資金が少なくてもできるのが、投資。

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

運もセンスも才能もなくても資産築けるのが投資だと思ってます。

ぱぺまぺはギャンブルをやりませんが、 ギャンブルをやらないのはそもそもお金がないのと、ぱぺまぺ的に多分運がないほうだと思っているからです笑

 

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

運もセンスもなくても資産を築けるのが投資だとおもう

 

めちゃくちゃ運が悪いとまではいいませんが、 よくもないです。

そしてよく「センスないなー」とか上司にいわれたこともありますが、投資においてはそんなの関係なくて優良な商品にコツコツ投資していけばそれなりに資産を築けます。

もちろんギャンブルなど不要な出費は避けるべきでは当然あります。

コツコツ貯金もできる、節約もできるのであれば、投資も継続できるはずです。

 

給料は少なければ、一発逆転を狙ってギャンブルで、という人もいるでしょう。

ですが、ギャンブルで勝ち続けられるのはごくごくごく一握りです。

その一握りの中に自分はいないと思った方がいいです。

 

長期的にみればギャンブルはマイナスです。

それは分かっているんですから、最初からやらないに越したことはありません。

そして、給料もなかなか上がらない現状、副業をするといってもなかなか厳しかったり。

こんな状況でさてどうやって資産を築けるかと考えた場合に、そこででるのが投資です。

 

優良な投資商品に投資し続けるだけで資産築ける

 

投資であれば、商品は色々ありますが、少なくとも、

  • 低コスト
  • 米国株式をはじめとする、先進国株式など
  • 国際分散投資
  • 長期積立

 

上記のような商品に投資すれば、ぱぺまぺのように年収が低くて社畜会社員であっても、長期的にみれば資産を築けるはずです。

将来のことは保証できません。

しかし投資をやらず貯金だけ、場合によっては貯金もほとんどできず給料も上がらずギャンブルで一発逆転を夢見て、というのでは現実かなり厳しい。

 

なにもしないまま現状を受け入れるより、将来の保証はできないけれど長期的にみればもしかしたら良くなるかもしれない投資をやってみるといいかもしれません。

 

商品選びも特段今ネットやTwitterで話題になっているものをだいたい買っておけば、ほぼほぼ間違いではないです。

だから、投資の才能や全く知識がなくとも 資産を築くことは可能です。

もちろん、投資の知識はあったほうがいいことに越したことはありませんが。

やらないで最初から諦めるよりも、やった方がいいんじゃないかとぱぺまぺは思います。

 

だからぱぺまぺは、

  • 元々の資産もない
  • 運もない
  • センスもない
  • 才能ない
  • 知識ない

 

ないない尽くめですが、それでも投資をやっています。

 

投資は、金持ちじゃなくてもできる

 

投資はお金持ちじゃなくてもできます。

ぱぺまぺは投資をやる以前は誤解していたんですが、お金もちでないと投資ができないんじゃないかな?と思っていました。

実際やってみてですが、当然ぱぺまぺはお金持ちではないし、むしろ底辺の社畜会社員だったぱぺまぺでも投資をすることができます。

だからお金持ちじゃなくても投資をすることは十分可能です。

 

だから、

  • 投資をやっていない
  • 投資に興味があるけどやろうか悩んでいる

 

という感じならば、とりあえずまず始めてみるのはいかがでしょう。

お金がなくても、とりあえず投資自体はすることができますから。

 

商品にもよりますが、お金がないと投資継続できないので、資金が必要なのは間違いないですがね。

  • 投資信託:100円から投資可能
  • 個別株、ETF:ピンキリある 安く買える銘柄もある

 

投資信託は最低100円から買うことは可能なので、お金がないから投資ができない、というのは理由になりません。

 

もちろん、収入が少なく、投資に回せる資金が少ない人であれば、実際は少額投資してもなかなか資金は増えません。

しかし、通常の貯金だけしていても、もっと貯まりません。

投資も貯金も副業も節約も、それぞれバランスよくこなしつつそしてたま~に消費もしつつ日常を送るのがベストです。

 

低年収者が資産を築くためには、投資というツール・手段が絶対必要です。

収入が少ない人でも資産を築くことができるのが投資ですから、絶対にやったほうがいいです。

 

投資信託は平均よりも良くなればOK程度で考える

 

ぱぺまぺは、つみたてNISAや特定口座でいくつか投資信託に投資しています。

投資信託は基本的に市場平均を狙って投資成績を維持していく商品です。

勝ちにくいが、負けにくい投資商品でもありますが、それがゆえに大金持ちにはなれない投資商品です。


市場平均を狙っていく投資商品なので負けにくいですが、大勝ちもしにくいです。

ここでいう市場平均は、

  • 日経平均株価、TOPIX
  • S&P500、NYダウ

 

などが該当します。

ぱぺまぺが投資している投資信託の中にも、これらの指数が採用されています。

ぱぺまぺは別に市場平均に勝とうとかも思っていないので、個別株投資はしていません。

将来的に使えるお金が、ふつうに貯金だけしているよりも増えていればいいかな、程度にしか思っていません。

 

長期間にわたっての投資なので資産形成的にも時間かかります。

時間かけたぶんだけものすごくお金持ちになれるか、というとそうでもないんです。

小金持ちぐらいにはなるかもしれませんが、大金持ちにはなれません。

投資信託がそもそもそういった趣旨の商品ではないのでしょうがないといえばしょうがないんですが。

 

FXをやるとか個別株をやるとかの方が可能性はあるかもしれません。

そちらの投資は、少々リスキーです。

 

大金持ちになるのが目的で投資をしない

年金不足

 

大金持ちになる≠資産形成目的。

 

ぱぺまぺの場合ですけど、別に大金持ちになるために投資をやってるわけではないんですよね。

投資を始めた当初は、貯金と年金だけでは食っていけないと思って始めたんです。

 

ぱぺまぺは、老後にお金の心配をしなくてもいいようなところまで資産形成していきたい、という感じでやってますね。

もちろん、大金持ちになれるのにはこしたことはないんですが、まあ、たぶんぱぺまぺにはムリかな、と。

ですが、通常の貯金と年金だけで資産築くよりは、大きく資産を増やせる自信はありますが。

 

投資信託だけでは大金持ちにはなれませんが、ETFや、ぱぺまぺはいったんは辞めてしまった個別株投資などと併用してやれば いい線いくのではないかなと。

もっとも、投資もいいですが1番いいのは、給料が良いところに働くとか副業して稼ぐとかしたほうが 大金持ちになりそうです。

もちろん投資と併用してですがね。

 

 

資金力不足なら投資信託でも十分

 

ムリしてETFなどを買うことはありません。

 

ちょっと前まで低コストで優良な投資信託というのはなかなかなく、今でいう高コストな投資信託が低コストな投資信託に当たりました。

今はETFの代替品ともいえる投資信託も登場してきました。

米国株式系ETFの代替品で例を挙げると、

  • VOO,IVV,SPYなどS&P500系ETFの代用:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • VYMの米国高配当株式ETFの代用:楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド
  • DIAのNYダウ系ETFの代用:iFreeNYダウ・インデックス
  • 全米株式ETFの代用:楽天全米株式インデックス・ファンド

 

一部低コストな投資信託とはいえないかもですが、こういった商品が揃ってきたので、前よりはETFに投資しなくとも、投資信託でも十分対応できるんじゃないかと考えています。

 

細かく調整して買える投資信託だとやりやすい

 

ETFは、一口単位で買う資金が必要です。

米国ETFを買う場合は、ドル外貨にする必要もありますし、税金も考慮しなければなりません。

財布的に厳しい投資家だと毎月毎月買うのも厳しいと思うかもしれません。

 

そういう時こそ、お財布にやさしい投資家の味方である投資信託を買うという方法を取ることができます。

先ほどいったように、投資信託でもETFの代替品ともいえる投資信託が出てきているのでそちらを買うだけでも十分だと考えます。

一口単位の価格のETFが買えないならば、お金がなくてもある程度金額の調整がきく投資信託を買ったほうが効率的です。

余裕があるなら、投資信託もETFもなんなら個別株投資もやっても全然構わないんですけどね。

 

余裕がないなら投資信託でもいいんじゃないかなと。

海外ETFよりは安定して運用できるのかという点においてはちょっと不安がありますが。

それでも少資本・低予算からお気軽に始められる商品といったら投資信託に軍配が上がるんですよね。

積立投資もできるし 。

 

それよりも、まずは少資本から継続的に続けられそうな投資信託から入っていた方が良さそうです。

それで1年か2年ほどやってみてだんだん慣れてきたら、ETFなり個別株なり他の商品に手を出してみればいいと思います。

投資信託はやめようと思えばいつでも積立投資の設定の解除は可能だし、再開もいつでも可能です。

とりあえず証券口座だけ開いておいて、いつかやりたい時に始めることだってできます。

 

上記のとおり、ETFの代替品となる商品がどんどん登場してきていますからこれから後数年経てば、もっと他の良い商品が出てくると考えます。

とはいえ、その良い商品が出てきてから投資を始める、ではいつまでたっても始められないし本当に出てくるか分かりませんので、いま始められるうちにはじめちゃったほうがいいです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。