投資計画の変更は状況に応じて変えてもいい

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

投資方針や目的、計画、投資先を定めてもいいんですが、状況によっては変えてもいいなと思います。

例えば、

  • バイ&ホールド
  • 銘柄変更
  • 投資先の変更

 

そういったものは、一度決めたら変えてはいけないというやつではなく、自分の中で納得していればそれでいいです。

 

周りも自分も考え方も変わるもの

 

計画の変更や投資に対する考え方は、変わったって別に問題ないんじゃないかと思ってます。

上記のような投資方針を曲げたからといって、だれかに批判されるということも人によってはありますが、、、。

 

ぱぺまぺの場合は、決めたことと違うとか批判されたことはありませんが、そういうのは気にする必要はありません。

発信はともかくとして、自分の中で納得して試行錯誤してやればいいです。

 

 

ちなみにぱぺまぺもめちゃくちゃ考え方かえたりしてます。

 

投資方針・考え方を曲げた一例

 

ぱぺまぺの場合、バイ&ホールドを誓っておきながら、売却した銘柄はいくつもあります。

例えば、ワンタップバイ米国株で買った銘柄ですね。

ワンタップバイ、完全撤退しました。

2019年7月14日

 

1000円程度で米国個別株が買えるということでいいな、と思って投資しました。

多少の手数料犠牲にしてですが。

 

最近になって手数料の値下げ・撤廃など大手証券会社で実施されたため、これを機に辞めました。

やめたからといって大手証券会社で個別株投資をしているのかというとそうでもなくて、ETFや投資信託に資金を投じています。

 

本当は個別株投資したいんですが、ぱぺまぺの資金力では高配当個別株を複数に投資するのを継続できる自信がありません。

かといって、大手証券会社で安く個別株投資できるのに、手数料を犠牲にして1000円で米国株の個別株買うのもな、と。

 

結果、いったん諦めて投信やETFに資金を投じることにしたわけです。

 

自分にムリのない計画を立てよう

 

ぱぺまぺ自身の考えですが、投資の基本、王道は分散投資と思っており、高配当個別株で分散投資するのには、ある程度の資金を要すると考えます。

 

それなら投資継続しやすく、ぱぺまぺ的にムリのない範囲で投資をするのであれば、投資信託やETFで十分だったのです。

そしてぱぺまぺの中でですが、個別株投資よりもETFや投資信託に投資したほうが、安心感が違います。

 

個別株だと日々の値動きとか値下がりが気になってしょうがない・・・。

ETFや投資信託だと不思議と気にならなくなるという笑

 

商品自体がそもそもジャンルが違うから当たり前ですがね。

というわけで、

  • 場合によっては当初定めた計画は、状況によって変更してもよい

 

というお話でした。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。