投資初心者でも投資のプロに勝つ方法

投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

今回の記事のタイトルですが、別に投資でプロと勝負するわけではありません。

でもできるならなるべく勝ちたいじゃないですか。

 

投資のプロに勝つということは、そこそこの成績を残している、ということですから。

 

結論的には、インデックス投資をひたすら続けることです。

投資挫折しない

「インデックス投資が続かない」を防ぐ方法とは

2019年7月6日

 

投資初心者でもインデックス投資では勝てる傾向

ぱぺまぺは、投資歴が浅いインデックス投資家なんですけど、まだまだ初心者だと思っています。

そんな投資初心者でも投資のプロに勝つ方法が、インデックス投資をバカみたいに続けることです。

 

必ず勝つ、とはいえませんが、だいたい勝てる感じです。

 

インデックス投資とは、

  • 日経平均株価
  • TOPIX
  • NYダウ

 

このあたりは、経済のニュースでもチラッとは耳にしたことがあるでしょう。

 

インデックス投資をもっとわかりやすくいうと、

インデックス=市場平均です。

 

市場平均という箱には、さまざまな個別株企業が入っています。

キヤノンとか積水ハウスとか、イオンとか。

 

市場平均に投資する=買うことで、間接的にそれらの大企業にも投資していることになります。

個別株投資もいいのですがいちいちあれこれ分析したり悩む時間を考えるとめんどくさいです。

 

でも、そこが個別株投資の楽しいところなんですがね。

 

さて、アレコレ悩んで投資したのにもかかわらず、ぱぺまぺたちは投資初心者。

投資のプロには勝てません。

 

ですが、その投資のプロでもほとんどはインデックス投資に負けてしまうという、、、。

だから、最初からインデックス投資しておいたほうが無難です。

 

インデックス投資の答え合わせは、数十年後

資産運用

投資のプロに勝てるかも「しれない」というだけで、実際のところは数十年後までわかりません。

 

インデックス投資ははっきりいって退屈です。

 

大きく値上がりもしなければ大きく値下がりもしない。

多少はしますが、心理的に個別株投資のように気持ちが揺らぎません。

 

インデックス投資は平均を狙いにいく安パイコースですからそこがいいといえばいいんですけどね。

 

とはいえ、投資のプロに勝とうが負けようがそこまで関係ないというか、気にしなくてもOKなのです。

 

なぜなら投資は自分のためにやるからです。

そして自分のためにやるので、続けられるならばなるべく続けるような環境を構築したほうがいいですよね。

 

というか、そもそも投資のプロと勝負する意味ないですけどね。

比較

投資成績を他人と比較する意味はない。

2019年4月9日

 

個別株投資はリスクが高く、初心者には難しいといわれています。

それならば、インデックス投資をして投資の世界を生き残るようにすればいいのではないかと思います。

 

インデックス投資で心穏やかに投資して、残りの時間は投資を忘れて違うことに使いたいです。

 

どうせ結果が出るのが数十年先なら、そうしたほうが時間的にお得です。

 

投資のプロに勝つよりも、投資を継続することが大事

 

というわけで、投資のプロに勝つにはインデックス投資が最適なのは結論です。

ですが、そもそもとして勝負する必要は全然なくって、勝負するとしたら基本的に相手は自分自身です。

 

インデックス投資は続けるのが案外難しかったりしますからね。

ですが続けることができれば、それなりの結果が数十年後に待っている。

 

そう思えば、続けようと思えるのでは?

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。