コアとなる銘柄を1つは決めておく

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資を始めたばかりのころは、中心となる銘柄が決まっていなかったり、よく分からずにとりあえず投資を始めてみました、みたいな感じでやった人もいるかと思います。

ぱぺまぺはどちらかというとその口ですね。

 

それでもいいんですが、できれば中心となる銘柄を1つでも決めておくのがいいです。

 

中心となる銘柄は、鉄板銘柄で。

 

 

ぱぺまぺにとってのコアとなる銘柄は、S&P500系の商品です。

米国の大型株500銘柄に連動する米国の有名な株価指数です。

みんな知っているマクドナルドやコカ・コーラも含まれています。

 

米国株式に投資することは投資の最適解の1つであり、投資の世界では有名な投資家ウォーレン・バフェット氏もS&P500に投資することをすすめています。

あとは、まあみんな買っている銘柄だから、というのもありますね。

 

ぱぺまぺにとってのコアとなる銘柄は、いちおう複数に分けて投資しています。

 

中心的位置づけ銘柄

  • VOO・・・米国のS&P500ETF。バンガード社の旗艦ETFの1つ。超安定運用。
  • 1655・・・東証上場版S&P500ETF。1口2000円弱で買える。流動性が心配。
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)・・・S&P500指数を投信で買える。20~30年後も運用しているか?

 

本命はVOOですが、国内モノは円で買えるしお手軽です。

どちらがいいかはそれぞれありますが、ぱぺまぺは両方に投資しておきます。

 

固定の銘柄ではなく、「S&P500指数」に投資するのがメイン、といったところでしょうか。

 

コアとなる銘柄を軸に投資する

 

⬆のように複数に投資してもいいし、どれか1つにまとめて全ての資金を集中的に投資してもいいです。

他のベンチマークの投信やETFを組み合わせてもいいです。

 

コアとなる銘柄が定まっていないと、まあとりあえず資金を均等に分けて投資するかな、とかそんな感じになっちゃいますね。

定まっていないと、あれもこれも、となってしまいます。

 

(個別株単位で例えば~〇〇10種みたいな感じでポートフォリオを使っている方もいますが、、、)

 

投資資金がたまたま少ない時でもコアとなる銘柄1つだけでも決めておけば、それにだけ集中的に運用投資することができます。

コアとなる銘柄を決めたら、足りない部分を先進国なり他のETFなりに投資して適宜調整したりもできます。

 

例えばS&P500ETFならば、

  • 単一国投資になるので他の地域に投資したい → 欧州、新興国、日本など他の地域に投資する
  • 金融セクター、情報技術セクターなど一部偏っている → セクター系ETFに投資する

 

という感じで、メインとなる銘柄を軸に、自分なりにポートフォリオを組むこともできます。

 

ぱぺまぺは最初から今のようなポートフォリオの考えをもっていたわけではなく、投資しているうちに今のような形に落ち着いた感じです。

 

メイン銘柄を最初から決めておけば、もうちょっと早く落ち着いたかもしれませんが。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。