メイン投資の分散保有

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは複数の投資信託を持っていますが、メインのもの以外はベンチマーク被らないようにしています。

複数の投資信託持っててベンチマークも同じものを持っている人中にはいますが、ぱぺまぺはそれをやらないです。

 

というのも複数の投資信託を持っていても、ベンチマークが同じだったら成績は似たり寄ったりになるからです。

 

メインだけは複数保有する

 

どうせ複数持つなら投資信託の分散的な意味でベンチマークかぶらないものを持っていた方がいいです。

ベンチマークは別でもその中身、銘柄自体はいっしょのものが多かったりしますけどね。

 

ぱぺまぺは、S&P500系ベンチマークの商品をメインに投資しています。

  • バンガード・S&P500ETF(VOO)
  • iシェアーズS&P500ETF(1655)
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

 

 

当然この中にはNYダウ30種の銘柄が含まれていますし、全米株式投資信託ももってますが、その中にS&P500もありますしダウも含まれてます。

そして全米株式には、高配当株式系のものも入っています。

 

投資信託やETFなど、銘柄が被ったりするのはよくあることでそれは仕方ないのかなという感じです。

だったらそれこそセクター型ETFとか地域別のETFを買ったりして本当に分別するしかないんですけど。

 

メイン投資の分散保有も兼ねている

 

ぱぺまぺは分散投資の意味もかねて、そして投資信託の寿命自体が短いかもしれないことも懸念して、米国株式型でもメインのものは特に複数保有しているという感じです。

S&P500系の商品がぱぺまぺのそれにあたります。

 

投資信託の寿命は、7年弱と過去にいわれていまして、今現在保有しているものが7年後には無くなっているかも・・・、なんて思ったりもします。

 

実際のところ、そのときになってみないとわからないんです。

メインのものを1つか2つしか持っていなかったら、数年後になくなってしまったら長期投資の意味がなくなってしまうんですよね。

 

その対策で複数持っておく、という感じ。

そうすれば1つか2つなくなっても残りがまだありますからね。

心配しすぎといえば、そうかもしれません。

 

そして、どうせ複数もつならベンチマークもある程度分散させて投資するという感じです。

 

メインだけはかぶらせてますが。

Slim米国株式投信がなくなっても1655があるし、1655はマイナーなので怖かったらVOOがあるし・・・となります。

ぶっちゃけ1655とSlim米国株式両方がなくなってもVOOだけはなくならないと思ってます。

 

あとはベンチマーク同じものを保有しても面白くないなという感じですね。

同じベンチマークの投資信託を保有してあとで比較する、ということでなら話は分かりますが、ぱぺまぺはそういうものはやらない予定です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。