投資を始める前のマイナスイメージの捨て方

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資をやったことがない知人が投資に興味を持ち始めたという話を前にしました。

投資をはじめるまでハードルが高く、ようやく、といったところです。

 

下は過去のツイートですが、

 

まったく投資をやったことがない人間が、投資をやるまでの0→1にいくまでのステップのハードルが高いです。

ぱぺまぺの投資歴は1年とか2年とか、その程度のものなんですが、それ以前にもっていた、投資をやる前のイメージは、今はだいぶ変わっています。

投資をやらずに想像していただけのものと、実際に自分で投資をやるのとではやっぱり違いますね。

投資をやる前に持っていたマイナスイメージは、基本的に捨てました。

 

知人がようやく投資をやるかも

 

*過去のいくつかの記事を追記・統合しました。

 

お試し投資をやる、その前のハードルが高い

 

さんざんぱぺまぺは、投資は最初はお試しで~なんていってますが、その投資をやるといっても、そもそもお試しで投資をやる方法がわからないということもあるでしょう。

さらに、投資をする前の段階で、投資に対するマイナスイメージが凝り固まっている可能性が高いです。

そのイメージを崩すのはなかなか容易ではないと思います。

かつてのぱぺまぺもそうでした。

 

  • 投資で負けたら借金する
  • 投資はギャンブル
  • マイナスになったらどうしよう。。。

 

みたいな感じ。

証券口座を開けばいつでもできるんです。

それか、ポイントで投資ができるサービスを利用するとかいいかもです。

証券会社の名前なんてわからないから、そのへんはググるなりして調べたほうがいいでしょう。

参考までにいうと、

  • SBI証券
  • 楽天証券

 

あたりの証券口座を開いておけばOKです。

どちらもネットの証券会社で大手です。

 

楽天ユーザーであれば、楽天証券。

そうでなければSBI証券ですが、別に両方開いておいてもOKです。

 

楽天証券

 

 

ポイントで投資ができるサービスを利用してみたら

 

ポイントでも投資できることを教えれば、投資もやりやすくなるかもしれません。

たとえば、

  • Tポイント → ネオモバイル証券、SBI証券(投信にも使える)
  • 楽天スーパーポイント → 楽天証券(投信買える)、楽天ポイント運用

 

ネオモバイル証券は、個別株やETFがメインなのでポイントで投資するには少し足りないです。

なので、SBI証券で投資信託を買うのに使うといいですね。

 

ネオモバイル証券興味がある人は↓からどうぞ。

 

SBIネオモバイル証券

 

投資を始めるための書類書きがめんどい

 

マイナスイメージをとっぱらったとしても、証券口座を開く、というハードルが待ち構えています。

これもまた色々書類書いたりハンコ押したり、まあめんどくさいです。

そのめんどくささはわかります。

ですが、そのめんどくさいのを乗り切るだけで数年~数十年投資をすることができるようになります。

 

続けようと思えば死ぬまでできます。

なので、めんどくさいからやらない、というのは非常にもったいないというか、機会損失です。

 

投資に対するマイナスイメージ除去の後

今てこそぱぺまぺはふつうに投資をやっていますが、全くやったことがない人にとっては非常に投資を始めるまでのハードルが高いです。

投資に対するマイナスイメージのせいで、よけいにはじめにくくしているし、学校でも投資に関しては勉強したりしませんしね。。。

 

  • マイナイメージをなくしたとして、それがなかったとしても証券口座の開き方が分からない。
  • 仮に証券口座を開いたとしても、どんな商品を買えばいいかわからない。
  • 投資信託がいいのか、個別株がいいのか、ETFがいいのか。
  • 株式?債券?リート?
  • 先進国?日本?新興国?

・・・いろいろありすぎですね。

 

たしかにハードルは高いかもです。

それに加えて、もしも家庭もちの場合は、家族の理解も得なければならないという。

投資を始めようと思っている上記でさらっと紹介した知人も、家族に話してから始めたようです。

 

調べながら投資をやる

 

なんとか自分で調べて、さっさと証券口座を開いて、投資を始めてみたらいいとは思うんですね。

絶対に儲かる投資はありません。

投資した資金を長期で運用すれば、非常に負けは少なくなります。

ただ、やる前から諦めるのはそもそもお話になりません。

 

投資のマイナスイメージはとっくに捨てた

 

ぱぺまぺがかつてもっていた、投資に対するマイナスイメージの第一が、投資はギャンブル、というものでした。

ぱぺまぺは、投資はギャンブルとは違うというスタンスです。

 

ギャンブルは基本的にマイナスサムゲーム・ゼロサムゲームだと思っています。

ギャンブルに参加した瞬間、負けるみたいな感じですね。

運が良ければ勝てるかもしれませんが、運に左右されるというのがいただけません。

 

投資は、プラスサムゲームです。

市場が右肩上がりで成長し続ける、という前提にたてば投資に参加すれば、だれでも資産を築くことができます。

最もそれでもある程度の知識が必要ですが、それだってギャンブルのように運に左右されるわけではありません。

 

投資で負けたら借金ではない

 

投資で負けたら借金するとか思っていました。

投資している銘柄が、倒産したりとかしたら紙くずにはなりますがね。

基本的に借金はしないです。

 

なぜなら、失うのは自分が投資したお金だけだからです。

よそから借りたお金で投資をした、というならまだしも、自分のお金で投資しているのなら、仮に失っても自分が出したぶんのお金だけですよ。

これが例えば、レバレッジをかけた投資であれば自分の資金以上のものは失う可能性も十分あり得ますが、通常の投資であれば失うのは自分が出したお金だけです。

 

投資に対するイメージが、少なくともぱぺまぺ自身はだいぶいい方向に変わりました。

そして依然として、ぱぺまぺの周囲では投資に対するイメージがかつてぱぺまぺが持っていたものをみんな持っているんですね。

そしてそういう人たちに限って、投資をやっていません。

別に投資のマイナスイメージを捨てろ、と強制するつもりはありません。

むしろ、そのままマイナスイメージを持ったまま、ギャンブルでもなんでもしてでもかまいません。

運が良ければ、ギャンブルで資産を築くことができるかもしれません。

ただ、ぱぺまぺはそのあいだに、着々と資産形成していくだけなので。。。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。