追加投資しすぎて資金が足りない問題を解決

投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

今まで通常通り投資していて、急に相場が悪くなったので追加投資をしたら、翌日さらに大きな下落が来て追加投資する資金が残ってない、とかそんなパターンは投資家あるあるだったりします。

これを解決する策としては、

  • 現金をたくさん持っておくということ
  • 相場がどうだろうと普段どおり定期的に淡々と投資する
  • マイルールを明確にする

ぐらいかなと。

下落の底かどうかはわからない

 

今が底だと思って追加投資したらさらに下がり、もっと買いたいのにお金がないっていうパターン。

Twitter を見てるとそういう人結構いまして、投資あるあるだなと思いました。

 

株価が下落すると、

  • 静観する人
  • 慌てて売却する人
  • 追加投資する人

 

と、こんな感じで対応が分かれます。

ぱぺまぺはどっちかというと1と3って感じですね。

 

厳密には静観ではないんですが、いつも通りって感じ。

 

株価が下落して保有銘柄の一口価格が下がると安く買えるので、ぱぺまぺのとしては一つのバーゲンセールみたいなものです。

だから追加投資したくなるんですよね。

 

例えばS&P500指数に投資するVOOというETFがありますが、暴落前まで一口価格300ドルぐらいありました。

今回の暴落で260ドルぐらい、40ドルぐらい下がったんですよね。

 

結構お得になりましたよね。

それでもまだ高いんですけどね。

 

株高過ぎてなかなか手が出しづらかった銘柄も、今回の下げでめちゃくちゃ買いやすくなったのは事実です。

で、いざ追加投資してみたらさらに下がりまして本当にほしいときに投資しようと思ったら、現金が手元になくて追加投資できないという・・・。

 

通常と違う投資行動をしているからお金が足りなくなる

 

何でかというと、いつも通り淡々と投資やっていないからですね。

マイルールを決めるのと同じことですが、 いつも通りの行動をしていないから、そういうことが起こるわけです。

 

相場がどうなろうが普段どおりのことをしていけばいいのです。

そうすれば現金が足りなくなるなんてことは起こらないわけです。

 

マイルールを設定するというのも有効です。

例えば今より株価が何パーセント下落したらいくら投資する、とか決めてしまえばいいんですよね。

 

もちろん追加投資する資金が残ってる範囲内でですけど。

こういう風にルールを決めておかないとあるだけお金を使ってしまうんですよね、人間って。

 

今が底なのかさらに下がるのかは分からないです。

それはだれにも読めません。

 

投資は運も絡むと思うが、運を頼りにしないこと

ぱぺまぺの場合はたまたまというか、だいぶ値が下がった後に2番底が来るんじゃないかと思って静観していたら本当に下がったんで。

結果的には正解でしたがそれもあくまで結果論。

 

そしてこういう暴落とかコロナショックとか微塵も感じない、数か月前にぱぺまぺは通常NISAで保有していたほとんどの銘柄を売却して現金化していました。

 

株価の方もめちゃくちゃ調子が良くて プラスのうちに現金化できました。

それもあってか現金も手元にあったわけですね。

 

これも結局結果論だったんですけど。

 

いつまでも株価が調子いいわけがないし、どうせ通常NISAはいずれ課税口座に移ってしまうわけですから、期間も短いし。

評価損益がプラスになっているうちに現金化してしまおうと思って売却したわけですね。

 

この選択がたまたま正解だったんですけど、こんなのは偶然でそう何回もあるわけではありません。

  • あの時現金化しておいてよかった
  • あの時追加投資しなくてよかった

 

と結果論では後からいえます。

 

そういう偶然は何回も何回も起きないのでやっぱり、

  • 現金をたくさん持っておくということ
  • 相場がどうだろうと普段どおり定期的に淡々と投資する
  • マイルールを明確にする

 

上記でいったようなことを淡々と実行するのが最適です。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。