分散投資なら投資信託からはじめるのがベター

投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、S&P500やNYダウというベンチマークに連動するインデックスファンドをメインに投資しています。

すなわち、

S&P500指数は、米国市場の代表的な厳選500社を投資対象とするものです。

NYダウは、さらに絞って優良企業30社の株価指数です。

当然ながら、米国一国のみに投資していることになります。

ただ、それらの企業は世界的なビジネス展開をしており、ある意味で世界中に投資していることになるのかなあと思っています。

じゃあ、なぜそれら以外の地域に投資するインデックスファンドを複数保有しているのか。

それは、ぱぺまぺが超絶心配性だからです。

つまり、米国一国のみに投資しているのが本当に100%だいじょうぶなのかどうか、という心配です。

*過去のいくつかの記事を追記・統合しました。

分散投資の意味

ぱぺまぺが分散投資する意義

  • 卵を一つの籠に盛るなというリスク回避
  • 「ついで」のリターン

米国が倒れれば、世界中も倒れるでしょう。

まるでドミノみたいに。

それぐらい影響力があります。

でも、それでも米国以外の地域にも投資しておきたい。

  • 米国以外の先進国
  • 日本
  • 新興国

米国の経済の強さは揺るぎないものかもしれません。

でも、あと20~30年後もその状態が続いているのかどうかはだれにもわかりません。

でも先進国だって米国だって常にそういうリスクは抱えているんですよね。

分散したらしただけリスク回避になるかっていうとそうでもないんですよね

だって、リターンのよくない国にも投資することになるから。

例えば、成績のいい生徒がクラスに何人かいても、クラスの大半が成績がよくない生徒がいたら、クラス全体の平均下がるじゃないですか?

それと同じですよね。

グローバル投資戦略 改訂

分散投資のメリット・・・リスク回避と複数の国々のリターンを得る

分散投資のデメリット・・・リターンの低い国や地域にまで投資してしまう。

必ずしも分散投資が有効というわけではない。

全世界株式インデックスファンド1本という戦略

分散投資

ぱぺまぺは、国際分散型のポートフォリオを組んでいます。

インデックスファンドも複数保有しています。

ぱぺまぺの投資インデックスファンド

米国一国のみに投資しているのが心配だから、他の地域、国々にも投資する。

米国以外のリターンも、回収しておきたい。

だから、ぱぺまぺは分散投資型のポートフォリオを組んでいるのです。

投資資金がないので米国の個別株やETFに投資する余力がないというのも理由の一つです。

そりゃぱぺまぺだって余力があれば個別株やETFを買っていますよ。

何なら、VOOを一月に十何株とか買ってみたいですよ。

ぱぺまぺも月一とかに、何十株買い増ししたよ!とかつぶやいたり記事にしたいですよ。

でもできないんで。

投資信託で代用しちゃいます。

投資信託のおかげで先進国などの地域にもまとめて投資できるようになっているのは本当にありがたいです。

チャート分析とか細かいこと考えなくてもできる、何も考えなくてもまとめて投資できるこれらの商品に賭けるしかないのです。

どこの地域や国に投資したら儲かるだとかは、さっぱりわかりません。(それが分かれば苦労しないよ!)

だから、まとめてあらゆる地域に投資しておけば、どれかに当たるかなと。

とりあえず投資信託から始めるのがベター

世界

ぱぺまぺは心配症なので、米国株投資がリターン的に最も優れた投資先ということは分かっているけれども、国際分散投資を選択してしまった投資家です。

結論的にいえば、投資家それぞれ好きな方をやればいいかな、という感じです。

ぱぺまぺは国際分散投資を選びつつも、米国への投資もかなり魅力的だったので、米国に対する比重を大きくしつつ分散投資すればいいんじゃないかなと考えて米国に偏った国際分散投資のポートフォリオを組みました。

VTという究極の国際分散型ETFがあります。

全世界の株式に投資するものですが、こちらの比率は半分が米国です。

世界

全世界株式は、分散投資の究極系。

また、先進国株式系のインデックス投信でもやはり半分近くが米国を占めています。

最安コストで先進国投資するならこのインデックスファンド!

こういったものを参考にすれば米国がいかにも重要な立ち位置にいるかは分かりますよね。

ぱぺまぺ自身、分散投資してはいるものの米国をムシできません。

先進国株式系に投資するにしたって、どうしても米国がかかわってきます。

なので、そこまで悩むのは時間のムダなので、とりあえずどちらのパターンでもいいから投資を始めてみましょう。

下がるときは国際分散も米国投資も全部下がります。

含み損辛い

国際分散投資か、米国集中投資か悩んだんだけど、別に米国の比率大きめについでに周りの地域投資しとけばいいやという安易な考えで国際分散投資にしました

— ぱぺまぺ@社畜✕投資✕ブロガー (@ppmp65) June 25, 2019

国際分散投資か、米国集中投資か悩んだんだけど、別に米国の比率大きめについでに周りの地域投資しとけばいいやという安易な考えで国際分散投資にしました

米国への比率を大きくするか少なくするかはそれぞれ投資家に任せることになります。

ネット界隈でも米国株投資が流行っていたりしますね。

米国株を含めた分散投資をする方法はカンタンです。

今では米国株式系の投資信託もありますし、それに米国本家のETFもあります。

ぱぺまぺの考えですが、米国への比重を大きくしつつも、

  • 日本株
  • 欧州
  • その他先進国
  • 新興国

これらの地域をどのくらい含めるのか。

国際分散1

最適な国際分散投資の比率とは

投資をするにあたって自分がどちらが継続しやすいかを考えたほうがいいです。

分散投資でも米国株投資でもどちらでもいいんですけど、どっちにしろ暴落した時はぜんぶ下がりますからね・・・。

いずれにせよ。投資継続できるか、が重要です。

ぱぺまぺの場合ですが 米国株が投資先としては最も優れている、というのは十二分に分かってはいるんです。

でもそれ以外の投資先、つまり日本株含めたほかの地域も拾っておきたいという感じです。

投資のやりかたは、スタイルによります。

米国に盲目的に投資したいけどビビリだからどうしても他のところにも…ってなっちゃう

単純に個別株投資が怖いだけです

— ぱぺまぺ@社畜✕投資✕ブロガー (@ppmp65) June 25, 2019

米国に盲目的に投資したいけどビビリだからどうしても他のところにも…ってなっちゃう

単純に個別株投資が怖いだけです

この種の話は、個別株投資をするか、ETFやインデックス投資をするのか、話に似ています。

ぱぺまぺが個別株投資を恐れているのは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコみたいに含み損の状態がずっと続いたまま保有している状態が怖いのです。

会社自体が超有名企業なので安心といえば安心なんですが、とはいえ、株価がいつ反転するかも分かりません。

それならばETFのように指数に連動する商品に投資した方がいいかなーという感じです。

分散投資と米国株投資もそれと一緒でです。

今後30年だれにもどうなるか分からないです。

かといって米国以外の地域が米国以上の存在になるかどうかっていわれてもそれも分からないし。

だから分散して投資しておくという感じで、国際分散投資派です。

いずれにせよ、とりあえず投資を始めてみて、それからどちらかのスタイルを決めていけばいいと思いますよ。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。