複数の収入源を今からつくっておく

スキルアップ・自己改善

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

フロー収入とストック収入という言葉があります。

フロー収入は身近なところでいえば、いわゆる労働収入がこれに当たります。

働いている人は、みんなこのフロー収入を持っていることになります。

 

  • 毎日毎日働き(自分の時間と労力を売って)、収入を得る(対価を得る)。

 

対してストックは、わかりやすくいうと、蓄えという意味です。

 

在庫にまだストックがある、とかそういう感じの意味合いです。

なのでストック収入は、いわば不労収入のようなものです。

例を挙げると、

 

  • 印税収入
  • 不動産収入
  • 株式投資の利益
  • アフィリエイト収入
  • 広告収入

 

など、働かなくても(厳密には違う)勝手に入ってくる収入です。

 

フロー収入のみだとリスク高い

 

フロー収入だけ持つと、ここでは労働収入を指して説明します。

万が一、

  • 会社が倒産
  • 給料減額
  • 事故病気

 

これらの事態が自分の身に降りかかる可能性を考えてみましょう。

通常通り入っていた収入が、あるときを境に減ってしまうのです。

 

蓄えがあればいいのですが、それも無限ではないだろうし、ぱぺまぺのように収入が少ない人は、一回起きただけでも致命的。

元気があるうちはいいかもしれませんが・・・。

 

副業として選択するならストック収入

 

仮にフロー収入を複数持つとなると、一般のサラリーマンの場合だと昼間に会社で働き、夜は違うところでアルバイトをするという感じになります。

体力的にも精神的にもきついです。

だれでも流れる時間は同じ、24時間しかありません。

 

その24時間のうちの大半をフロー収入で費やしてしまうとある日破綻しますよ絶対に笑

ストック収入ならば、一度そういう仕組みができてしまえば、昼間あなたが会社で働いているときでも勝手にお金が手元に入ってくるわけです。

 

この仕組みづくりが大変で、安定的にストック収入が見込めるまで持って行くのが大変です。

先ほどあげた一例で、

 

  • 印税収入
  • 不動産収入
  • 株式投資の利益
  • アフィリエイト収入
  • 広告収入

 

これらのストック収入を構築することが大事です。

勤めているところがだいじょうぶな今のうちに。

 

コツコツと準備をすすめて、そしてそれが芽が出るのは恐らく時間がかかるでしょうから。

 

なぜ、複数の収入源が必要か。

 

上でも少し触れましたが、突然本業の収入が途絶えてしまったらどうでしょうか。

 

  • もしくは、ある日病気で仕事を休んだりすると、ひと月にもらえる給料が減ってしまったり。
  • もしくは、何かがあって会社が倒産!
  • もしくは、会社辞めるわ、やってらんねーわ!!ってなって辞める。

 

今勤めている会社から給料がもらえない状況になると一気に窮地に陥ります。

なぜなら収入源が一つしかないから。

(↓の図は昔つくったものの使いまわしです笑)

 

 

 

でもこれでもし、会社からもらえる給料以外に収入源が複数あったらどうでしょうか?

 

 

こんな感じです。

 

会社からもらえる給料がなくなっても、他の収入源でサポートする感じです。

 

例えば、本業の給料が20万として、労働収入の除いた残りだと、一つの収入源で約3万弱あれば、六つの副業収入で本業収入をカバーできるわけです。

労働収入が消えても、なんとかなる状況になります。

 

これは、分散投資の考え方に似ています。

一つの国、一つの地域にのみ集中投資するとそこが危なくなったときに負うリスクは計り知れません。

 

しかし、これを複数の地域に分散投資しておけば、あちらがダメでもこちらはだいじょうぶ、という感じでリスクの分散ができます。

 

副収入源・副業の一例

  • 株式、ETFなどの配当金・分配金(円建て・外貨建て)
  • ソーシャルレンディングの分配金
  • 投信等の含み益
  • ブログ、アフィリエイト等の広告収入
  • youtubeなど動画広告収入
  • 自分のスキルを使って稼ぐ系(クラウドソーシングなど)
  • ポイントサイト・アンケードサイトの報酬
  • 不動産の家賃収入
  • せどり・メルカリなどの収入
  • コンテンツ販売

 

できることなら、配当金や広告収入みたいな、ある程度放置してもお金がチャリンチャリンと入るのが理想です。

不動産収入なんか一見よさそうですが、ある程度まとまった資金が必要なので。

 

副収入源を準備しておく

複数の収入源2

方法はなんにせよ、自分が勤めている会社がまだあるうちに、今のうちに準備をしておくのがいいです。

 

例えば投資をするんであれば、証券口座を開いておくとか。

そもそもそのための資金を今から貯金しておくとか。

 

ブログを今から書くとか。

準備をして、それが芽が出るまで時間がかかるのもありますので。

 

 

時間なくてもできる副業をつくる

 

 

 

実行済み&できそうな副業・副収入リスト

項目フロー収入ストック収入自分が実行しているか懸案事項
1労働収入×(会社を辞めたので今はない)一般的な収入源。会社を辞めても倒産しても終わり。
2株式売買×短期投資で値上がり益狙い。タイミング売買は難しい
3投資信託長期投資前提。利益を得るのは20~30年後予定
4株式配当収入(外貨含む)少額でも実現。配当金増えるまで時間かかる
5株式・ETF投資(バイアンドホールド)長期投資。
6ポイントサイト・アンケートモニター×稼げるコツを覚えればできるが、できなければ稼げない。
7ソーシャルレンディング×投資資金が満期まで固定化される。
投資先の業者が不透明。
8クラウドソーシング単価と作業時間の割に合わなそう。低スキルだと厳しい。
9仮想通貨投資×ハイリスク。
配当金的なものはない。
10フォトストック(写真販売)×カメラ必要(スマホ可)。腕前が必要。
11ポイント投資ポイントを使った投資サービス。大儲けできない。
12アフィリエイト収入は安定しない
13Fx (スワップポイント収入)×ハイリスク・ハイリターン
14不動産投資×実物投資するには資金が圧倒的に足りない
15ブログ収入継続中だが、いつまで続けられるかわからない。

 

副業ではないけど、労働収入も加えました。

 

株式の売買で儲ける(キャピタルゲイン)も、売ったらそれまでです。

当然配当金も入りません。

 

仮想通貨は、配当がありませんので完全に値上がり益狙いです。

なのでフロー収入にあたると思います。

 

ポイントサイトやアンケートモニターは、お手軽に稼げるかもしれませんが、作業になってきて飽きます。

 

ストック収入になりそうで、できそうなのがストックフォトです。

写真のセンスや腕が必要そうですが・・・。

しかし、やってみないことにはわかりません。

 

超甘い考えですが、これで小遣い程度でも稼ぐことができれば・・・。

 

  • 趣味にもなる
  • 趣味として楽しみながら、お金を稼げる。

 

ブログ系の収入(アフィリエイト、ブログ広告収入)は、続けることが重要です。

上記には載せていませんが、動画収入という手段もありますね。

動画収入は、最近流行のyoutube系コンテンツを利用しての収入になります。

 

 

ちょっとずつでもいいから、今のうちから収入源を構築しておくのがいいかなと。

  • 自分の環境・状況を確認する。
  • できること、やりたいことを検討してみる。
  • やるときは、小さなことからコツコツとやる。
  • できそうなやつから実行する!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。