自分の能力を発揮できる仕事をする

スキルアップ・自己改善

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

自分が得意なこと、好きなことを仕事にしている人が羨ましいなと思うことはあります。

実際のところはどうか分かりませんが、仕事を楽しくやっていそうなイメージがあるんですよね。

 

人生の1/3は仕事ですから、やはり仕事を充実させるためにも、好きな仕事・得意なことを仕事にできたほうが幸せだと思うわけです。

転職サイトに登録だけしておくと気持ちが楽になる

2019年7月13日

 

自分の能力(スキル)が発揮できる仕事に就くべき

 

普通に考えても、個人によってやれること、できることは差があります。

 

パソコンが得意な人もいれば、肉体労働が得意な人もいるし、その逆もまた然り。

肉体労働が得意な人にパソコンの仕事をやらせるのもおかしな話だし、その逆もおかしいです。

 

十分にその人の力というか能力が発揮できない、パフォーマンスが悪くなります。

魚は泳ぐのは得意ですが、陸で歩くのはかなり難しい。

 

というか死ぬ。

 

鳥は歩くのはそれほどでもないが、空を飛ぶのに関しては一級品。

そんな感じで、それぞれ能力やスキルが違うわけですね。

 

それは人間も同じです。

やはりこちらも同じように得意分野好きなことがそれぞれ違ってくるわけです。

よく考えると、会社だって仕事の能率が上がればそれはその方がいいわけですから、得意な仕事があるならその人に任せるべきです。

 

ただ、残念ながらそういう会社ばかりではないですよね。

先ほどもいったように、魚に陸を歩かせたり、鳥に地面を歩かせたりするような会社だって存在します。

 

ぱぺまぺがそうなんですけど 自分の力を最大限発揮できない仕事をやって、しかもそれで怒られるみたいな。

そういう理不尽を毎日やっているような感じ。

 

ストレスも溜まりますし精神的にもかなりキます。

嫌いな仕事だって続ければいつかは、ということもあるかもしれません。ですが、そのいつかがいつ来るか分からないのに続けてもな、と。

 

ただし、いくら好きな仕事でも、いくら得意な仕事であっても、ものすごく消耗しているような場合はそれはあまりおすすめしないかなと。

 

たしかに好きなことだったらいくらでも続けられるという人はいますが。

それを仕事にしている場合、肉体的精神的疲労は別種の意味で疲れるわけですね。

 

心身を壊してしまっては意味がないわけですよ

肉体的にも精神的にも、この辺はバランスですよね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。