鉄板銘柄S&P500、どれに投資するか

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

S&P500指数連動型の商品は、米国株投資家の界隈では鉄板銘柄の1つとされています。

S&P500指数は、米国の大型株500銘柄の株価指数に連動するもので、マクドナルドやコカ・コーラ、プロクター&ギャンブルなど日本でも聞いたことがあるような銘柄が含まれています。

そんなS&P500系の商品ですが、ぱぺまぺは投資信託とETF両方に投資しています。

分散投資を推奨しているのですが、指数はかぶっているものの、投資信託、ETFと商品自体も分散して投資しているのです。

  • 1655
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • VOO

投資信託版、米国ETF、東証上場版ETF。

それぞれ違いはあるとはいえ、S&P500指数を対象にしていることは共通しています。

ぱぺまぺがそれらに投資している理由ですが、

  • 米国の大型株500銘柄に分散投資できる
  • みんなが買っているから
  • 一つだけでは不安だから

ということです。

*過去のいくつかの記事を追記・統合しました。

S&P500は鉄板銘柄の1つだし、無難です。

過去からのチャートをみても、S&P500は基本的に右肩上がりということもあるので、⬆の理由のほかにもそれも付け加えます。

経済や投資については素人であってもとりあえずS&P500に投資しておけばだいじょうぶじゃね?という安心感がある感じです。

現にぱぺまぺは、S&P500というのは投資をする前はよくわからなかったです。

でもなんかネットで有名な投資家さんみんな買っているし、とか米国の超有名な投資家さんもなんか推してるし、、、

とか、そんな理由で最初は投資をしたような気がします。

結果的にはそれは正解だったのかな、と。

他の指数とよく比較されるS&P500

大儲けできたらそれはそれで越したことはないんですが、基本的に負けない・負けにくい投資をすればいいだけなので、この指数だったらそれが叶えられるかなと。

米国の株とはいえ、企業自体は世界中に展開しているわけですから、実質国際分散投資といっても過言ではないかもしれません。

この辺を全米株式と比べるとどうなのか、というのもありますが。。。

NYダウ30種よりも幅広く分散投資でき、全米株式よりも集中投資している、そんなあんばいの感じが好きです。

米国株式はリターンがいいので、ある程度集中的に運用した方がいいのかもしれないとも考えています。

なので、全米株式では分散投資しすぎるのかな?というのもあるし、ダウ銘柄が少なすぎる、ということでちょうどいいんですよね、ぱぺまぺ的には。

セクター的に何かが足りないとか、偏ってるな、というのであれば、別の指数のETFやセクター系ETFを投資していけばいいだけなので。

と、まあこんな感じでみんな買っているとかバフェット氏が推しているからだとか、確固たる理由がぱぺまぺの中にあるわけでもないんですが、それでも投資をしています。

S&P500どれに投資するか

投資信託でS&P500指数に投資できる商品は、メジャーどころだと以下のものです。

  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • iFree S&P500インデックス

名称こそ違えど、中身はいっしょです。

ぱぺまぺはその中でもSlim版の投信に投資しています。

コストはSBIのものに遅れをとるものの、ほぼほぼ誤差ぐらいしか違いがないです。

ETFは、

  • バンガード・S&P500ETF(VOO)
  • iシェアーズS&P500米国株 (1655)

米国ETFと国内ETF2つに投資しています。

国内でS&P500に投資できる商品だと、他に1557が有名です。

1557は、一口あたりの価格は3万円ぐらいかかるので、毎月コツコツ買うというのはちょっと厳しいです。

なのでぱぺまぺは後発で登場したものの、一口価格は2000円ぐらいと安い1655に投資しています。

少なくとも100口以上保有しています。

ちゃんと分配金でますしね。

ぱぺまぺの中では、配当再投資戦略が実行しやすい銘柄だと考えています。

1655が、10年後、20年後ぐらいには今の1557のように基準価格が上がっていることを期待しています。

そのための先行投資といえるでしょう。

VOO以外に類似のものだと、IVV、SPYなどがあります。

ぶっちゃけどれもいっしょです。

ぱぺまぺは、最も1口あたりの価格が安いVOOに投資しています。

こんな感じで、メイン銘柄を、投資信託、日本ETF、米国ETFとわけています。

銘柄が被ってるんだから、1つにして投資すればいいやと思いますが、ぱぺまぺなりに理由があります。

指数がかぶっている銘柄を、分けて投資する理由1:通貨分散

1つには、通貨分散です。

円建て、ドル建てと2つにわけて資産を保有しておきたいという思惑です。

  • 円建て → 投資信託、日本ETF
  • ドル建て → 米国ETF

ぱぺまぺは、海外で生活する予定は今のところゼロなので、ドル建て資産を持っていても意味はないです。

ですが、ドル建て資産は最終的には円に換えて使えます。

ドル建ては、どちらかというとのちのち使う円建て資産の退避場所、という感じです。

指数がかぶっている銘柄を、分けて投資する理由2:商品の寿命が心配だから

日本の投資信託は、寿命が短いとされています。

平均して7年弱とか・・・。

長期投資前提の商品なのに、投資信託の商品自体の方が先に終わってしまってはちょっと投資の意味がありません。

まあ、それは昔の話ですが、今はどうなんですかね・・・?

ぱぺまぺが今保有している投資信託は、もしかしたら30年後存続していない可能性があります。

あと30年ぐらい投資していく予定なので、投資信託1本だけでは超心配なんですね。

続くかどうかわからないから、念のためにETFも買っておく、という感じです。

1557の後発で登場した1655もまた、まだまだマイナーの域です。

これが1557のようにある程度まで育つのにも時間かかります。

育つ前にもしかしたら、商品自体が強制償還を迎えて終わるかも・・・。

それが心配だから米国ETFを買っています。

つみたてNISAの商品を買っているから、多少は安心していますが・・・。

メインだからこそ複数わけて投資

カンタンにまとめると、

  • 投資信託1本では寿命が心配なので、1655に投資
  • 1655がマイナーで心配なので、VOOに投資
  • 資産を通貨分散で持っておきたいので、ドル建て、円建て両方に投資

という感じです。

仮にメイン銘柄としているのが投資信託1本で、その投資信託が5年後10年後とかにこちらが予期しない理由で終わってしまったら長期投資がムダになってしまいます。

だから複数に分けるべきかなと考えているんですね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。