定年後に投資を辞める(予定)の理由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

30年先の話なので、どうなるかわからないので一応(予定)とつけました。

そもそも資産形成が目的なので使うことも考慮していたし、退職したら収入がないので投資をやめる、というわけ。

 

定年後は、収入なくなるので投資を辞める

 

貯めに貯めまくるのも別にいいんですけど、せっかくお金はあるわけですから使わないっていうのもちょっともったいない。

お金は使ってこそ価値がありますからね

 

もちろん過度に使えというわけではありません。

あわよくば息子や孫の代までのこせればいいのかなとも考えてるんですね

 

息子や孫がいればの話ですが。

 

実際のところは定年退職して収入がなくなるわけですから、投資のタネ銭がない状況になります。

さらにいえば、定年退職してから死ぬまでの年数。

 

これがどれくらいかかるかはわかりませんが、最近の平均寿命から鑑みるとやはり80歳、90歳ぐらいまでは長生きすると仮定しなければなりません。

そうするとざっくり20年から30年ぐらい、労働収入なしの状態を考えなければなりません。

 

ぱぺまぺは老後も働く気はないんですよね。。。

シルバー人材とかで働いている人もいますが、ぱぺまぺはそれは嫌なんですね。

 

30年働いたんだから、残り30年は好きに過ごしたいという気持ちです。

 

定年後、老後に向けて自分の手持ち資金状況を考える。

 

投資をすると、今度は生活費のほうを切り詰めなくてはならないです。

だからそもそも投資をやめてしまう、というのが今時点のぱぺまぺの考えです。

 

またそのころには消費税が何%になっているかも分からないし、もっと今では考えつかないような、なんとか税みたいな未知の税金が誕生している可能性もあります。

 

この時点でのぱぺまぺの考えられる資金は、

  • 年金
  • 貯金
  • つみたてNISAの投信
  • 特定口座の投信、ETF
  • 配当金・分配金

 

など考えられます。

 

定年までの30年の間に、もしかしたらつみたてNISAに代わるようなシステムが導入されるかもしれませんが今の時点ではないので、今あるもので考えるしかない。

配当金のみで生活できればいいのですが計算上では最低でも5千万円の投資元本がないと分配金だけで生活することは不可能。

 

現実的にみて、分配金、配当金も合わせて資産を取り崩して生活することになるでしょう。

年金がちゃんともらえるかどうか分からないし、そういう感じで未来のことは不確実なことが多すぎる・・・。

 

準備はいくらあっても足りないんですよね。

資金的に余裕があるならば投資を継続したっていいのですが、それはあんまり考えていないです。

 

投資よりもたぶん生活を優先にすると思います。

資産形成よりも生きていくことの方が重要です。

 

歳をとれば、優先が変わるということですね。

 

他の人は、投資のための投資をやっているのか、資産形成で投資をやっているのかはわかりませんが、少なくともぱぺまぺは 資産形成目的であり、だいたい30年後かに投資を止める予定です。

 

今投資をやっている人達は、老後になったら投資資金を取り崩したりするのかな?と考えたりはしますけど。

 

ゲームで例えるならば、ラスボスとの戦いで、もうそれ以上戦いはないのに、最後の最後まで全回復のアイテムを取って置いてるようなもの。

しかも最終的には使わないみたいな。

 

そんな状況にはなりたくないんですよね。

まあ持ってたって構わないですけど、そんな状況になりそうな自分が少し怖いんですよね。

 

むだに使うよりは全然いいんですけど

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。