分散投資が好きな理由

投資 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

集中投資より分散投資。

ただの分散投資より国際分散投資のほうが、ぱぺまぺは好きです。

 

リスクが分散されるからというのもありますが、基本的にリスクが消えるわけではありません。

分散投資の醍醐味は、世界中のあらゆる企業に投資することができるということです。

 

集中投資の方がリターンがいいかもしれないですが、それでもやっぱり分散投資の方が好きです。

 

分散投資は、保険的投資も兼ねている

 

ぱぺまぺ的には、1つか2つよりもいっぱい投資ができたほうがいいし、ふつうに保険的な意味合いもあります。

例えば集中投資で1つか2つしか投資していなかったら、どちらか片方が潰れてしまった場合は半分の喪失ということになります。

 

これが複数持っていれば、例えば10の企業に投資していれば1つ潰れてもまだ残りがある、という感じです。

いっぱい持っていれば安心というわけではないんですが、多少は心配少なくなります。

 

分散投資は、継続性も兼ねている

 

たぶん、高配当個別株式投資のほうがリターンが実際はいいとしても、そちらよりもS&P500とか、ある程度分散が効いているものに投資した方が安心感があるんですよね。

 

投資するからにはリターンがいいものに投資したいのは当然ですが、それだって継続できなければ意味がありません。

ぱぺまぺの場合は高配当個別株複数投資するというのがちょっと資金的にはムリくさかったので、そのまま継続できるか怪しかったんですよね。

 

だからその代わりにS&P500とかETFや 投資信託など複数の銘柄に投資できるものに投資しているわけです。

こちらの方が継続投資しやすいです。

 

だからぱぺまぺは個別株よりもNYダウだし、NYダウよりS&P500なんですね。

 

世界株式は分散しすぎ

 

そんなに分散投資が好きなら、全世界の方がいいんじゃないの?っていう感じなんですが、そうすると今度はそこまで分散しなくていいかなというのもあるんですよね。

 

わがままといえばわがままかもしれません。

 

分散すればするほど、リターンの良くない地域や国にも投資することにもなりますし。

もしかしたら今はリターンの良くないかもしれないが、数十年後にはリターンが良くなっているかもしれない、それを見越して先行投資、という意味では全世界株もいいかもしれません。

 

ただ、今は少なくとも先進国株式や米国株式をはじめとするものに投資した方がリターンが良い傾向です。

将来のことは予測できませんが、今の新興国が今の先進国並みになるかどうかはちょっと未知数すぎるというかちょっと怖いですよ。

 

米国株式や先進国株式に投資することが、とりあえず1つの最適解ということが分かっているので、分散投資が好きにしても過度な分散投資はせずになるべくいいところだけ投資する感じです。

 

悪いところは投資しない、と。

 

だからぱぺまぺは新興国株式には今のところ投資していないんです。

ちなみにけっして、新興国株式が悪いということではないですよ。

新興国も夢があって良いと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。