米国高配当株投資だけしていればいいのか

米国株 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、米国に偏った国際分散投資をしています。

 

ぱぺまぺは基本的には国際分散推奨派です。

なかには、米国企業にだけ集中投資している人もいますね。

 

それが流行っているのはか知りませんが、ぱぺまぺは米国にだけ偏って投資するのはどうかな、と考えます。

 

米国株投資が最適ゆえに分散投資する


ドル 資産運用
ぱぺまぺは投資信託とETFの両輪で行っています。

Twitter の世界が全てではないでしょうけど、Twitterを見ていると米国の、しかも高配当株に奉仕するのが流行っているようです。

 

しかしながら、米国株投資だけをひたすら行っていればいいのかという疑問が湧いてくるのです。

 

たしかに過去の成績を見れば米国の成長はリターンは素晴らしいものですが、 過去がそうであるだけで、これから先の未来はだれにも分かりませんよね。

 

ぱぺまぺは、当記事でも何度もいっていますが米国の成長を固く信じています。

しかし心配症なので分散投資しているわけですね。

 

不安なら米国以外にも投資する

投資

どこが次に成長するとか高リターンをたたき出すとか知りません。

だから分散投資したらどうですか?ということです。

 

ちょっと乱暴に聞こえるかもしれませんが、投資初心者であるぱぺまぺとしては考えてもムダなのであやしいところまとめて投資しておくか、という感じになってしまうんですね。

 

未来は不確定ですが、ひょっとしたら米国が凋落し、米国以外の地域、例えば

  • 日本
  • 欧州(もしくはどこかの国)
  • 新興国(もしくはどこかの国)

 

これらの国々のいずれからが成長する未来があるかもしれません。(ないか?)

 

今の状態を考えると米国の一人勝ちという状態で他の可能性を考える余地もないかもしれませんが、可能性はゼロではありません。

 

その辺の不安もあるから、ぱぺまぺは米国に偏ったポートフォリオを組んでいるわけですね。

 

もしもETFだけでポートフォリオを組むならば、VOOとHDV、そしてVGKあたりでやると思います。

 

VGK・・・欧州の企業にまとめて投資するバンガード社の商品。

VOO・・・米国の大型株500銘柄が投資対象。

HDV・・・米国高配当銘柄だけ抽出して投資するETF。

 

これでも米国に偏ってます。

VGKに関しては投資する予定は今のところありません。

もしも資金的に余裕がありやる気になればVGKにも投資していきたい感じですね。

 

ちなみに欧州に投資するものでは投資信託もありますがコストが高いです。

欧州配当貴族

SMT欧州株配当貴族インデックス・オープンは欧州向け投信

2019年1月3日

 

コストが気にならないなら、投資信託でもいいと思います。

 

米国がけっこう含まれてしまいますが、米国以外の先進国にも投資することができる投資信託もあります。

 

米国以外にもある程度分散投資しておけば、間違いではないです。

米国への比重をどれくらいに重きを置くかによりますが、先進国株式型の投信だと6割ぐらいが米国だったりします。

 

それを参考にしてもいいですしもっと比重を減らして半分を米国残りをそれ以外の地域とすることのもいいでしょう。

 

複数のETFに投資してそういった調整することも可能です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。