無配株とコモディティに投資する意味

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは基本的に株式に投資していますが、ちょっと前まで個別株にも投資していました。

 

今現在は、

  • つみたてNISAでの投資信託
  • 特定口座での投資信託、ETF

 

をやっています。

 

いわゆる無配株やコモディティには投資していません。

そちらに投資する意味は、

  • 分散投資
  • 値上がり益狙い
  • 無配当から有配当を期待

 

この3つかな、と。

無配株とコモディティに投資する意味は、配当金への期待と値上がり益

よく分からない投資

個別株にしろETFにしろ、配当金再投資戦略をとっているので高配当銘柄に投資していました。

 

まあ、やっぱり株式投資をするのなら配当金・分配金ほしいですよね。

それが投資の醍醐味というものです。

 

ぱぺまぺは、いわゆる無配株をもっています。

東京電力です。

東京電力

株価大安売り中の東京電力株に投資する理由は復配狙い。

2019年3月22日

 

どうして東京電力をもっているのかというと、⬆の過去記事のとおりで、将来配当金が復活するかも、という淡い期待を抱いているからです。

たったの100株主ですが、配当金が復活するとなれば、

  • 株価上昇
  • 高配当利回り

 

を期待できるからです。

株価が低迷しているうちに仕込んでおき、もしかしたら配当復活すれば、高配当利回りが期待できるかもしれません。

 

ただ、配当復活はぱぺまぺの完全なる妄想なので実際のところは・・・笑

そんな感じで、無配株への投資は⬆でもいったように、株価上昇と配当への期待からですね。

 

最悪、配当復活や有配当にならなくてもいいですかね、、、。

そのときは値上がり益狙いにするだけです。

 

コモディティ投資は資産クラスの分散と値上がり益狙い

追加投資

株式の場合は、無配株から有配株になる可能性を秘めていますが、コモディティ投資の場合はそうはいきません。

コモディティは商品のことですが、ざっくりいうと、

  • 金、銀、プラチナなどの貴金属
  • 畜産
  • 原油
  • 天然ガス
  • 小麦

 

このあたりになりますね。

こちらは分配金も配当金もでないので、

  • 株式以外の分散投資先
  • 値上がり益

 

この2つを狙って投資していく感じですね。

株式クラスにだけ投資するのは、どうかな、という人はコモディティもひとつの選択肢になるのかな、と。

ただし、コモディティへの投資は基本的にコストが高いです。

 

特別すぐれたリターンをたたき出すわけではありません。

その証拠に、コモディティだけで大金持ちになれるわけではありません。

 

やはり株式のリターンには劣ります。

 

とはいえ、株式とは違う値動きをするものとして、例えば金(ゴールド)に投資するとか、分散効果はあります。

 

株式以上のリターンは保証はできませんが。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。