぎ込んだ経緯がありますね。

 

一応、iFree S&P500 インデックスファンドに投資し始めたときは、この商品で長期投資を誓ったはずなんですが、この始末ですね。

 

  • ぱぺまぺの変遷
  1. 米国に投資するならS&P500ETFが最適らしい。よし!S&P500ETFに投資しよう!
  2. VOOをはじめ、S&P500ETF高いなあ(コストの話ではない)。
  3. iFree S&P500インデックス登場!よし、これで投信でS&P500に投資できる!(長期保有を誓う)
  4. しばらくiFree S&P500インデックスに投資。
  5. eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 登場
  6. iFreeのほうを投資停止、eMAXIS Slimのほうを積立投資!←イマココ

 

まとめるとこんな感じですね。

eMAXIS Slimだけではなく、投資やり始めのときに投資していたいくつかの投信もいろいろあって乗り換えて、今の状態に落ち着いているんです。

 

たぶん、他のインデックス投資をしている人も、似たような経験があるんじゃないでしょうか?

 

ぱぺまぺは、長期投資を誓ったりしてますが、時と場合によっては変節してもありだと考えます。

投信のコストが問題

コストがリターンを蝕みます。

そのあたりの話を、以下の記事でしています。

コスト

コスト1%差でもバカにすることなかれ

2018年9月5日

 

1円を笑うものは1円に泣くともいいますが、コストも同じです。

とはいえ、最安コストが次から次へと将来的に出てくるでしょうね。

保有している投信が、コストを下げてくれれば問題ないんですが・・・。

 

 

今保有している投信と運営会社信じて続けるしかないよね〜

 

ぱぺまぺが保有しているeMAXIS Slimシリーズは、業界最低水準を目指しつつけるファンドです。

他は知りませんが、少なくともeMAXIS Slimシリーズを保有していれば、他社がコスト最安を更新しても対抗値下げしてくる可能性が非常に高いです。

 

なので投信に関しては当シリーズを投資しておけば、当面は安心かと。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。