資産運用に職業は関係ない

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

資産運用するのに職業は関係ないと思います。

だれでも証券口座を開き、投資信託を毎月買うことができれば、資産運用はだれでもできるからです。

 

投資を始めただけでも素晴らしい

2020年3月11日

 

職業うんぬんよりも、投資をやるか、やらないか。

 

投資信託は100円から買うことができ、生活費のために給料がほとんど残らないという人でもあっても、極論をいえば投資はできます。

 

最も100円程度では資産運用になるかというとそうではないんですけど。

まあ、投資をやるきっかけにはなりますよね。

 

コンビニの店員であっても、その辺の会社の事務員さんであっても資産運用することはできます。

 

ただ悲しい現実はありますけどね・・・。

 

  • 継続して投資しなければならない
  • 少ない金額ではリターンが見込まれない
  • 必ず儲かるとは限らない

 

金額が多ければ多いほど投資は有利な世界に働くのはしょうがないことです

 

職業云々というよりかは、コンビニ店員だから・・・とか事務員だから・・・とか投資は自分には関係ない、というわけではありません。

そういう人でも投資ができるように環境は一応は整えられています。

 

やるかやらないかの差なんですね。

 

貧乏人でも小金持ちになれる可能性が投資にはある。

 

ぱぺまぺは、投資に関してはたとえ貧乏人でも大金持ちになれずとも小金もちぐらいにはなることができるツールのひとつだと思っています。

 

つみたてNISAという非課税投資制度がありますから、それで毎月3万円前後。

年間で最大40万投資し続けることができれば、大金持ちにはなれずとも小金持ちぐらいの資産を築くことは十分可能だと考えています。

少額投資で小金持ちになる

2019年9月18日

 

毎月3万も・・・と思うかもしれないですが、3万円がどうしてもキツイと感じれば、それを1万円なり5000円なりに減らしてみてもいいですし。

自分の収入状況に対して、生活スタイルで無駄な出費などしていないか見直すのも大事だと思うわけです。

 

投資を始めるのに職業は関係ないですが、それなりの投資資金で、それなりに資産を築きたいと考えているならば、職業を変えるのは検討の余地はあると思います。

 

現状で何とかしようとしてあれこれ考えるよりも、環境を変えてしまうほうが手っ取り早いと思うからです。

自分とは縁のない世界だから・・・ということで投資を敬遠していてはもったいない話です。

 

先ほどもいいましたように、100円から投資は出来ますし非課税制度を使った投資枠もありますし、そういうのを利用して大金持ちにはなれずとも小金持ちぐらいにはなれます。

2~30年後の話ですけどね。

 

明日遊ぶお金が欲しいということなら、ギャンブルでもやればいいと考えます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。