ポートフォリオに入れない資産クラス

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

当ブログで何度も言及していますが、ぱぺまぺは国際分散投資推奨派です。

米国投資が流行っていますが、それはそれです。

 

単一国、米国さまにだけ投資していればとりあえずは鉄板かもしれませんが。

その証拠にぱぺまぺのポートフォリオも、米国に偏っています。

 

さて、国際分散投資家のぱぺまぺでも投資しない資産クラスがあります。

それは、

  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • コモディティ

 

の3つです。

 

国際分散投資でも投資しない資産クラス

 

国際分散投資派だからといって、全ての資産クラスにバランス良く投資する必要はありません。

理由はまあ一応あるのですが、好みの問題というのもありますね。

 

コモディティ投資しない理由

貴金属投資

 

分配金・配当金の再投資が実施できないので、コモディティには投資しません。

 

コモディティの代表的なモノを例にあげると、

  • 金や銀、プラチナなど貴金属
  • 原油、天然ガス
  • 畜産、小麦

 

特に貴金属投資のうち、金にはついてはしょっちゅうぱぺまぺは記事にしてたりします。

本当は投資したんですけどね。

 

ただ、金に投資するよりかは株式に投資したほうがリターンがいいので・・・。

積極的に投資する気にならないだけです。

 

先進国債券・新興国債券に投資しない理由

債券投信

債券については、ぱぺまぺの中ではリターンが少なくても安定堅実、という感じなんですよね。

日本債券は、まさにリターンは少なく、安定すぎる堅実です。

 

逆に先進国債券、新興国債券は日本債券よりも値動きが激しい。

これが株式であれば大いにけっこうなことですが、ぱぺまぺは「債券」についてはそこまで求めていないというか。

 

債券に投資するなら、なるべくなら安定的にリターンが低くてもいいから、安定的に運用したいんですよね。

 

そういう意味においては債券クラスは日本国債券で十分、という感じです。

最も、日本債券について投資は停止しています。

 

そしてもし、先進国債券に投資するなら米国債がいいですね。

米国債で有名なものだと、ETFではAGGとかBNDがあります。

 

両者の違いははっきりと区別はぱぺまぺにはつかないですけど、どちらも優良な債券ETFです。

 

あまり積極的に投資しない資産クラス

ちなみにですが投資はしているけれど、あまり積極的に投資していない資産クラスや投資しても良いかな、と思っているのもあります。

  • 日本債券
  • 国内リート
  • 海外リート

 

⬆の3つの資産クラスです。

ぱぺまぺの中では株式がメインなので、この3つに関してはオマケ程度に考えています。

 

以前までは日本債券の投信に投資していましたが、今はしていません。

保有しているのみです。

 

国内・海外リートに関しては、海外リートはニッセイグローバルリートインデックスファンドでのみ投資しています。

国内リートは投資はしていないのですが、投信、もしくはREITにて投資してもいいかな、とは思っています。

 

ただ、国内リートはこれから人口減少していく我が国に投資してもな~というのもあって積極的にはいきたくない、というのもあります。

もしもREITに投資するならば、リーマンショック級の大暴落が起きて、それでも運用できている投資法人だったら投資してもいいです笑

 

というわけでざっくりまとめると、

投資しない資産クラス

  • 先進国債券・新興国債券・・・債券クラスについては、安定感ほしいから投資しない。
  • コモディティ・・・配当金再投資戦略ができない

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。