定年前後に暴落した時の対策

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資を辞める予定の30年後に、リーマンショック級の大きな暴落が来たらどうするか。

 

本当のところ投資を辞めているかどうかは分からないですが、そうなったらこちらはどうすることできないので、無理せずに、貯金や年金、もしくはリスク資産の取り崩しをして株価が回復するまでしのぎます。

 

投資をやめてから死ぬまでいろいろあるはず。

 

30年ぐらい資産の積み上げの時間がありますので、暴落に対してはまあそんなに心配はしてないんですけど。

 

ぱぺまぺが投資を辞める予定の30年の間に何回か大きな暴落はあると思います。

 

また同じく、投資を辞めてから死ぬまでの間にもいろいろあると思うんですよね。

ぱぺまぺがいつ死ぬかは分からないですが、今は平均寿命が伸びているのでもしかしたら100歳ぐらいまでは生きちゃうかもしれません。

 

リスク資産だけに頼らない

 

リスク資産だけに頼ってしまうと暴落をした時に、損をしたくないという心理から売れない状態が想定されます。

だからそれを想定して普段から貯金をしておくというのがいいと思います。

 

年金ももらえないパターンも想定するとやっぱり不安ですからね。

  • 投資
  • 年金
  • 貯金

 

少なくともこの三つは並行してやるのがおすすめです。

合わせて副業などもやっておくと安心です。

備えあれば憂いなし

 

暴落はいつ何時起こるか分からず、しかもそれがどれくらいの期間続くのかも分かりませんしね。

 

ちなみにですが、何かお金を貯めるばっかりの人生に聞こえますが、別に全然そういうわけではないんですよね。

 

お金は使ってこそなんぼなので、定年後にいろいろやるのにお金を使ったってそんなに嬉しくはないんですよね。

かといって今調子に乗って使ってしまうのも後々怖いというのもあります。

 

別に老後に生活できる程度、働かなくてもやっていける程度の資産が積み上がっていれば別に売却しても構わないんですよね

 

今のうちにお金を使って色々経験しておくというのも大事ですからね

なにせ人生は一度しかありませんし。

 

とにかく、老後、定年後にも想定されるパターンも頭の片隅において今から準備しておくのがベターです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。