便利なネットバンクを活用しよう

ネットバンク活用 投資のヒント

スポンサーリンク







便利なネットバンク活用のすすめ

どうも、ぱぺまぺです。

 

ネットバンクは、資産形成のツールの一つとして最適ですよ。

リアル店舗があるところまでいかなくてもネットを使って取引・操作できるのがすばらしいですよね。

 

ネットバンク・・・ネット専業銀行。支店や店舗がない。銀行でできるサービスのほとんどをネットで提供する。

 

ネットバンクは資産形成の一つのツールとしても有用ですが、単体でみても優れたサービスです。

 

今回はネットバンクとはなにか、そしてネットバンクを資産運用のツールとして使う方法についてのお話です。

 

主なネットバンク

すべてのネットバンクを紹介するわけではないですが、例として代表的なものは、以下です。

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • ジャパンネット銀行

など。

 

ぱぺまぺは、住信SBIネット銀行と楽天銀行を使っています。

ネットバンクと銀行の違い

 

実店舗をもたないのがネットバンク、ネット専業です。

口座開設から振り込みなどもパソコンやスマホでも可能。

しかも手数料が安いです。

 

ネットバンクの主なサービス・メリット

だいたいのネットバンクには、加入したり、特定条件を満たすとそれに応じた特典がついてます。

ネットバンク活用特典

  • ポイントがもらえる
  • 手数料分のキャッシュバックがある
  • ATM手数料〇回まで無料
  • 証券会社と連携すると金利アップする
  • 定期預金の金利がいい

 

住信SBIネット銀行だと、スマートプログラムポイント。

楽天銀行だと、ハッピープログラムで楽天スーパーポイント。

それぞれ貯めることができます。

ネットバンクのデメリット

一見お得で便利そうなネットバンクですが、弱点がないわけではありません。

  • ネットでサービスの利用・取引を行うので、対面式のサポートが受けられない。
  • ネットバンクだと自分で調べて、自分でどうするか判断しなければならない。

 

自分で調べて自己解決しないとならない場面が多いかもですね。

ネットバンクの金利が良い理由

メリットのところでも述べましたが、ネットバンクは金利が良いです。

みずほ銀行をはじめとする、メガバンクよりも金利はネットバンクのほうが良いのです。

 

理由としては、

  • ネットバンクは店舗をもたないがゆえに、人件費がかからないためコストが抑えられている。
  • メガバンクやその他銀行に比べて知名度が劣るので、サービスを良くして差別化する。

 

メガバンクのほうが預けて安心感はあるでしょう。

だからこそ、ネットバンクはお客さんに自分のところを利用してもらうために、メガバンクにはないサービスを提供したりして生き残りをはかっているわけですね。

 

ネットバンクで外貨積立

 


ぱぺまぺは、住信SBIネット銀行で米国ドルの外貨積立を行っています。

そもそも投資資金が少ないので、毎月の給料から少しずつ外貨に替えているわけです。

 

買えた外貨で何を買うのかというと、SBI証券でVOOという米国ETFを買うためです。

VOOは、米国のS&P500指数という米国の優良企業500社にまとめて投資できる商品です。

 

S&P500

米国大型株式ETF、バンガードS&P500ETF(VOO)の買い時はいつ

2019年1月12日

 

ある程度貯まった外貨は、外貨建てMMFに移しといてプールしておきます。

なぜなら、外貨は預金保護の対象ではないからです。

 

万が一ネットバンクが破綻した場合、ネットバンク口座の普通預金等は保護の対象ですが、外貨はそうでないんですよね。

なので外貨をいったん別の商品、外貨建てMMFに替えておきます。

mmf

外貨建てMMFでETF購入資金をプールする!

2018年11月24日

 

 

住信SBIネット銀行では、たまに外貨預金セールを行っています。

手数料が安いときに外貨を仕込んでおくと良いでしょう。

 

住信SBIネット銀行外貨

ネットバンクと資産運用との相性良し

楽天銀行は、楽天証券と連携できます。

SBI住信ネット銀行は、SBI証券とと連携できます。

それぞれサービスに特徴がありますが、カンタンに紹介します。

 

楽天銀行×楽天証券

マネーブリッジという連携で、楽天銀行と楽天証券を紐付けることができます。

下記は公式からですが、わかりやすいです。

楽天銀行連携

連携することで得られる特典は、

  1. 優遇金利が0.1%にup
  2. 自動入出金機能が使える
  3. ハッピープログラム対象

 

ハッピープログラムは、楽天スーパーポイントが貯まったり、毎月のATM利用手数料が無料になったり、他銀行振り込み手数料が無料になったり、とかありますね。

住信SBIネット銀行×SBI証券

SBIハイブリッド預金というサービスで、住信SBIネット銀行とSBI証券を紐付けます。

 

sbiネットバンク・証券

 

ハイブリッド預金から株式から投信、ETFなど金融商品を購入することができます。

 

 

というわけで、ネットバンクを使って資産運用するといろいろ便利だよ!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。