最近の投資マイ・ルール

投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資のマイルール的なものを定めておくと投資は継続しやすいと考えています。

なるべくシンプルな方がもちろん分かりやすい。

 

ぱぺまぺの場合は、

最近の投資マイルール
・ETFは定期投資
・つみたてNISA満額投資
・先進国株式と米国株式を主軸
・ポイント投資はTポイントと楽天ポイントのみ
・ポイント投資は本気でやらない
・個別株投資やらない
・FX投資やらない

やらない投資はやらない。
続けられる投資だけやるという感じ。

 

という感じです。

 

投資マイ・ルール

 

投資でマイ・ルール的なものを定めた方が、安定します。

というのも、特にこれらを定めないと上昇時、下落時に大きく精神が動揺してのちのち資金不足になるかも知れないのに投資してしまうものだからです。

 

資金的余力がある人はいいでしょうが、ぱぺまぺのように投資資金がない投資家はまさに貴重な種銭です。

 

なので貴重な資金をうまく使うためには、投資ルールを定めた方がいいです。

 

ぱぺまぺは基本的に分散投資推奨派です。

先進国株式と米国株式をメインにやっています。

 

ちょっと前には、個別株投資をしていましたがそちらは一旦手じまいにしました。

個別株投資では、分散投資はかなり厳しいのでETFや投資信託を利用しています。

 

分散投資の名のもと、投資銘柄を増やせば増やすほど管理がめんどうです。

 

違う投資、違う銘柄への投資をやる場合はあくまでもお試し投資の範囲内で定めておき、続きそうだったら続けるし、やりたくなくなったらすっぱりやめるという感じです。

基本的には続けやすいものを続けるだけです。

 

シンプルな投資はわかりやすい

投資の優越感

シンプルな投資のほうが、

  • 管理が楽
  • 継続しやすい

 

というメリットがあります。

特に、継続するというのは投資においては重要な行為です。

 

世の中には色々な投資商品がありますが、なんにせよ投資はシンプルな方がやりやすいですね。

 

シンプルなものの具体例をいうと、例えば、VTというETFがあります。

VTは全世界株式で、世界中の株式約8000銘柄にまるっと投資できます。

 

全世界なんて、ぜんぜんシンプルじゃなさそうですが、こちらが投資するのはVT一本でだいじょうぶです。

中の構成比率がどうたらとかこっちが気にする必要はぜんぜんありません。

世界

全世界株式は、分散投資の究極系。

2019年5月12日

 

シンプルではない投資は?

資産クラス

 

逆にシンプルでない投資はなにかというと、

  • 新興国株式が何%で、先進国株式何%、だから国内株式は何%にしよう
  • あ、債券もあるから国内と先進国と、新興国債券の比率は~
  • そのほかリートやコモディティも!

 

あっちもこっちも投資して銘柄を必要以上に増やしてしまうことですね。

ぱぺまぺの例でいえば、かつてやっていた楽天証券の100円投資×投資信託20銘柄がそうでした。

 

楽天証券のポートフォリオ

 

すごい、わけわからん・・・(困惑)

 

これが、銘柄増やしすぎると管理がめんどうという典型です。

しかも、投資もやめてるし。

楽天 投資信託

楽天銀行×楽天証券ルール改悪で100円投資撤退します。

2019年6月19日

 

ここまでごちゃごちゃしているとポートフォリオ確認するのもめんどうになってきます。

実際、ぱぺまぺは楽天証券のポートフォリオはほとんど開きませんでした。

 

ぱぺまぺは、1つの投資信託だと強制償還がこわいので、あえて複数の投資信託に分散して投資しているのです。

さらに米国ETFや国内ETFもポートフォリオに含まれたりします。

 

あれもこれも、と分散して投資するとそういうことになっちゃうってことですね。

全然シンプルではありませんね。

 

もしもこれから投資しようと思っている人がいて、まだ銘柄を決めかねているならなるべくできるだけシンプルなものがいいかもしれませんね。

今後に30年投資をやっていくわけですから、その間にいろいろと株価がめちゃくちゃ値上がりしたり逆にめっちゃ大暴落したりいろんなことがあるはずです。

 

そんないろんな事があったにもかかわらず、それでも投資していきたいと思える銘柄こそ長期投資に値するとぱぺまぺは考えています。

含み損辛い

暴落しても投資したい銘柄こそ投資する

2020年3月29日

 

 

お試し投資をやったとしてもの、暴落イベントの時にそれでも追加投資したいと思えるような銘柄であれば、それは続けるべきだし、買いたくないと思ったらその投資は自分の中ではやるべきではなかった投資と考えています。

 

だからなるべく投資をする時は、慎重にお試し投資の範囲内でやります。

 

ETFや投資信託をメインにやっているので基本的にはほぼ放置でOKです。

積立投資の設定もできるので、ほとんどほったらかしです。

いちいち株価の成績を気にしなくてもいいのが投資信託やETFのいいところです。

 

個別株投資だと儲かっているのかそれとも赤字なのかが気になってしまうということもあります。

大きく儲けることはできませんが、めちゃくちゃ負けるということもないのがインデックス投資のいいところです。

 

ポイント投資をガチでやらない理由やFX投資に関しては、以下の記事で説明しています。

FX投資をやらない理由

2019年5月27日

 

上記2つに関してはあまりリスクをとらず、継続しやすい方向に投資していきたいので、ぱぺまぺ的にはやりません。

 

というわけで、

最近の投資マイルール
・ETFは定期投資
・つみたてNISA満額投資
・先進国株式と米国株式を主軸
・ポイント投資はTポイントと楽天ポイントのみ
・ポイント投資は本気でやらない
・個別株投資やらない
・FX投資やらない

やらない投資はやらない。
続けられる投資だけやるという感じ。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。