高配当株式投資よりインデックス投資やる理由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、高配当個別株投資は今はやっていません。

つみたてNISAによる投資信託、もしくは特定口座の投資信託、 ETF投資がほぼほぼメインです。

どうして高配当株式投資をやっていないからというと、

30年継続してその銘柄に、どんな理由があっても投資をし続けられる自信がないからです。

もう一ついうと、投資資金が足りないからです。

ただし高配当個別株投資はできなくとも、投資信託を利用すれば間接的には可能です。

配当金を目的とした投資はできなくなりますが。

高配当個別株投資しない理由

結局のところは、上記の理由に最終的に行き着くのですが、それに付随する理由としましては、

  • ETFや投資信託に投資しているのが非常に楽

ということです。

高配当個別株式投資に乗り換えるのが億劫でめんどくさい。。。

ETFも投資信託も投資しているので、高配当個別株に継続的に資金を回すことができないです。

さらにいうと、いかなる理由があってもその個別株を30年続けて投資し続ける自信がないです。

このいかなる理由があっても、ということはぱぺまぺが投資を辞める予定の30年の間に、

  • 企業の倒産
  • スキャンダルがあって株価がめちゃくちゃ暴落
  • 高配当だった銘柄が無配当に転落

などのパターンが十分に考えられるからです。

配当を期待して投資していたのに、何かの理由があって無配当になっても継続して投資できる自信がありません。

要は自分が継続できる投資かどうかが重要

社会人が投資をやる場合、給料の中から僅かばかりの投資資金を捻出して毎月毎月投資していくわけですから、やっぱりなるべくなら損をしたくない。

なのでやっぱりどうしても個別株に関しては余計にそう思ってしまうんですね。

ETFや投資信託などは、その辺はあまり考えることがありません。

インデックス投資は、大きく勝てる可能性がないぶん負ける可能性も少ないです。

それゆえに投資や経済の知識がなくても投資ができる便利な商品ともいえます。

そして初心者向きともいえます。

高配当個別株投資は、インデックスに勝てる可能性があるぶん負ける可能性もあります。

必ずしも勝てるとは限らないんですよね。

それだったら最初から投資しない方がいい、という感じになってしまうんですね。

ぶっちゃけいえば毎月20万円以下の給料をもらってなんとかやりくりしてやっているくらいの人であれば、インデックス投資で十分だと考えます。

もう高配当個別株投資は、もはや趣味の領域といってもいいと思います。

資産形成をするだけだったら、S&P500のような代表的なインデックス投資を続けるだけでも十分。

資産形成できれば、方法はなんでもいい

高配当株式に投資できる投資信託の例は、楽天バンガード高配当株式インデックスファンドがあります。

いわゆる楽天投信版VYMというやつですね。

配当

バンガードETFの楽天投信版VYMで米国高配当株に投資する!

この投信は名前のとおり高配当株式を抽出したETF、VYMの投資信託版です。

抽出したとはいっても、400銘柄ぐらいです。

結構数が多いんですね。

分散投資的な意味では十分分散され過ぎている感じです。

投資信託なので、いわゆる高配当株式を利用して配当金を得るというような投資法ではありません。

高配当株式にだけまとめて投資しておくという「だけ」の投資信託です。

そもそも資金が足りない投資家の一人なので、こういった投資信託を利用するわけです。

とりあえず高配当株式には投資でき、それで我慢するしかないかな・・・という感じです。

配当金目的でなく、分散投資

基本的には分散投資推奨派なので、個別株よりはETFや投資信託のほうが安心なんですね。

一株ずつ少しずつ集めるのも個別株投資の楽しみではありますよね、個別株が集まればお金も増えますし。

ぱぺまぺは配当金を目的とした投資はしていません。

どっちかというとリスク回避でETFや投資信託に投資しているわけです。

手近にある商品で高配当株式にまとめて投資できる低コストな商品ということで楽天VYMをとりあえず例にあげてみました。

投資信託であれETFであれ、ぶっちゃけ資産形成できればなんでもいい。

市場平均・インデックス投資を好む理由

ぱぺまぺはインデックス投資が好きです。

個別株投資も魅力的ではありますが、インデックス投資のほうが好みとしては合います。

なぜインデックス投資を好んで行うのかというと、

  • アクティブ投信よりもインデックス投信のほうが勝つ可能性が高い
  • 個別株投資は、初心者には難しい
  • 投資資金と投資センスがない
  • 投資が楽に感じる

という理由があげられます。

ちなみにアクティブ投信とインデックス投信の違いをカンタンにいうと、↓のような感じです。

アクティブとインデックスの違い

  • 市場平均に近いリターンを目指すのがインデックス型
  • プロの運用に任せて市場平均を上回るリターンを狙うアクティブ型

アクティブ投資は、だいたいインデックス投資に負けます。

アクティブ投資はインデックス投資にだいたい負ける、そんなような記事を過去に挙げていましたので、こちらもどうぞ。

アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない

アクティブ投資は、市場平均を上回るリターンを狙う、なんて魅力的な投資法ですよね。

ただこちらの投資の場合は、

  • 手数料が高い
  • 信託報酬が高い

という傾向にあります。

これら手数料が高いのには、やはり市場平均を上回るためにどうしても売買頻度を高くしなければならないからです。

さらに、指数を上回る成績をたたき出す企業を見つけたりもしなけれならない。

これらの諸経費が積みあがって高くなってしまう。

かかった経費だけ成績が上回ればまだいいのですが、残念ながら経費が高いからといって高リターンを得られるわけでは決してないからです。

分析も不要で投資が楽に感じるというのが重要

企業分析して個別企業をあれこれ悩むよりも、そういうのがだいたい全部入ってる市場平均を狙いたい。

ぶっちゃけETFや投信一本だけ保有していれば管理も楽ですよね。

ただぱぺまぺはとある理由から複数投信を保有していますが。

複数の投資信託を保有する理由

結局のところインデックス投資好きは好みの問題です。

アクティブ投資が好きな人もいるだろうし、個別株投資で市場平均以上のリターンを目指して投資している人もいます。

米国高配当株式を好んで投資している人たちもわりとそうだと思います。

投資のスタイルなんて人それぞれです。

ぱぺまぺの場合は、市場平均でいいです。

市場平均でも将来的には十分なリターンが得られると思っていますし。

あわよくば平均よりもちょびっと上回ればいいかな~、なんてスタンスです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。