投資と節約のマインドセット

保険&節約

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、基本的にはムダ遣いをしないように心がけています。

ぱぺまぺは、以下の2つのマインドセットをで日常を送っています。

  • 節約のためのマインドセット
  • 投資継続のためのマインドセット

 

節約のためのマインドセット

 

ぱぺまぺは、ドケチじゃなくて、節約家です。

 

ぱぺまぺがなぜ周りからケチとかいわれているのかというと、↓のような理由らしい。

 

ぱぺまぺが周りからケチといわれている理由

  • コンビニでほとんど買い物しない
  • 自販機でほとんど飲み物を買わない
  • 外出してもウインドウショッピング
  • 外食ほとんどしない
  • 洋服は、ユニクロかG.U.(もちろん毎月服は買わない)
  • ギャンブルやらない
  • タバコやらない
  • お酒飲まない
  • 衝動買いしない
  • キャバクラ、風俗行かない

こんな感じです。

なるべくお金かけないというか、低コストで生きてます。

 

収入が少ないのに、ちょっと調子こくと、次の支払いのとき困ったことになるのがイヤ。

散財したくてもできない。

 

それに何かというと、お金をさっぴこうとするところもあります。

呼吸するだけで、金がかかるこの国。。。

 

なので、ケチだなんだと周りからどう思われようと気にしないことにしてます。

ひと昔みたいな感覚でお金使ってたら、やっていけません。

 

固定出費のムダ使いをやめる

上記の日常のムダを省きつつも、毎月の支出を抑える方法が以下のものです。

  • 不要な生命保険解約
  • 入るなら安価な掛け捨て生命保険に入る
  • 格安携帯導入する

 

これをやるだけで、やる前と比べると毎月約8000円の節約になりました。

年間にすると、96000円の節約ですよ。

生命保険や携帯電話は固定出費ですから、一度削減できてしまえば、あとはず~っとそのままでいけるんですよね。

 

支出を抑えると、昇給と同じ効果が得られる

節約は金になる

 

衝動買いってあるじゃないですか?

商品見た瞬間にそれが欲しくなるあれ。

 

ぱぺまぺもわいてきますよ。そういう気持ち。

でもそこで一回考える。

  • ほんとにこれ必要??
  • 似たようなやつ持ってない??

とかね。

 

支出を抑えると、上がらない給料が、上がったのと同じ効果が得られます。

手っ取り早く手元に資金を残したいならそれしかないです。

 

入る資金が同じなら、出口を抑えれば手元に多く残りますよね。

ただそれだけです。

 

結論的には、投資を日常の一部として考えます。

 

日常の一部、空気の一部です。

朝起きて、ご飯をたべて、社畜しに仕事にいく。

そのルーチンといっしょです。

 

むしろルーチンの一部ですね。

ぱぺまぺが投資に関してやっていることといえば、

  • 積立投資分の資金を証券口座&ネットバンクに移動。
  • 1日1回、ポートフォリオ成績を確認する
  • ETFは、指値注文しておいて放置

 

これだけです。

あらたに銘柄を増やす予定もないので、このままです。

そのうちプラスに転じたら売却する予定の銘柄がいくつかありますが、今すぐどうなるものでもないので、気長に待ってます。

 

ポートフォリオの投資成績は、確認するだけ。

今日はマイナスだったのか、プラスだったのか。

まるで今日のテレビは何をやるのかな、と新聞でテレビ欄を確認するがごとくです。

どうせ今日はプラスでも明日はマイナスになってる(逆もある)ので、基本的に気にせず放置です。

 

株価暴落のニュースは、「よくあること」

 

投資信託にしろETFにしろ、ぱぺまぺが保有している銘柄は商品それ自体が分散投資になっています。

分散投資していれば、どこかの企業はなにかしらの問題で株価が下がったりします。

それは一投資家であるこちらでは干渉することはできません。

どうすることもできないんですよね。

 

だったら気にするだけ時間のムダです。

ぱぺまぺも人間なんで、たしかに保有銘柄が超下落していたら精神的動揺が隠せないですが。

 

しかし、例えばぱぺまぺが保有しているブリティッシュ・アメリカンタ・バコなんか含み損の状態がずっと続いていますが、もう今ではまったく気にしなくなってしまいました。

タバコ1

英国株式タバコセクター、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

 

最初はしょうがないです。

だって一応は、儲かると思って投資しているわけですから。

とはいえ、株価が下落しすぎて超高配当銘柄になっているのは皮肉な話です。

 

人間慣れてしまえばどうとでもなる、ということはわかりました。

最初は気にしてしまうかもしれませんが、いずれは株価が戻ると思って保有していれば、多少の下落でも気にならなくなりますよ。

貯金をしているのと同じ感覚で投資します

 

マインド

 

 

 

 

投資と貯金は別物ですが、資産形成のツールとしては大変重要です。

日本人は、ギャンブル好きでもありますが、同時に貯金も大好きです。

 

なので貯金が好きな人はそれと同じ感覚で投資もやってみたら?という感じですね。

ただし、当たり前ですが、

  • 投資は、自己責任
  • 投資は、元本が保証されません
  • 投資は、大きく増やせるが、逆もしかり。

 

ということも肝に銘じておきます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。