現金100%のポートフォリオはやめておく

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

もうほぼタイトルのとおりなんですけど、要するに金融商品など投資せず、現金だけのポートフォリオはやめておこうということです。

投資をするしないは、人それぞれなのでそれはいいです。

 

ぱぺまぺは投資をしないこと、それ自体がリスクであると考えています。

結論的には現金100%はやめて、比率は各々に任せますが、何%かは投資商品に回すべきです。

 

現金100%のポートフォリオのメリット

現金100%のいいところは、いつでも、どこでも使えることだと思います。

そして投資にも、貯金でも、そして消費にもいろいろな用途に使えます。

 

流動性にめちゃくちゃ優れていますよね。

現金は、ぱぺまぺは大好きです笑

 

そして現金がないと生活もままならないという・・・。

 

現金100%のポートフォリオのデメリット

デメリットとしてみれば、将来的なインフレに耐えられないかも、ということですかね。

投資もなにもせず、現金100%のまま10年後、20年後、と同じ値段でモノが買えるかというとおそらくそうではないです。

 

今100万円手元にあって、100万円のモノを10年後も同じ値段で買えるかというと買えないかもしれません。

モノの値段は上がるけど、お金の価値は・・・。

 

ひとつのモノを買うのに、今より多くの現金が必要になってくるかもしれません。

あいまいな言い方になっていますが、まあ未来がどうなっているかわからないので・・・。

 

現金100%は、多くの人がやっていること

ぱぺまぺの周りは投資をやっている人はいないと思われるので、ほぼほぼ現金100%だと思います。

多分、ポイントで投資できることも知らないと思います・・・。

 

100円で投資信託に投資できることも知りません。

 

たぶん昔ながらの方法というか、労働して、収入を得て、いくらかを銀行の定期預金に預けて、とかそんな感じでしょうね。

今の銀行は、金利がめちゃくちゃ低いので預けてもほとんど意味がないんですよね、よっぽどの大金持ちでないかぎり。

銀行

銀行の金利が低いので、貯金「だけ」はやめておこう

2019年4月1日

 

銀行に預けておけば、市場で経済が暴落しようが銀行に預けてある現金は減りはしないでしょうね。

しかし金利が低い以上、増えもしないです。

 

今の日本はデフレではあるけれどもインフレになるかもしれない。

変化はしているわけです。

 

ただ預けているだけだと変化に対応できません。

現状維持だとマイナスなので、変化に対応するために、株やETF、投資信託にいくらか預けておく、という感じがいいのかなと。

 

定年後や老後の段階では現金100%でもいいかもですが、まだそうでない場合は、もう少し対応を考えたほうがいいですね。

ぱぺまぺは、対応しているつもりです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。