いろいろな投資を試して、自分の商品を見つける

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

色々な商品に投資してみて、自分的にこれだ、と思う商品を見つけましょう。

投資をやり始めでもそうでなくても色々な投資商品に手を出してしまうものです。

いろいろ最初は投資してしまうかもしれませんが、それで失敗することもあるでしょうが、自分がこれだと思う商品を見つけましょう。

投資してみてわかることもある

ぱぺまぺの場合は、分散投資の名目で色々な投資信託、債券から新興国からリートから株式から色々な商品を買っていたことがあります。

  • ネットでちょっと話題になった銘柄
  • ETF
  • ソーシャルレンディング
  • ポイント投資

不動産投資や純金積立はまだやったことはないですね。

結局最初の1年か2年ぐらいは色々投資していましたが、半分ぐらいはやめてしまいました。

その時はこれでやっていこうとは思っても、様々な事情によってやめてしまうケースが多かったです。

何だかんだいって今生き残っている銘柄が自分の中で最後まで投資してもいいかなと思っている銘柄なんですね。

やってみて、続きそうなら継続投資する

実際に自分が投資し、株価が調子良い時も悪い時もそれでも投資したいなと思える銘柄だと思ったからその銘柄が、自分にとっての最適な商品なのかなと考えています。

実際に投資してしばらくやってみないと分からないものです。

投資してもいいかなと思ってる銘柄だって、株価がめちゃめちゃ悪くなった時に追加投資できるかと悩んでしまった時は、それはもしかしたら違うのかもしれません。

ぱぺまぺはのコロナショックを経験してですが、追加投資したいなと思える銘柄とそうでない銘柄にははっきり分かれたんですね。

そうでない銘柄については、まだ含み損の状態なので売却はできませんが、プラスに転じた時その銘柄を手放そうかと考えています。

ポートフォリオに残すのは、世間の経済状況がどうなっても投資したいと思える銘柄だけ残すという感じです。

これから30年長く付き合っている銘柄なわけですから、上がろうが下がろうが関係なく投資できる銘柄じゃないといけないような気もするんですね。

そしてに30年投資をやっていく上で、長く続きそうだなと思える銘柄は、ぱぺまぺにとっては個別株よりも投資信託や ETFなんです。

人によってはこの二つよりも個別株式がいいという人もいるでしょうけど。

個別株特有のリスクを回避できること、現在自分のポートフォリオを見直して個別株に投資していない事実を鑑みるに、個別株投資よりも投資信託やETFに投資していた方が長く続きそうだなと判断でそちらを選びました。

結局、

  • 米国株式先、進国株式などに投資すること
  • 個別株ではなく投資信託やETFなどに投資する
  • 100円から投資することが可能
  • つみたてNISAなどの非課税投資の制度を利用できること
  • S&P500などある程度メジャーな指数に投資すること
  • FXや不動産などリスクの高い投資はやらないこと
  • 債券や金などリターンの低い投資はやらないこと

という感じですね

まあ自分の場合は1年か2年くらい投資をやってみてそんな感じの答えにたどり着きました。

まあ今後5年、10年でまた変わっているかもしれませんが、直近の考えでは今はこれが最適解。

そういうのはやる前からわかっていれば良かったんですが、実際にやってみないと分からないこともあるものです。

なのでこれから投資をやる人は、自分に無理のない範囲で失敗してもいい金額で1年か2年ぐらい投資を続けてやってみて 続きそうだなと思う銘柄を見つけて投資していけばいいのです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。