金融リテラシーを鍛え、株や投資への恐怖心を克服するには

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

金融リテラシーを鍛えたり、株や投資に対する恐怖心を克服するにはどうすればいいか考えました。

 

少額からまずは実践してみるというのがお勧めです。

 

投資に1mmでも興味があるならどうぞ。
SBI

楽天証券

 

 

金融リテラシーを鍛え、株や投資への恐怖心を克服するには

 

学校で株や投資の勉強をすることはありません。

経済系の学校であれば勉強はするかもしれませんが、普通の一般学生がそういうものを勉強するということはありません。

 

このあたりが日本人が投資に対するマイナスイメージが払拭できていない理由の一つかもしれません。

 

つまり、

  • 投資は怖いもの
  • 投資はギャンブル
  • 投資で負けたら借金

 

みたいな感じですね。

 

自分の投資資金以上のことをやろうとするから、失敗した時に借金を負うわけです。

だからぱぺまぺは常々いっているのは、自分的にムリのない投資をすることなんです。

 

 

投資はギャンブルといっている人ほど、ギャンブルが好きな人は割と多いです。

ギャンブルは平気で手を出す癖に、投資となるとやらない。

 

明日遊ぶ金が欲しいだけなんでしょうが。

 

今すぐ結果が欲しい、という感じであればたしかに投資よりはギャンブル向きでしょう。

ただ、ギャンブルで資産形成はできません。

 

30年間投資を続けることはできても、30年間ギャンブルで勝ち続けるのは不可能です。

 

投資よりもギャンブルのほうが日常にあふれている現実

 

投資は一時的にマイナスになることはあっても、時間が経てば回復します。

ギャンブルは勝ち続けなければならないし、 負けたら資金と時間を失います。

 

というわけで投資とギャンブルはまた違うと考えています。

ギャンブルでごくごく稀に勝ち続けてる人もいますが、それは例外中の例外。

自分がその例外になれるとは思わない方が賢明です 。

 

夢見るのは勝手ですけどね。

 

話がそれてしまいましたが、投資や株に対するマイナスイメージが払拭できていない点は日頃からそういうものにふれている機会がかなり少ないということです。

パチンコやギャンブルはその辺にあり触れていますので、一般の大人が容易に店に入り、できる環境にあります。

 

投資は実践で克服する。ただし、少額で。

 

投資をやるには、まずどんな証券会社があるとか、どうやったらいいのか方法を調べます。

会社に申し込む方法もそうですが、自発的に調べないとやらないですよね?

 

だれかに勧められて買って投資を始める人もいますが、コストが高い商品を買わせられたりして結果的にマイナスパターンもあります。

 

やっぱり自分で調べて、少額から自分ではじめてみるのが一番勉強になると思うんですよね。

なぜ少額かといえば、失敗してもダメージが少ないからです。

 

そして、お金をかけるのはその方が真剣になれるからです。

キャンブルだってお金をかけているわけですから、みんな真剣に遊んでいるわけですよね?

それと同じで投資も最初の一歩は少額からでいいと思うんですよね。

 

無論いつまでも少額のまま、というのは資産形成上的にはよろしくないです。

1か月〜2ヶ月とかやってみてこんな感じか、という感覚をつかめてきたら金額を増やして投資をすると。

徐々に開拓していけばいいと考えています。

 

どのくらいの金額から始めるべきかというのは人それぞれですが、「このくらいの金額だったら失敗しても多分大丈夫・・・!」という金額でやります。

 

投資信託だったら100円から買えますが、100円でやるのもちょっと寂しいので1000円とか3000円とか少ない金額から 3ヶ月やってみるとか。

 

今なんか株価がめちゃくちゃ下がっている状況なので、投資はじめるだったら今なんですよね

今この時をもって少額で始めるのはちょっともったいないですけど、実践するのはいいです。

 

実践しながらインプットするのもなかなか勉強になると思います。

楽天証券

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。