人生の仕事での時間の使い方

社畜経験談

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

いかにすぐれた社畜会社員であろうと、

  • 休日出勤
  • サービス残業
  • 帰宅後の仕事

 

これらはぜったいにやりたくありません。

遺憾ながら休日出勤させようとする上司がいることも現実問題として存在しています。

 

せめて平日代休よこすとかもしてほしいのですが、それすらもないことでしょう。

勤務時間以外の時間を会社のために使いたくないのが本音です。

 

仕事に悩むなら、とりあえず転職サイトに登録だけしておくと気持ちが楽になります。

登録だけなら無料です。

↓におすすめの転職サイトを紹介しています。

転職サイトに登録だけしておくと気持ちが楽になる

2019年7月13日

 

仕事でも嫌いなものに時間をかけるのはムダです。

 

仕事はストレスの一部です。

(仕事が好きな人は別ですよ?)

 

少なくともぱぺまぺにとってはストレスです。

このストレスをどうにかこうにか解消したい。

 

↓のこういうところからもストレスは蓄積されていきます。

  • 日曜日、出るよね? という上司の圧倒的威圧感。
  • 断ると職場でやりづらい
  • 他の人も出ているんだからと結局怒られる

 

まるで仕事のために人生つかってるみたい。

ぱぺまぺはかつて1日24時間のうち、家を出てから仕事を終えて帰宅するまで約15時間かかっていたことがあります。

 

嫌いな仕事・好きでもない仕事で転職に悩んでいるのならば、少なくともその会社のために時間を使う、義理を尽くすのは、圧倒的にムダであります。

 

会社からの信用と信頼は必要か

 

お金を稼ぐだけが働くことじゃない、というは非常にわかります。

長い間勤めていればそれなりに会社の中で信用とか信頼とか蓄積されていきます。

 

ですが、それはあくまでも会社の中だけなんですよね。

これが例えばよその会社で働きたい、とかなったら会社内での扱いがどうなるか。

 

もしも扱いをコロッと変えるようであれば、やはり職場を変えて正解です。

良い意味での扱いが変わるならまだいいのですが、まったく正反対になったら・・・。

(ぱぺまぺの場合は、幸いにもよくしてもらえました)

 

そんな感じで、培ってきた信用とか信頼は、ときとして、そんなことでカンタンに崩れてしまうのです。

 

時間のムダにしないため、好きなことを仕事にする

 

理想論ですが、好きなことを仕事にしていったほうがまだいいです。

それがもし自分のスキルも磨けるものになるならなお良いです。

 

とはいえ、どんな仕事が自分に向いているか、どんな仕事が好きか実はあんまりわかっていない人が多いです。

 

 

会社に勤めている間の時間も当然ながら自分の時間なわけですから、やっぱり納得できる、もしくは好きなことを仕事にしたいですよね。

 

時間はお金に換えられない、有限なものであるということをまず認識しましょう。

仕事以外の時間を有意義に過ごす方法はいくらでもあるでしょうが、どうせなら、仕事も有意義なものにしたいです。

 

好きな仕事を選ぶと、時間が有意義になる

 

好きなものを仕事にできたら最高ですね。

毎日が楽しくなりそうです。

 

1日は24時間ということを考えると、好きでもない仕事・嫌いな仕事で大半をつぶすのは非常にもったいないです。

嫌いな仕事・好きでもない仕事で貴重な時間を浪費するのは時間がもったいないです。

 

仕事にかかわるざっくりとした時間の使い方は↓のような感じです。

  • 通勤中
  • 休憩・昼休み
  • 勤務中
  • 休日出勤

 

 

仕事を頑張るのもいいんですけど、ぱぺまぺの中で仕事はそこまで重要じゃない。

生きていくためにはお金を稼がないとならないわけで、仕事はその一つ、というだけです。

 

前の職場の話ですが、仕事だけで15時間も使ってたら、そりゃ休日疲労してなにもしたくないですよ・・・。

家族と過ごす時間や自分の趣味のための時間をつぶしてまで、なんでこんなに時間を使ってるんや・・・。

 

休日出勤までしたら、もういろいろする意欲なんて湧くわけがありません。

 

職場の選択肢によって、人生の時間の使い方が変わる。

 

人生は一度きりです。

あなたの時間は、有意義に使うべきです。

 

ブラックな会社や嫌いな仕事で一日の大半をつぶしていたら、本当につまらないです。

休日や隙間時間の過ごし方~なんていろいろネットでも紹介されていますが、職場の環境を変える、というのも重要だと考えます。

 

 

そもそも通勤時間が長い人は、通勤時間を効率的に使うということに注力するよりも、そもそも近いとこに住めばいいだけの話です。

 

極論をいえば、例えば在宅やリモートワークなど通勤時間をゼロにすればもっと色々生産的になれるかなと考えます。

 

通勤時間も考慮して職場を選ぶべき

 

ぱぺまぺが次に転職する時は、本当にマジで通勤時間がかからないところがいいですね。。。

 

前は、片道2時間往復で4時間、週にすれば1日分を通勤時間で使っていました。

1か月だと4日分です。

 

4日分の時間が、ただの通勤、ただの移動で使われているということを考えるとマジでもったいない。

4日もあれば、ぱぺまぺだったら1日1つにしてもブログ記事を4つかけますし、プログラミングの勉強ももっと色々できるでしょう。

 

今でさえ限られた時間でなんとかやっているわけですから、もっと近いところに住んだらもっと色々できるわけです。

そう考えると、通勤時間はほんっとに悪ですね。

非常に時間がもったいない。

 

片道2時間かけて、1日のうちの4時間という貴重な人生の時間を通勤ごときに浪費し、会社で好きでもない仕事をやって1日終えていたのです。

長距離通勤していると人生消耗しますね。

 

 

自分の得意分野を活かした仕事を探すのもいいけれど、通勤距離も考えて探さないとダメですね、これからは。

マジで自分の人生、会社に持ってかれるだけです。

 

1日24時間のうち8時間は会社に使っていいとして、それ以外の時間は自分の事に使いたいです。

睡眠で7時間~8時間とるとしても、それ以外の残り時間は自分のことでいろいろやりたいです。

 

 

愚痴ばかりいってもしょうがないので、こういうときは転職サイトなどを利用して自分の未来を変えます。

もしくは、勉強や自己投資に時間を使うことです。

 

転職サイトに登録だけしておくと気持ちが楽になる

2019年7月13日

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。